第27緑化地区

フリーイラストレーター七片藍のブログ/第27緑化地区

水色眼鏡

実家で使っていたスチール製の本棚2つを解体しました。
これは母の仕事用でしたが私が引き継ぐことになったのです。
もともとは知り合いの古本屋で使われていた代物でした。

ほかに自宅でまとめた私物を運び出し、今日の作業は終了。
(この時期に)体力を使う用事は副業と並行できないので、
少々本業を後ろ倒しにしても進めたいところです。

そんな本日の夜、玄関先のコンクリート通路にトンボが居ました。
暑さで弱っているのかと思ったものの、ひっくり返ってはいない。
ちょんと突付くと僅かに動きます。

他の住人が気づかずに踏みつけてしまいかねないので、
そこらに放そうとしたところ、勢いよく飛び立って闇に消えました。

なんだ、元気じゃないか。
その後にコンビニで用事を済ませ帰宅して過ごしていると、
不意に翅音が聞こえ、左耳の後ろに何かが飛びつき戦慄しました。

てっきり壁を這っていた"あいつ"が滑空して来たものと思い、
思わず払ったのですが……ガサッと乾いた音で、そして大きい。
なんと、数十分前に放したトンボでした。

20190812.jpg

シオカラトンボ。
カマキリに並び、私が好きな昆虫はトンボです。
シオカラトンボは涼しげな体色が魅力的でございます。

しかし容易く捕獲できるくらいには弱っている……寿命だろうか。
せっかくの珍客なので撮影し、その後に玄関から放ったのですが、
夜であるせいか瞬く間に玄関先の壁に留まり、再び動かなくなりました。

水を飲むだろうかと思い、外へ出て指先に水滴を作ってみたところ、
しゃかしゃかと前脚を動かして口元に水を運んでいるように見えます。
アパートは夜通し通路灯が明るいので、少し歩いて雑草に留まらせてやりました。

明けて早朝に行ってみると、彼の姿はない。
無事に朝を迎えたろうか。

調べて知りましたが、シオカラトンボの分布って広いのですねぇ。

  1. 2019/08/12(月) 23:59:00|
  2. 生物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぐうぐう

お昼に実家で昼食を作った以外は、ほぼ眠って過ごしました。
このところ通常の睡眠を除くと───

・仕事(本業)
・仕事(副業)
・引越し準備
・用事で車を運転
・畑で何らかの作業

───これらだけで一日を塗りつぶしていたので、
ひたすら眠って過ごすのは休養の意味で大きい……体が軽いです。

ところで数日前からベランダでコオロギらしき虫が鳴いています。
観葉植物すらない、水分のないコンクリート上ではありますが、
おそらく床下に出入りし、昼間は暗がりで休んでいるのでしょう。

私の副業は夜明け前から始まるので、毎日のように空を見ています。
その空が明るくなる時間も徐々に下がり、秋が近づいていると分かり、
厳しい夏の暑さも先が見えて来ました。

昨年の記事を見てみると、あと1週間くらいが耐えどころの様子。
正直なところ、私にとって暑さが耐え難いのは副業の時間帯ですから、
ここで体力を消耗しなければ引越しの準備もはかどると云うものです。

そろそろ暑いのは飽きたぞ。

  1. 2019/08/11(日) 21:22:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あれでも刺さる

お盆前だと云うのに副業の忙しさは熾烈を極めました。
冬場の残業は苦でもないのですが、この時期ばかりは電池切れになります。
ほかの現場で補助員が帰って行く中、私の持ち場が終わらない……。

そんな本日、ツいてない事が起こりました。
母の用事で駐車場から車を出した直後、車体左側から異音が発生し、
走行中に微かな振動を伴い、明らかに何か踏みつけたと分かりました。

降りて確認してみると───ボルトが綺麗な垂直を保っていました。

「(あぁ?!)」

自転車なら100回は直して来ましたが、車となると……。
バイク用の修理キットは残っていたろうか。
いや、たしか残っていないはず。

ここで云う修理キットはコンプレッサー等を使った一式ではなく、
接着剤や専用のゴム製プラグを用いて穴を完全に塞ぐものです。

自転車のようにチューブを取り出す工程は必要ありませんが、
修理に慣れないと傷口を拡げてしまうことがあります。
きちんと直してもらうに越したことはない。

修理キットを求めたものの財布を忘れ、お値段は2000円。
ポイントが付くと分かったので財布を回収しに行った後、
ついでに同店の修理サービスを確認すると……1ヶ所1500円。

近所のガソリンスタンドでは2500円……さてどうするか。

結局、1500円の修理をサービスを受けることになりましたが、
有料会員登録で初回修理からサービス対象になるとのことで、
今後のことも考えて登録料金1080円のみで完了。

かれこれ十数年を乗っていますが、パンクは初めてだなぁ。
最も多いのは自転車ですし、バイクですら2回ありました。

運がいいのか悪いのか。

  1. 2019/08/10(土) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

起こさないで

副業が繁忙期なみに忙しく、消耗の激しい(残業1時間の)4時間でした。
休憩がないため、始業から終業までは一息つく間もなく力仕事が続き、
作業が絶えない中の数秒を水分補給に当てる感じです。

そうして帰ると、もうグッタリ。
たかだか一日の3時間程度で……と考えがちですが、
体力を配分しつつのフルタイム(8時間)と比しても、いい勝負です。

終業後は、とにかく体を冷やすことに専念します。
さりとて現場から帰宅までは10分程度の対近距離があり、
こんな短距離ですら自転車もフラフラになるわけですが───

「(あれ? 眼鏡が……どこへやったっけ)」

───あまりの消耗で、眼鏡を掛けずに帰宅していたと気づきませんでした。
私は眼鏡なしでは運転できないので、自家用車で回収に行くことも出来ません。

仕方なく再び自転車で戻ります。

「うゃーす、戻りました」
「あら、何?」

事務員も「さっき帰ったのに」と不思議に思ったようです。

「眼鏡を忘れたんで……」
「忘れたって、なくても見えてるの?」
「半端に見えるんですよ、ここに通って一年になるけど忘れたのは初めて」
「忘れ物には届いてないよ」

現場を探すと、あっさり見つかりました。

「ありました」
「あっははは、良かった良かった」

たしか両眼の視力は0.2くらいのはず。
ギラギラ太陽の下ではコントラストが強いので「少しよく見える」。

だからって疲れないわけじゃないからな、寝る!!

  1. 2019/08/09(金) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

午前と午後の燃費差

副業でクタクタになりました。
繁忙期は一応の終わりを見たはずですが、まだ後を引いている感じです。
あと2日……あと2日を出勤すれば4日間の休みだぞ。

とは云え本業にも返信が入ってラフが通ったので、
それなりに盆休みの仕事はあり、寝坊が出来る程度の自由のみ許されます。

眠ることが最大の贅沢だなぁ。

  1. 2019/08/08(木) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

片付けが苦手な人の片付け

殆ど室内で過ごしていました。
普段(定休以外)は夜明け前から汗だくで仕事をしているので、
同じ時間帯を快適な室内で過ごすと、何か酷くズルをしている気分です。

本業は返事待ちなので、室内で出来ることも限られる反面、
外は灼熱地獄で畑へ出ることも叶わず、コツコツ引越し準備。

資料等の書籍は殆ど梱包を終えたので、あとは細々とした物だけですが、
こちらの物量が多いため、丸一日を片付けに費やしたい気分です。

盆休みの中で一日だけ使ってみても良さそう。

  1. 2019/08/07(水) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まとめる生活

母の用事で方々に走り回っておりました。
私は「絵を描く」という面倒な作業を仕事(本業)としているせいか、
ほかの事柄に合理性を求め、それが達成できるとストレス解消になります。

副業を終えて汗だくになると、とにかく帰宅してシャワーを浴びたくなり、
その後に弱めのエアコンを入れた部屋で過ごし、あとは外出もしたくない。

この夏になって何に合理性を求めるか。
それは、外回りの用事は帰宅する前に全て終えてしまうこと!
どうせ車の運転が大半ですし、汗をかいた後なら更なる汗は気になりません。

あちこちの用事を済ませクタクタになって帰宅して、
ようやくシャワーを浴びて、サッパリした状態で軽くエアコンの効いた部屋へ。

たまりません。

  1. 2019/08/06(火) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

許される範囲

お盆休み分の有給を申請しました。
定休2日分を含めた4日間だけなので、計画的に過ごさなくては。

私は昔からサボるのが下手です。
再就職して20代の後半まで働いた会社でも云われたことがあります。

サボるのが働くことの一部でないのは当然のことでしょうが、
それを含めた上でも私は働くことに染まりすぎるようで、
気づくと「仕方がない理由」以外では有給も使わない。

いい加減、こういう性質を自認した上で見直しが必要だと感じます。
とくに引越しを控えている以上、日々の生活に用事が上乗せされるので、
これを「仕方がない理由」とせずして、いつ休むというのか。

どこの職場でも、私生活を省みず半ば病的に仕事へ傾倒したり、
意味もなく職場に居残ることを勤労の姿勢とする考え方があります。
この価値観は令和になっても多かれ少なかれ残ることでしょう。

しかし、幸いにも私は自営業です。
「いつでも休める」という実態とは異なる評価があるとは云え、
理屈の上では可能なのだから、利用できるものは利用しないと。

別に有給が取れるのは長期休暇の時期に限定されていません。
いずれ引越しという「仕方がない理由」で休ませて貰おう。

なんだか少し気が楽になりました。

  1. 2019/08/05(月) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「黙れぇぇぇ!」

少しだけ荷物をまとめて運び出しました。
しかし多いなぁ……もともと物が捨てられない人間ではあるけど。

運び出す段ボール箱が多い理由の一つに、箱の大きさがあります。
引越し業者に頼まず自力で荷物を移動させるにあたり、
個々の段ボール箱を小さくしているのです。

どうせ大きくても運び出しに体力を消耗しては長続きしませんし、
副業で力仕事をした後では、とくにこの時期はウンザリします。
そして私には2日以上の連休が貴重です。

ところで世間でも通常の週休2日(土・日曜日)の一週間より、
真ん中の水曜日で一日を休む「水・日曜日」のほうが、
よりストレスが少ないという話を(たまに)聞きます。

たしかに2日間(月・火曜日)を出勤してしまえば休みがあり、
その後に少し頑張って3日(木~土曜日)が経てば再び休みなので、
4・5日目の疲れ切った感じがなくて良いのですが……。

水・日曜日の休みを1年間ほど続けてみた実感としては、
骨休めがないので、それなりに疲労が蓄積する感じがします。

私の場合、GW、お盆、年末年始、そして有給でしか連休がなく、
基本的に祝日が無関係であることも大きな理由です。
休みの予定前に疲労回復が先立ってしまいます。

さりとて、さっさと引き払ってしまいたいのも本音です。
けたたましい改造バイクの爆音で目覚める生活が四半世紀に届く。

歳をとると静かに過ごしたくなる気持ち、すごく分かるなぁ。

  1. 2019/08/04(日) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

年齢別の希望

久しぶりに1時間を越える残業だったので疲れました。
副業は早朝から休憩が一切なく、一息つく暇もない作業の連続です。
ここに暑さと作業量の増加が入ると疲労感は2倍くらいになります。

現場での年齢層はバラバラです。
10代のアルバイトも来ていましたし、最高齢は70代。
そんな中にあって最後まで残って働くのは中年~高齢層。

定年後でもない限り、皆それぞれ始業前や終業後に他の仕事を抱えています。
そのため、人によっては定時でパッと帰らねばならない人が居ますし、
私のように融通の利く者は残って仕事を片付けるわけです。

十数年を椅子に座って絵を描く生活で通した私にとり、
肉体労働の副業を一年以上も継続できたのは自信に繋がっていますが、
高齢で活躍する作業員が多いと、中年には背筋が伸びる思いです。

さて、盆休みは何日に設定しようか。
ほかの作業員と重ならないように配慮するのは最低限として、
本業と引越し準備も考えねばならず、そして昼間の暑さは辛いものがある。

とりあえず定休を含めて4連休を申請するかな。

  1. 2019/08/03(土) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

七片 藍

Author:七片 藍
フリーイラストレーター

当ブログについて
:本家[ether]
:mixi[499935]

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

絵:執筆情報 (63)
ソーシャルゲーム系 (28)
TCG系 (14)
書籍系 (17)
絵:個人作品 (14)
トップ等 (10)
聖域 (1)
悪魔 (1)
神威 (1)
ほか (1)
日常 (3247)
創作 (78)
DIY (89)
菜園 (564)
疑問 (3)
ゲーム (27)
スポーツ (2)
探しもの (6)
生物 (45)
未分類 (2)
修理 (8)

検索フォーム

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QR