第27緑化地区

フリーイラストレーター七片藍のブログ/第27緑化地区

ミルフィーユ

今後の修繕工程を整理しておりました。
頭痛は何とか治まりつつありますが、その頭痛が起きた日、
床修繕の主役ともなる構造合板を調達しています。

現在の床は、本来の床板にフローリングを敷いていたようです。
これ自体は普通のことですし、そのフローリングが傷むのも普通。
実際、フローリングの寿命は10~20年とのこと。

ただし今回の床では、過去にフローリングを敷き直している様子。
最初のフローリング(旧)が傷んだので化粧板を剥がし、
そこに次のフローリング(新)を重ね貼りしたようです。

先日の通り、私が剥がしたのはフローリング(新)の化粧板。
これらの多層構造を上(表層)から順番に書いてみると───

[1]フローリング(新)の化粧板 ※先日に撤去
[2]フローリング(新)の下地板
[3]フローリング(旧)の化粧板 ※かなり昔に撤去済み
[4]フローリング(旧)の下地板
[5]床板

───という具合です。
一方、割れて沈むのは[5]の層すら割れているからです。
2枚のフローリング下地は薄いので、踏み抜いた感じでしょう。

つまり、[2]の「フローリング(新)の下地板」の上に構造合板を敷き、
その上にフロアシートを敷いて完成……というのが今回の修繕工程。

[1]フロアシート
[2]構造合板
[3]フローリング(新)の下地板
[4]フローリング(旧)の下地板
[5]床板

あるいは───

[1]フロアシート
[2]構造合板
[3]床板

───という、簡素な3層にしてしまうのも良いでしょうが、
新旧フローリングの下地を撤去するかどうかが思案のしどころ。

頭痛が再発しそう。

  1. 2020/09/16(水) 23:59:00|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

気を付け、休め

記事が途切れました。

昨日は記事の通りですが、眠って起きたのは夜中の2時過ぎで、
母の話では「ものすごい鼾(いびき)をかいていた」とのこと。
それなりに疲れていたのでしょうが、半分は頭痛による気力低下でしょう。

家族からは副業を休むよう云われていたものの、
なんとか行けそうだったので出勤し、結果としては良かったです。
今日の現場はベテランが休んでいたのでリフトマンが居ませんでした。

とは云え、作業中に再び頭痛に襲われること十数回。
本調子ではないので、帰宅後は何もせずに眠りました。

まだ眠れる……体が必要としているのだから従うか。

  1. 2020/09/15(火) 23:22:03|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「久しぶりだな、食らえ!」

この日はキッチンの床下を収納スペースから進入して調べていたのですが、
その後に買い物へ出た後、途中から妙な頭痛に襲われました。

少々気分の悪さも入っていたため、こういう時には食べ物を疑います。
時期的なものもありますが、過去に食べ物で"中(あた)った"時、
ほぼ腹痛より先に吐き気が来ていたためです。

───が、特に心当たりがない。
とりあえず眠れば治るのではと思い、疲れに任せて眠ったところ、
案に相違して頭が痛いまま目覚めるという、けんもほろろな結果に。

そうして、ようやく自分のブログを思い出しました。
たしか過去に頭痛が起きたのは……やっぱり一昨年の9月です。

おそらく季節性の頭痛でしょう。
昨年は起こらなかったものの、かわりに背筋を痛めています。

この後は嘔吐し、それで気力を殺がれて再び眠りに就きました。
目覚めると頭痛は和らぎ、なんとか食事ができる程度まで回復しています。

何なんだ今年は……色々ありすぎじゃないか?

  1. 2020/09/14(月) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

脱皮

残りの化粧板を剥がせるところまで剥がしました。
その結果に分かったことは、この化粧板についてです。

化粧板そのものがベニヤのように多層構造なので、
私が化粧板だと思っていたのは「化粧板の"化粧部分"」とでも云うのか、
この表層のみを剥がしたことになり、まだ土台の薄い板が残っています。

これを剥がすかどうかなのですが……思案中。
残しておいたところで、この上に分厚い構造合板を敷くことになります。
靴の中の小石みたいに後で悪さをしないか心配でもある。

一方で、床板というものは荷重や温度・湿度で伸縮するものであり、
それを見越した上で敷かないと、板が浮いたり割れやすくなったり、
その上に貼るフロアシートの接着剤が剥離し易くなるとか。

そして床板そのものも長年の湿気を吸い込んでいます。
これらを全て引っぺがすのが最良なのでしょうが……。

素人としては、一度に気にするべきことが多すぎで大変です。
こうした問題をまとめて解決するのがプロの仕事というわけですが、
それを採用する気があるなら最初から手は着けていません。

今はまだ情報が少ないので一つ一つ解決しなくては。
そして本業が動き出して忙しさに拍車がかかる。

涼しくなって来たし、むしろ喜ぶべきことなのかな。

  1. 2020/09/13(日) 23:59:00|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

べりべり

床の化粧板を総面積の半分くらいまで剥がしました。
途中で床下収納のハッチがあるため、その手前で中断です。

まだ詳しく確認できていないものの、床板の上にもベニヤが敷いてあり、
その上に接着剤で化粧板が張り付けてあるわけですが───

[メリメリメリ……]

───めくり上げようとしても化粧板の一部が貼り付いたまま残ります。
これは出来るだけ(捨ててしまうけれど)化粧板に負担を掛けず、
かつ乾燥した接着剤をパリッと剥がす感じでないと。

こういう時はスクレーパーを使うところです。
しかし刃に厚みがあると化粧板を突き破ってしまいます。
もっと薄いもの……そして先が尖っているほうがいい。

そうして出て来たのが左官用の金鏝(かなごて)です。
母がリサイクル店で見つけて「漆喰を塗る時に」と買ったもの。
左官職人の持ち物だったのか、妙に使い込んだ風合い(200円くらい)。

しなる、薄い、尖ってる。
化粧板と床板の間にサクッと入って剥離してくれます。
本来の用途ではありませんが、四の五の云ってられるほど時間がない。

そうしてベニヤが露出し、チョークで書いたものが残りやすくなりました。
ここから本格的にコンパネの敷き詰め方を書き込んで行こうと思います。
シンク前は左右の移動が多いので、あまり継ぎ目を作りたくない。

剥がしてしまった以上、いよいよ引き返せなくなったぞ。

  1. 2020/09/12(土) 17:30:02|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

錆びた刃 小さき槍

この十日間ほど、あるものが私の口中を苛んでいます。

歯の土台となり支えている骨のことを歯槽骨と呼び、
親知らずの抜歯後、ぽっかり開いた穴を埋めるべく歯茎と骨が再生する時、
たまに骨が尖ってしまったり、異常な形状・方向へ突き出すことがあるとか。

これを「歯槽骨鋭縁」というそうです。
とがった骨が歯茎を突き破り、骨が露出してしまいます。
酷い場合は麻酔後に骨を削る必要もある……とのこと。

私は2ヶ月くらい前まで口腔外科を受診していましたが、
その際に奥歯を抜き、顎の骨(歯槽骨)を削りました。
歯を失うと、大抵その下にある歯茎は痩せていきます。

その過程で、親知らずを抜いた時の歯槽骨の形状が際立ち、
この1週間ほどで僅かに歯槽骨が剥き出しの状態となりました。
親知らずを抜いたのは十数年前なので、ずいぶん遅れた出世───って痛い。

はじめは「なんだか歯茎が白っぽいな」程度の認識でしたが、
やがて真っ白くなり、明らかに歯か骨かという見た目になり、
爪楊枝の先端10mmくらいの面積と幅を呈します。

舌で触ってみるとザラザラ……というよりギザギザしている。
これが舌の根元あたりに接触し続けるので、チクチクして痛い。

形状としては、歯槽骨の上端に"バリ"のようなものがあり、
ちょうど「エリンギの傘」みたいな短い突出部を見せています。

歯茎の内側から、ボロボロに刃こぼれしたナイフを押し当てている感じ。
食べ物を噛むたびに僅かな摩擦が生まれ、たやすく歯茎を引き裂きます。

また口腔外科か───と思い、数日を経た本日の副業出勤時、
パンを食べていると奇妙な"歯ごたえ"を感じました。
堅い木片を噛むような、明らかにパンではない感触。

どうやら突き出ていた部分が欠けてしまったようでした。
「パンだぜ?」と思ったものの、見てみると本当に突出部の大半がない。

そして、どうやら骨の欠片を飲み込んでしまっています。

まぁ消化されてしまうでしょうが、新たに問題があり、
こともあろうに残った突出部は尖っており、これも地味に痛い……なぜ尖る。

患部が小さければ、放置しても次第に目立たなくなって埋没するようですが、
それまで舌に刺さったりして痛いのは我慢するしかないそうです。
そして現在の突出部はゴマ粒よりも小さい。

なくなってくれ、頼むから。

  1. 2020/09/11(金) 15:44:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フィルター解除

今日はキッチンの床修繕について母と相談しておりました。
先日に採寸を済ませ、数値としてのキッチンは把握できましたが……。

生憎、私は数字が苦手です。
その空間(面積)に、ある大きさの物体が幾つ入りそうなのか、
向きを変えれば───と云った、頭の中でモデルを回転させられない。

よって紙切れに平面のキッチンを書いたところで実態に結びつかない。
昨日まで、フリーウェアの間取りソフトでも導入しようかと考えていました。

「(待てよ? 床に描いてしまえばいいじゃないか)」

ようするにケガキ線みたいなものです。
幸い母が仕事で使うチョークを持っていたので、それを使わせてもらう。
スケールの換算が必要なくなり、「見たまま」を理解すればいい。

詳細は後日としますが、今回の床修繕はキッチンの床全体が対象です。
しかし立派な食器棚があって、これを使い続ける予定でもあるので、
「一旦キッチンを空にする」という分かりやすい手段は採れません。

「こっち側から、コンパネの横寸が1・2……3枚続くでしょ」
「ふむ」
「この3枚については何もせずに敷くだけでいい」

「そっか、壁側に寄せるとドア枠の形に加工が必要なのね」
「うん、流し台側は直線だからドンづけしても問題ない」
「すると残りは余った部分だけか」

「余りを含めると7枚かな……ラワン材で合計1万」
「一万ねぇ……」
「針葉樹の構造板だと7000円くらい」

進めるべき方向が見えて来ました。

  1. 2020/09/10(木) 23:59:00|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

境界線

今日は自室のドアに隙間テープを貼りました。
100円ショップで買えるスポンジ製の4メートル。

前回、建付けが悪く閉め切ることが出来なかったドア自体を削り、
綺麗に閉めることが出来るようになった一方、依然として隙間は残り、
ドアの外から照明と隙間風が入っていたからです。

少し前にキャビネットの「戸当たり」について書きましたが、
戸当たりはドアにもあり、これに突き当たることでドアが「閉め切られ」ます。

自室のドアは戸当たりがドアノブ側のみにしかないため、
ドアの上下(水平)2辺から照明および隙間風が入るわけですが……。

建付けが悪化しドア枠が平行四辺形になったことで、
今度はドアの左右(垂直)でも隙間が出来ました。
これにより───

・ドアの上部側
・ドアの下部側
・ドアの丁番側

───というように、
照明と隙間風は戸当たりを除く3辺に増えています。
ドアノブ側は戸当たりで辛うじて隙間がありません。

もともとドア枠側(室内から見て左辺)にしか戸当たりがない以上、
建付けに問題がなくても、仕様として残り3辺には僅かに隙間があります。

そういうわけで、上部と丁番側の2辺に隙間テープを施しました。
上部はドア枠に、丁番側はドア自体の側面に貼っています。

下部はドアの下部側面に貼るしかない。
しかしスポンジに厚みがあるため、ドアを閉め切ると剥がれそう。
これについては少し薄いものを貼ることで対処したいです。

丁番側は閉め切るとドア側面に挟まれ、少しスポンジが潰れますが、
ドアを閉めた時の感触が意図せず柔らかくなりました。

ドアを閉じて室内の照明を消すと……おぉ、暗いままだ。
この夏は、夕方の西日がレーザーのように差し込んでいたのです。

自力で僅かずつ改善する環境───こういう生活って好きだな。

  1. 2020/09/09(水) 17:59:10|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

不可逆的

天井および壁の再塗装をした時、養生が甘い部分で"失敗"しており、
廻り縁(プラスチック)やドア枠(木)にペンキが付着してしまいました。
当然ながら、さっさと除去したい。

「水性ペンキなら簡単に落とせるだろう」というのは大きな間違いで、
油性塗料ほどではないものの、乾燥後の塗膜は結構な強固さを誇ります。
よって半端な薬品では綺麗に除去できません。

そんなわけで悪あがきとは知りつつ専門店で相談してみました。

「水性ペンキで失敗しちゃったやつを落としたいんですが」
「あぁ~……素材は何でしょう」
「プラスチックとぉ~……木材ぃ~……です」
「あはっ……あー、どうかなぁー」

互いに「云いたくないことを云っている」場面。
私は返答が予想できており、店員さんも察しておられます。

プラスチックに下手な薬品を使うとペンキごと表面を溶かしますし、
木材の微細な隙間に入り込んだペンキは、基本的に処置なしと心得る。
専門的な手段はあるのでしょうが、何しろ程度として小規模です。

これが「塗装は養生が5割」と云われる所以でしょう。

「あるにはありますけど……あ、これは少し弱めのやつです」
「下手をすると塗膜も汚しそう」
「そう、だからスプレータイプはお勧めしません」

「何なら廻り縁と同じ色で上塗りすれば、もう"それ"ですよね?」
「それ! 本当それです」

むしろ「話が早くて助かる」くらいの全力回答でした。
洗えず、剥がせず、落とせないのなら、ごまかすしかない。

廻り縁と同じ色のペンキを探すか……ドア枠はどうしよう。

  1. 2020/09/08(火) 22:03:56|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

引き出し

台風10号が接近しているため自宅の雨戸を閉めました。
アパート暮らしの時にはなかった習慣ですが、なんだか頼もしい。

そんな本日、副業先で充電式フォークリフトのバッテリーに問題が生じたため、
上司に報告して対処を頼んだ際「過去の仕事」についての話になりました。
今の私がフリーイラストレーターである旨は既に明かしてあります。

私は高校卒業後に就職し、当時の会社を1年ちょっとで退職した後、
色々あって次に就職した会社では6年半ほど勤務し、そして退職しました。

「そこでエンジン式と両方のリフトに乗ってたので」
「え? 七片さんて勤め人の時期があるんだ」
「ありますよ普通に」

「えっ? どっかのIT企業とかじゃなくて?」
「いえ、工場でマシンオペレーター」
「それでCGとかホームページとか、自分でやっちゃうの? 独学で?」

「そうですよ、あ、絵は2歳の頃に」
「そりゃ絵はそうだろうけど、20年前なんてネットの情報もそんなに───」
「なんとかなるもんですって」

ぽかんとしていました。
特別なこととは思っていませんし実際その通りですが、
一歳しか違わない上司は「習うもの」という感覚が強いらしいです。

よく考えたら忘れた知識も多い……使わないとダメになる。

  1. 2020/09/07(月) 14:36:03|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

七片 藍

Author:七片 藍
フリーイラストレーター

当ブログについて
:本家[ether]
:mixi[499935]

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリ

絵:執筆情報 (67)
ソーシャルゲーム系 (28)
TCG系 (14)
書籍系 (18)
絵:個人作品 (14)
トップ等 (10)
聖域 (1)
悪魔 (1)
神威 (1)
ほか (1)
日常 (3598)
創作 (85)
DIY (145)
菜園 (612)
疑問 (3)
ゲーム (27)
スポーツ (2)
探しもの (6)
生物 (51)
未分類 (2)
修理 (8)

検索フォーム

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QR