第27緑化地区

フリーイラストレーター七片藍のブログ/第27緑化地区

忙しかったの

副業にて、所長に呼び止められました。

「七片さん、時間の件なんだけど───」
「はーい」
「ちょっと待ってね、実績を出してみるから」

実績とは、労働時間の合計です。
予定上の日程で行けば1ヶ月に大抵22日間となるわけで、
所定労働時間は1日に3時間ですから、66時間ということに。

「……」
「えーと、かなり超過してるね」
「まぁ繁忙期でしたもん」

「どうする?」
「昨日、上長と話して土曜日ってことに」
「それでギリギリ、誤差の分は───」

「その場合も金曜日で、出社できそうなら土曜だけ」
「オッケ、金曜、まずいようなら土曜ね」

大晦日までが残業続きだったので就労時間が積み重なり、
この週末は欠勤と云う形で休みになりそうです。

さて、本業を追い詰めるか、修繕か。

  1. 2022/01/11(火) 23:41:28|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ねこのせかい

お隣さんが放し飼いにしている猫と仲良くなったのは昨年の話ですが、
彼が行方不明になって半年以上になり、かわりに兄猫と仲良くなり、
そう思っていた矢先、その猫も見なくなりました。

そして近所にある駐車場では、このところ新顔の野良猫がチラホラ。
少し前までは兄弟猫の縄張りだったらしく、けたたましい鳴き声がしたり、
あるいはケンカになっているのを見かけたりもしたのに。

そして昨日、久しぶりに兄猫がベランダに現れました。
見なくなって1ヶ月ほどですが、私の顔を見て───

「(誰だっけ……知ってるような、知らないような……?)」

───とでも考えているかのような表情で、
それでも瞬きをするあたりは敵意なしと判断した様子。
しかしベランダへ踏み出した途端、そそくさと去って行きます。

この日は快晴で、むしろ日差しは暑いくらい。
そうして私なりに考えたのは「冬だから」ということでした。

飼い猫である兄弟猫は、冬になると屋内に居ることが多くなり、
かわりに駐車場では縄張りに侵入する新入りの野良猫が現れる。
今日みたいな暖かい日には外へ繰り出したりもするわけで……。

木の芽時、兄弟猫は新たな勢力図に翻弄されるのでしょうか。

  1. 2022/01/10(月) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

親の背中

一日中、本業に掛かり切りでした。
こんな上天気の日は畑にでも出たいところですが、
時期的に作業は少ないし、修繕も仕事が終わるまで日延べです。

そんな中、母が自身の仕事風景を撮って叔母に送ることにしたらしく、
以前に私が買った安物のホルダーを利用して手元の様子を撮ったものの、
撮影角度が狂ったまま完了→妹にテスト送信したらしく───

「『どう?』って云われても、コメントしようがない」

───大笑いしながら知らせて来たので見に行くと、
肝心なところが撮れていないままで、まさしく返答に困る内容。

しかし、ホルダーは安物でグラグラ揺れるにも拘わらず、
画面は殆ど揺れないし、そこはプロの仕事だなぁと思いました。
私だったら集中力が低いので5分くらいで別のことをやってそう。

今は別のことをやってる場合じゃないけど。

  1. 2022/01/09(日) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

先輩の義務

昨日の記事で書いた正社員さんと話してみました。
まだ20代後半くらいでしょうか。

「来週から僕の持ち場と同じだっけ?」
「そうなんす、でも上長が殆ど書き換えてますけど」
「見た。でも一日だけ当たってるよね」

「そう、えーと……月曜日だけ」
「じゃあ、僕は来週のどこかで休まされるけど、月曜日は避けとくよ」
「お願いします!」

補助員が抜ければ、外食と自炊くらいには負担が変わります。
配属が変わった初日に、どっさり一人で消化するのは大変でしょう。

と云うわけで、上長に報告。

「来週のどこかで休まされると思う」
「水曜日?」
「それ定休日でしょ、出社したら合計時間が変わらなくなる」

「じゃあ月曜とか……」
「その日は新人さんが可哀そうでしょ、それ以外の日ね」
「俺の時は?!」

知らん、なんとかしなさい。

  1. 2022/01/08(土) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

配慮

副業は異常な忙しさになりました。
年が明けて関連企業が動き出す頃合いとなり、一発目がキツいやつです。

その一方で年末までの残業続きはシワ寄せとなってしまい、
いわゆる締め日までの就労時間が短くなってしまいました。
これはまた、来週のどこかで休まねばなりません。

その来週からは中途採用の正社員が正式に配属され、
こともあろうに激戦区となる私の持ち場に決まっている様子。

ここは昨年まで、上長、古参社員2人のサイクルでした。
そこから一人が抜けてしまったことで追加が入ったわけですが、
休むにしても新人が苦労する形にはしたくないものです。

最初から負担が重なって辞められては困りますし、
その原因が補助の欠落(私の休み)では気の毒です。

上長がシフトの時に休もうかな……悪く思わないでね。

  1. 2022/01/07(金) 23:42:58|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

じわじわ温かい

副業は繁忙期を終えての仕事量が落ち着いたようで、
つい一週間前までの物量が以上であっただけに、反動を感じます。
この程度だったかなと思うのは、感覚が麻痺していたせいでしょうか。

今日は退社後の妹を連れて買い物に行きました。
二人にはクリスマスのプレゼントを日延べしたままだったので、
まだまだ寒さも続きますし、自宅用のルームシューズなどを。

実家に比べると、私の自宅(一軒家)は温度の分布が極端です。
2階があるので暖かさは上へ、寒さは階下へ向かいがち。
もちろん夏場は逆転します。

そのため一階にて素足で過ごすのは体調を崩しかねないので、
とくに長い時間を過ごす母には、どうしても必要でした。
そして妹は体が細いので冷え性に悩んでいます。

購入したルームシューズは、脛の(すね)のあたりまで覆います。
そして遮熱に優れた素材なので、体温を維持しやすい。

祖母にも送ってあげようかな。

  1. 2022/01/06(木) 00:00:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぽっくりこ

連休最終日。
明日から副業が始まるので、今日は特に何もせず休みにしました。
本業を進めるつもりでいたのですが……きちんと休むことも必要です。

そんな本日、妹からスマホのメッセージが届きました。
子供の頃に母が歌っていた、童歌(わらべうた)の歌詞についてです。
「歌詞に続きはあるのか」というもの。

検索してみると「いもむしごろごろ」という題名で、
現代でも幼稚園や保育園で歌われる一般的なもので、
歴史は古く江戸時代から確認されている歌のようです。

───が、母に聞いてみると「歌ったことはない」と返され、
その後に歌って見せたところ、ようやく思い出せたようでした。
ただし歌詞が異なります。

「お倉にどっさりこ───って続くのよね」
「それイモムシじゃなくて俵(たわら)じゃない?」
「あぁ、そうだったわ」

この歌は、上記の江戸時代にあった「いもむしごろごろ」という童歌と、
その後の大正時代に発表され母が憶えていた「俵はごろごろ」、
さらに昭和初期に発表された「ひょうたん ぽっくりこ」が関係する様子。

詳しく書くと長くなるので省略しますが、
ともかく大昔から歌い継がれていることが分かります。
ただし───

「ぽっくりこって何?」
「ヒョウタン……俵……ヒョウタンから駒……俵を運ぶ馬の蹄の音とか?」

───妹の疑問には答えが出ませんでした。

  1. 2022/01/05(水) 23:59:00|
  2. 疑問
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「今までよく頑張ったな」

連休3日目。
昨日の記事で「新しい根太を追加するところがなくなった」と書きましたが、
スタイロフォームのための採寸中、一ヶ所だけ追加を忘れていたと気づきました。

20220104.jpg

グリーンの部分です。
一つ上にある既存の根太(ピンク色)は、収納槽を収めるため削り取られており、
幅45mmあるはずが20mmほどしかなく、この幅で荷重を引き受けています。

さすがに貧弱なので補強するつもりでいたのに、今日まで忘れていたとは。
と云うわけで採寸を中止して根太づくり、固定して完了。
それから採寸を再開。

この第3段階で、床下収納の縦列を3-A、隣の列を3-Bにするとして、
片付けが済んでいなかったので、3-Aの全て、3-Bを半分だけ採寸しました。
根太づくりと採寸だけで5時間ほど浪費しています。

さぁ、26本のスタイロフォームを切り出さねばなりません。
小さいものでは弁当箱くらいですが、基本的には長さ910mm、最大幅は130mm。
切り出しが終わっても、仕込む前には床下に石灰も撒かなくては。

自作スチロールカッター君、4ヶ月ぶりの出番ですよ。

  1. 2022/01/04(火) 23:59:00|
  2. リフォーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

王手

連休2日目の本日は、昨日の続きでございます。
しかし、新たな問題が判明しました。

昨日の記事にて「腐食と摩耗で擦り減った根太」があると書き、
その箇所を平らに均し、ベニヤを貼り付けて補強完了となり、
本日は一つ上の(幅が広い)新しい根太を追加・固定したわけですが……。

固定した直後、擦り減り(赤い部分)は2ヶ所であると分かりました。
水分が同じ根太を伝ったのか、腐食は右側へと拡がっていたようです。

20220103001.jpg

新しい根太は固定してしまったので、とにかく作業しづらい。
さらに問題なのは、フローリングを固定していた3本の古い釘(フロア釘)です。
一連の作業におけるフロア釘は、9割方が腐食していたわけで───

「(どうやって均(なら)そう……)」

5割は頭がもげてしまい、釘の本体が既存の根太に埋没しています。
これを引き抜かないことには、均そうにもカンナやヤスリが使えない。
そして、引き抜いたところで広範囲を均すのは困難でした。

こうなったら部分的にでも───ということで全体を均すのは諦め、
1時間ほどかけて(頭のない)釘を引き抜き、最も擦り減っていた箇所に絞り、
2ヶ所目にもベニヤを当てることになりました。

20220103002.jpg

なんとか高さは確保。
擦り減っていた箇所は、削ると黒っぽい粉になります。
腐食している証拠なのでしょうが、粉を吸い込むと花の中が真っ黒になる。

そうして、ようやく全ての根太を固定。
いよいよ新しい根太を追加するところがなくなりました。
つまり第3段階にスタイロフォームを仕込む工程です。

……これ、細かいやつを合わせると何ヶ所あるんだ?
1・2・3……26ヶ所?! 26本もスタイロフォームを切り出すの?

「(26ヶ所を採寸して、切り出して、高さを合わせて?)」

うふへへへ……もうキレたぞ。
人生を折り返し始めたオッサンが怒ると、どうなるか思い知らせてやる。

地道な作業で。

  1. 2022/01/03(月) 23:59:00|
  2. リフォーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ようやく再開

お正月連休初日です。
午前中からキッチンの床修繕を再開……しようとしたら、
白い息が出るほどの室温に思わず尻込みしました。

一つの家に何人かが暮らすと、色々なところに熱源ができます。
それぞれに自室があればエアコンなりストーブなりが設置され、
それら全体を「家の体温」と呼んでもいいでしょう。

母の仕事場を兼ねてはいるものの、私の自宅は基本的に一人が多いです。
仕事が終われば母は実家に帰ってしまうし、そうなると熱源も減ります。
よって暖かいのは私の自室だけで、一階は冷蔵庫のように寒い。

作業どころではない───ということでファンヒーターを稼働。
今日は細かい作業ばかりでしたが、大半は昨年10/25の箇所に集中しました。

20211025.jpg

赤い部分は、腐食と摩耗で根太が擦り減っています。
この間隔だけ切り取って交換しようにも、右隣の大引は幅30mm程度。
右端を継ぎ足すには連結部が狭すぎるので、補強することにしました。

両端から中央にかけて緩やかに擦り減っていますから、
全体を削って平らに均(なら)した後、薄いベニヤを貼って高さを合わせる。
当然、ベニヤと同じ厚みだけ削らねばならないわけですが……。

ほかの根太や角度の問題もあって、とにかく作業しづらい。
一連の修繕すべてに云えることですが、新しい根太を追加していく以上、
じりじりと手狭となって作業空間が圧迫され、不便になる一方なのです。

資材用の接着剤で貼りつけ、クランプで固定して完了。
乾燥/固着するまで時間がかかるため、今日のところは終わりです。
それでも4時間ほどの作業となりました。

……今月中には絶対に床を閉じるぞ。

  1. 2022/01/02(日) 23:19:07|
  2. リフォーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

七片 藍

Author:七片 藍
フリーイラストレーター

当ブログについて
:本家[ether]
:mixi[499935]

カレンダー

12 | 2022/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

絵:執筆情報 (68)
ソーシャルゲーム系 (28)
TCG系 (14)
書籍系 (18)
絵:個人作品 (14)
トップ等 (10)
聖域 (1)
悪魔 (1)
神威 (1)
ほか (1)
日常 (3713)
菜園 (655)
創作 (92)
疑問 (4)
ゲーム (28)
スポーツ (2)
探しもの (8)
生物 (57)
DIY (355)
修理 (12)
リフォーム (30)
未分類 (2)

検索フォーム

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QR