第27緑化地区

フリーイラストレーター七片藍のブログ/第27緑化地区

雨に駆ける鉄塊

晴れ間が覗いたかと思えば雨が降り始めたりと、一定しない天気でした。
洗車すると三日も経たない内に雨が降る……バイク時代から変わりません。

「バイクと雨」は思い出すことがあります。
私と友人・後輩(たまに弟)が揃ってバイクに乗っていた時期は、
前の晩に夜更かしして、休日は午後前くらいから動き出していました。

そのため貧乏ツーリングは例外なくお昼過ぎから一般道を使った日帰りで、
目的地に着くのは日が暮れた後になり、走れるのは一日400km程度。
事前のルート確認などもしない行き当たりばったり式ですから、
道に迷って予定通りにならないこともしばしばでした。

当人らはそうした一日を楽しんで走っていたわけですが、
ある日のツーリングにて、岐阜は高山からの帰路で集中豪雨に遭いました。
川を片目に山間部を走りぬけ、道中の灯りは申し訳程度です。

バイクのライトが無ければ「真の闇」というやつで、
悪天候が被さると月も星もなく、エンジンを停めれば自分の手すら見えず、
そんな状況に豪雨が来れば、ちょっとした会話すら雨音に塞がれてしまいます。
バイクは一人一台を運転するため、ツーリング中に何か話し合うことも困難です。

そして時おり雷が鳴ると、その一瞬だけ山の形が浮かび上がり、
大きな怪物のシルエットが雷光を背にして現れるかのようでした。
ヘルメットのシールドには止むことなく雨が叩きつけられ、
レインウェアの隙間から雨水が浸入してきます。

それらが走行中に起きるので、乗っている者は必死です。
頼りになるのは鉄で出来た相棒だけ。

天気予報ひとつを見ることさえしなかった私たちでしたが、
そんな状況すら楽しんでいて、帰ってくるとクタクタに疲れていました。
ずぶ濡れのレインウェアを玄関に放置したまま、部屋に戻って泥のように眠る。

たったそれだけで疲労が回復するのは若い証拠だったのでしょう。
雨風の強い日はそんなことを思い出し、また走ってみたくなります。

ただ今は3ヶ月くらい前から体力強化する必要がありそうです。
  1. 2012/04/04(水) 20:55:04|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<思考の優先度 | ホーム | 飛んで飛んで>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://7hira.blog20.fc2.com/tb.php/680-40d74a68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

七片 藍

Author:七片 藍
フリーイラストレーター

当ブログについて
:本家[ether]
:mixi[499935]

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリ

絵:執筆情報 (63)
ソーシャルゲーム系 (28)
TCG系 (14)
書籍系 (17)
絵:個人作品 (14)
トップ等 (10)
聖域 (1)
悪魔 (1)
神威 (1)
ほか (1)
日常 (3425)
創作 (85)
DIY (100)
菜園 (589)
疑問 (3)
ゲーム (27)
スポーツ (2)
探しもの (6)
生物 (49)
未分類 (2)
修理 (8)

検索フォーム

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QR