第27緑化地区

フリーイラストレーター七片藍のブログ/第27緑化地区

路面の微動

母の用事に付き合って買い物に行き、畑に寄ってトウモロコシを摘果し、
そこから帰宅しようとする道中で、路面に小さな物体を発見しました。
スズメです。

10日ほど前の日記にも、インコを埋葬したと書いたばかりですが、
このスズメもまた、走行車に激突して墜落したのでしょう。
車を降りて駆け寄ると、ピクリと動きました。
最悪です……生きてます。

ここで「最悪」というのは「即死しなかった」という意味で、
こうして保護する形で連れ帰っても、まず助からないからです。
苦しそうに大きく口を開けたまま、体全体で呼吸しているのが分かります。

これまで何度となくスズメやハトといった鳥を保護しましたが、
再び飛べるようになったのは、憶えているだけでも2例だけ。
その2例までに、もう記憶するのも億劫なほど死んでいます。
大抵は数日中に冷たくなるのです。

助手席の母に預け、実家を目指す途中で一回だけ鳴きました。
駐車場に着き、あと数十秒で実家という時になって、

「あっ」

───と、母が短くつぶやくや否や、
いきなり暴れだしたスズメは、それを最後に死んでしまいました。
動物は死の直前、よくこうして跳ねるように体が動きます。
その後ぱったりと事切れるのです。

私も母も、こんな経験が多いです。
手の中で失われる動物の命というものは、なんともやり切れない気分にさせます。
人間よりずっと小さな生き物なのに、これを癒すとなると人間以上。
生命に大小はないと思い知らされる瞬間でもあります。

「どうして、死ぬ直前の動物にばっかり会っちゃうのかしら」
「僕らは最後を看取る役目に生まれついたのかも」

あのまま放置されれば、路面に同化するまで轢き潰されるところです。
そうなってしまうより、不本意ながらも看取るほうが救いもあります。

私はこの先、どれくらいの命を看取ることになるのでしょう。
  1. 2010/07/04(日) 20:29:29|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<願いの方向性 | ホーム | 感覚世界の無感覚>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://7hira.blog20.fc2.com/tb.php/62-5eb6d455
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

七片 藍

Author:七片 藍
フリーイラストレーター

当ブログについて
:本家[ether]
:mixi[499935]

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリ

絵:執筆情報 (63)
ソーシャルゲーム系 (28)
TCG系 (14)
書籍系 (17)
絵:個人作品 (14)
トップ等 (10)
聖域 (1)
悪魔 (1)
神威 (1)
ほか (1)
日常 (3425)
創作 (85)
DIY (100)
菜園 (589)
疑問 (3)
ゲーム (27)
スポーツ (2)
探しもの (6)
生物 (49)
未分類 (2)
修理 (8)

検索フォーム

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QR