第27緑化地区

フリーイラストレーター七片藍のブログ/第27緑化地区

暗闇を越える黒

ホラー映画で怪物の登場シーンが暗闇ばかりであると、
怖いと感じる反面、不満にもなります。

怪物が好きだから───という点は考慮しないとして、
これはどうしてかなと考えていました。
 
仕事で怪物を描く上で、それなりに制限みたいなものがあると感じます。
怪物を怪物たらしめるには「理解できる点を強くする」ということです。

往々にして、怪物は倒される運命にありながら力強く一見無敵で、
外見上は「倒せるわけがない」という絶望感を与える必要がありますが、
人間には怪物を見たら「引っ張ることが出来る情報」がないといけません。

認知能力には過去の経験や記憶を下地とするものがあって、
認識が曖昧な部分を"ゆらぎ"として、その振れ幅には個人差があると思います。
何人かの人が一体の半身怪物を見た時の感想として───

「人間に似ているけど、下半身は人間のものではなかった」
「人間に似ているけど、下半身は動物の足に似ていた」
「人間に似ているけど、下半身は獅子の後ろ足と同じだった」
「あれは人間と獅子の混合生物だ」

───およそこのような言葉が聞けそうです。

知らないものを語ることは難しいため、知っている部分から理解を引っ張り、
どうにかして体裁を整えたものが「人間ではない代物(=怪物)」。
怪物とは、そうした"ゆらぎ"の蓄積で出来た分野であるように思います。

してみると対象から得る情報が少なかった場合、
体裁を整えられず処理(説明)しきれません。

怪物をデザインする上では、見知った情報を入れることで理解を容易くさせます。
それとは逆に、得られる情報に限界があると分かった時は不安であり不満です。
「暗くて不満」なのは、未知を理解できないストレスなのでしょう。

───と、小難しく考えて日記にしてみたものの、
それは部屋の中でゴキブリが隠れたのを見た時と同じだと知りました。

こないだ卵の殻を見付けたんです……。
  1. 2012/02/11(土) 23:59:59|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<夜の耳 | ホーム | 変わらぬ御愛顧>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://7hira.blog20.fc2.com/tb.php/627-8b4d14d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

七片 藍

Author:七片 藍
フリーイラストレーター

当ブログについて
:本家[ether]
:mixi[499935]

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリ

絵:執筆情報 (63)
ソーシャルゲーム系 (28)
TCG系 (14)
書籍系 (17)
絵:個人作品 (14)
トップ等 (10)
聖域 (1)
悪魔 (1)
神威 (1)
ほか (1)
日常 (3431)
創作 (85)
DIY (100)
菜園 (590)
疑問 (3)
ゲーム (27)
スポーツ (2)
探しもの (6)
生物 (49)
未分類 (2)
修理 (8)

検索フォーム

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QR