第27緑化地区

フリーイラストレーター七片藍のブログ/第27緑化地区

「あのね~」

妹は時々、仕事帰りに私へ電話します。
何かしらの買い物で車を出して欲しい時や、
母の代わりに用事を済ませる時、定時上がりの退社前にかけて来るのです。

しかし私は昼夜逆転の生活をしていて、たまに昼過ぎでも起きているので、
布団に入ったのが朝方なのか昼過ぎなのかによって、起床時間が変わります。
そうすると、妹は私が起きているかどうかが分からないわけです。
電話をかけて確認するまでは。

「もしもし~、お兄ちゃん~?」
「……あぁ、もしもし……」

こんな風に、私も起き抜けだと調子が出ません。
電話はベッドから離れたところにあるため、私は不自然な姿勢で話します。

「あのね~」
「……あぁ」
「もうすぐ友達の誕生日だからね~」
「……うん」

具体的にはベッドから半身を乗り出して床に右手をつき、
左手を伸ばして受話器を取り、そのままの姿勢で話すのです。
会話中ずっと"ヨガ"をしているような感じで、かなり辛い格好になります。

「プレゼントを買いに行こうと思うんだけど~」
「……んー」
「車の運転を頼んでもいいかな~」
「……」

[はよ喋れ!](←心の叫び)

妹が云うには「起こしたなら悪いと思って控えめにお願いしている」とか。
しかし私は(よほど忙しくない限り)家族の用事を拒否しないので、
そんな気を使わなくても運転しますし最後まで付き合います。

それをネタにして、私がふざけて裏声で「アノネ~」などと真似すると、
「絶対そんな声で云ってない」と妹も笑うのでした。

しかし本日、普通に起きて仕事をしていた私に妹が電話をして来ます。
何か用事があるのかと思って受話器を取ると───

「アノネ~」

───妹が開口一番を裏声で始めました。
私は吹き出してしまい、やれやれと外出の準備をします。
そんな今回は色々と寄る場所があったのですが───

「で、まず最初にどこ行くんだ?」
「ん~、ホーム戦隊で粗方が揃うはずだから~」
「ホーム戦隊って何だよ、なんとかレンジャーとかか」
「間違えた、ホームセンター」

───妹は素でこんな感じなので、たまに不安です。
  1. 2012/04/17(火) 23:03:13|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<○○期 | ホーム | さらに出直して来なさい>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://7hira.blog20.fc2.com/tb.php/693-590069b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

七片 藍

Author:七片 藍
フリーイラストレーター

当ブログについて
:本家[ether]
:mixi[499935]

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

絵:執筆情報 (63)
ソーシャルゲーム系 (28)
TCG系 (14)
書籍系 (17)
絵:個人作品 (14)
トップ等 (10)
聖域 (1)
悪魔 (1)
神威 (1)
ほか (1)
日常 (3461)
創作 (85)
DIY (101)
菜園 (598)
疑問 (3)
ゲーム (27)
スポーツ (2)
探しもの (6)
生物 (49)
未分類 (2)
修理 (8)

検索フォーム

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QR