第27緑化地区

フリーイラストレーター七片藍のブログ/第27緑化地区

のんき

うっかり日記を忘れるところでした。
朝まで起きていて実家へ行くと妹が寝ているだけで、母が居ません。

大体は近所にお呼ばれして談笑しているか、近くのスーパーで買い物か、
畑に行っているか、役所に用事のいずれかになります。
 
前にも書きましたが、私は夜明けに家族の用事を聞き、
用があれば済むまで眠らず、用が無ければ帰って眠ります。
大抵は車を使うことになるので私しか動けないのです。

普通のサラリーマンで云えば、仕事が終わった18時くらいに用を聞き、
何も無ければパタリと眠り、何かあれば3時を過ぎても起きているわけで、
用事の有無を聞くことが出来なければ、帰宅して眠るという選択もあります。

しかし重要な用事であれば後で困ることになるため、
こうして毎日連絡をするのですが……携帯電話には繋がらない。

そうこうしていると、実家の電話が鳴りました。

「はい、もしもし」
「あれ? あっちゃん?」
「そうだよ」

声の主は2児の母である私の幼馴染でした。

「なんで声だけで分かるのー、本当に私が誰か分かってる?」
「T子だろ」
「あー当たりーん……」

なぜ微妙に不満げなのか。

母が外出中なので、改めて連絡させると伝えたものの、
それから実家で数十分ほど過ごしても状況が変わらないので、
切らしていた灯油を補給して帰ると、ようやく母が帰ってきました。
近所のお婆さんと花見がてらの散歩をしていたのだとか。

「電話が繋がらないよ」
「持ってるわよ?」

電池切れでした。
この人はこうしたことが度々あります。

云われてみると桜も五分咲きを過ぎ、なかなかの見ごろです。
たまたま通りかかった子供が知り合いで、この春から小学一年生。
桜は入学式に間に合ったようでした。

「おれ、かけざんとかできるよ!」
「本当に? じゃあ───」
「100かける100はね、1000!」
「……」

「ちがうぞ」と返す前に、どこかへ云ってしまいました。
彼にとっての「なんだか大きな数字」の上限が1000だったのかも。
私が掛け算を暗記したのは小学2年生だったと記憶していますが、
今の教育ではもっと早くから学ぶのかな。

そんな午前中でした。
  1. 2012/04/08(日) 23:59:59|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<終わりの終わりの終わりの→ | ホーム | 9年前>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://7hira.blog20.fc2.com/tb.php/684-635591a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

七片 藍

Author:七片 藍
フリーイラストレーター

当ブログについて
:本家[ether]
:mixi[499935]

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

絵:執筆情報 (63)
ソーシャルゲーム系 (28)
TCG系 (14)
書籍系 (17)
絵:個人作品 (14)
トップ等 (10)
聖域 (1)
悪魔 (1)
神威 (1)
ほか (1)
日常 (3461)
創作 (85)
DIY (101)
菜園 (598)
疑問 (3)
ゲーム (27)
スポーツ (2)
探しもの (6)
生物 (49)
未分類 (2)
修理 (8)

検索フォーム

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QR