第27緑化地区

フリーイラストレーター七片藍のブログ/第27緑化地区

あるのかないのか


上の画像を見て、どんな漢字を思いつくでしょうか。
知り合いの古い刀に刻まれていた篆書体(てんしょたい)の銘で、
どう読むのが正しいのか、昨年から一緒に調べて欲しいと頼まれていました。

 
一文字目は「贔屓(ひいき)」の"屓"の字に似ている気もしますし、
二文字目は桜の繁体字である"櫻"と一部共通しています。

本人が書き取ったものなので細かい部分が食い違うかも知れませんが、
篆書体の辞書を引いてみても完全に一致するものは見当たりません。
一部でのみ使われたものなのか、あるいはこのような字は存在しないのか。

篆書体で最も近いと思われたのは「晏」と「嬰」で、
Wikipediaによれば昔の中国に"晏嬰(あんえい)"という政治家がいたとあります。
しかし篆書体で見ても下半分は文字が違いますし、刀も恐らく日本刀でしょう。

「晏」と「嬰」が近いのではと割り出したのは市立図書館の職員さんでした。
閉架書庫(一般向けに公開されていない図書の倉庫)でも調べたものの、
これ以上に似た字は見つからなかったとか。

「晏」という字は「日」と「安」という字に分解できますが、
篆書体で見ると「宀(うかんむり)」までは綺麗に一致して見えます。
とすれば「女」の部分だけ異なる字が存在するのでしょうか。
「嬰」も同様に、こちらは画像だと「百」という字に置き換えられています。

ひとつは一部が分からず、もうひとつは分かっていても漢字が見当たりません。
頼んできた知り合いは職場が遠方に移るため、今日が最後の機会でした。
ご本人も県の図書館で調べたらしく結果は私たちと同じです。
なんとか判明しないものか。

市立図書館にて解読に協力して下さった職員さんは、
なんだか学者さんのような雰囲気で、とても感じの良い人でした。
ちょっとした冒険の一時を楽しんでいたようにも見えます。

本人が探し当てるか、私たちが先か。
それはどうでもいいとして何と読むのか。
篆書体にしても同じ字で色々あるため断定しづらいです。

誤字でないことを祈ります。
  1. 2012/03/29(木) 20:43:45|
  2. 探しもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<あにき | ホーム | ままならぬまま>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://7hira.blog20.fc2.com/tb.php/674-bbd42ce7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

七片 藍

Author:七片 藍
フリーイラストレーター

当ブログについて
:本家[ether]
:mixi[499935]

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリ

絵:執筆情報 (63)
ソーシャルゲーム系 (28)
TCG系 (14)
書籍系 (17)
絵:個人作品 (14)
トップ等 (10)
聖域 (1)
悪魔 (1)
神威 (1)
ほか (1)
日常 (3418)
創作 (85)
DIY (97)
菜園 (589)
疑問 (3)
ゲーム (27)
スポーツ (2)
探しもの (6)
生物 (49)
未分類 (2)
修理 (8)

検索フォーム

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QR