第27緑化地区

フリーイラストレーター七片藍のブログ/第27緑化地区

迷える坊主

昨日の夕方頃になって弟から電話があり、
バイクを処分して移動の足がなく会社まで送って欲しいと云われました。
愛馬は今月で車検が切れるため、これを機に排気量を下げるのだとか。

ただし送迎は夜中です。
現在は仕事を掛け持ちしており、その一つが午前3時から。
実家の車を使わせることも出来ますが、夜明けには別の仕事に入るため、
そのまま乗り回しては実家の用事に車を使えなくなるわけです。

「じゃあ何時に出ればいいんだ?」
「2時半かな……3時でもいいけど、そっちには歩いて行く」
「いいよ迎えに行くから、一応そっちから電話しろよ」
「分かった」

そうは云ったものの、こういう用事には全く自分を信用しないのが私です。
夜更けに用事があれば仮眠しないし、夜明けすぐに用事があるなら眠れない。
数年前に気付きましたが、これは親父に似たようです。

少し労ってやろうとコーヒーや菓子パンを買い、
電話が入る前に弟宅の前で待っ──────ても連絡がありません。
3時を過ぎたところで痺れを切らして電話してみました。

「起きたか?」
「今起きた……」
「(この野郎……)」

ずいぶん余裕がある様子。
どうせ朝まで起きているので別に構いませんが、
私が昼夜逆転の生活を続ける理由の半分くらいは、こういう時のためです。

「好きなの取れ、コーヒーはホットもある」
「うぁ、ありがと」
「誘導しろよ、場所までは知らん」

夜間の運転は好きではありません。
てろてろの安全運転にギチギチの法定速度でしか走らない私も、
深夜は視界の悪さや集中力の低下もあって自分が信用ならないのです。

「あ、ごめん! そこ曲がるんだった!」
「……そこで旋回するか」

なにより方向感覚が鈍いので、住宅街で3回ほど進路を変えると方角が分かりません。
いつかにも書きましたが、私は開けて奥行きのある方向を"北"と認識するクセがあり、
そうした傾向からか、曲がった回数などは方角を判断する材料にならないようです。

「ここ!」
「じゃあ気をつけてな」
「うん、ありがと」

そうして弟を降ろして裏通りを抜けて走り続けると……見たことがある場所に。
求職中だった頃の私が足繁く通っていたハローワークです。

「(なんでここに……真逆の方角じゃないか?!)」

やっぱりダメでした。
まして夜中ですし、感覚に頼ると必ず道に迷います。

さっそくカーナビに触れたのは云うまでもありません。
  1. 2012/05/24(木) 20:34:54|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<老いてない | ホーム | 食うしかねぇ!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://7hira.blog20.fc2.com/tb.php/732-7e67cee8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

七片 藍

Author:七片 藍
フリーイラストレーター

当ブログについて
:本家[ether]
:mixi[499935]

カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

絵:執筆情報 (63)
ソーシャルゲーム系 (28)
TCG系 (14)
書籍系 (17)
絵:個人作品 (14)
トップ等 (10)
聖域 (1)
悪魔 (1)
神威 (1)
ほか (1)
日常 (3456)
創作 (85)
DIY (101)
菜園 (598)
疑問 (3)
ゲーム (27)
スポーツ (2)
探しもの (6)
生物 (49)
未分類 (2)
修理 (8)

検索フォーム

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QR