第27緑化地区

フリーイラストレーター七片藍のブログ/第27緑化地区

8年

私が今のところ最後に勤めた会社は、8年前に退職した会社です。
その頃が私にとって「会社に勤めていた時の自分」になりますが、
同僚には迷惑ばかりかけて、正直なところ全員に土下座したい気分。

私にとっては第二の我が家みたいな会社でした。
色々と問題はあったものの、まずもって私には円満な温室であり、
様々な知識や経験、度胸や自信をくれた会社でもあります。
何より素晴らしかったのは、その時の同僚でした。

当時、「(男の独り暮らしだから)気軽に遊びに行ける」という点から、
私の部屋は、同僚にとって冷やかし甲斐のある環境でした。
酔った勢いで遊びに来られたり、私が風邪を引くと差し入れしてくれたり。

その同僚の一人に、私がオフラインで唯一「姉さん」と呼ぶ人がいて、
喧嘩したこともあるけど、基本的には良き仲間・良き友人でした。
もちろん年上ですが、勤務歴としては私が先輩。
姉さんは私を「七片さん」と呼びます。

現在は故郷に戻られ、たまにメールや電話で話すこともあり、
「またいつか愛知に行ったら、顔出すからね」なんてことも話し、
つい最近、結婚したと聞いていたのですが、

[ピルルルルル……]

「もしもしー?」
「七片さんー? ひさしぶりー、今お店の前に居るんだけどねー」
「お店?」
「うん、七片さん家の前のお店」
「はぁ?! ちょっ……今行くから!」
「はーい」

───と、こんなことになりました。
お店の駐車場には、車の横で姉さんと思しき人が立っており、
助手席からは、ご主人と思しき男性が出て来ました。

実際に顔を見て話すのは8年ぶり。
聞けば、ご主人の両親は私の地元近くに住んでおられるため、
新婚旅行と称して6日間の休みをとり、その足で私のところへ来たとか。
いわく「思い出の土地めぐり」。

ご主人を巻き込みつつ、缶コーヒーを飲みながら思い出話。

「びっくりしたー、でも姉さん全然変わんないね」
「え? そう? ねーねーほら、変わらないって!」

ご主人は物静かな方で、現在は同じ職場で働いているそうですが、

「え、でも旦那さん何歳なの?」
「云わなかったっけ? ○歳だよ」
「はぁ?! じゃあ何、僕より年下?」

ずいぶん若作りな人だなぁと思っていたら……ギギギ。
車は運転できないものの、バイクの免許を取ったばかりだそうです。

「七片さんと同じ匂いがする人かもねー、長男だし」
「何気に、今ここに居る三人とも第一子だ、姉さん長女だし」

あの頃の会社が、今は随分と変わってしまったこと、
互いの仕事、同僚の話、苦い思い出や楽しかったこと、
私が居た6年半のことだけでも、話すことなんて沢山あります。
ご主人は殆ど置いてきぼり(申し訳ない)。

こっちには、あと数日ほど滞在するそうで、
明日からは元上司のところへ挨拶に行くと云っていました。

「そう云えば、あの時の千円、まだ姉さんに払ってなかったよ」
「千円?」

「あの時の千円」とは、姉さんと私が「賭け」をした時のものです。
もう10年くらい前、そこそこヘビースモーカーな姉さんが新車を買い、
会社で「お披露目」した時のこと、

「この車、禁煙車にする!」

───と、自ら宣言したのでした。
私はそんなの続かないと踏んでいたので、

「絶対無理」
「なにー? じゃあ賭ける?!」
「いいよ、1年続いたら姉さんの勝ち、千円賭ける」
「絶対だね? よーし」

結果、姉さんは1年経っても車内で吸わず、
証拠こそないものの、賭けは私の負けとなったのです。
この人は自らのプライドにかけて下手な嘘を吐かない。
証拠も要りません。

「まだ憶えてたんだぁ、律儀だなぁ」
「僕が先に会社辞めたし、逃げたからね」

ところが、この人の可愛いところは、

「やーでも、あれはもう無効!
 本当に綺麗にして乗ってたけど、実家の駐車場でゴツンとやってさ、
 その時、私の中で何かプチンと切れちゃってね。
 田舎の実家が禁煙だから、どうしてもねぇ。
 廃車にするちょっと前には吸ってた……だから無効」

───こういうところなのです。
そうそう、小さなことでも義理堅い人でした。
だからこそ、私は敬意を込めて「姉さん」と呼び続けています。
たとえ私が既婚でも、奥さんより私の弱点を知っている人です。

店先の駐車場で1時間ほど話し、そして別れました。

元気で良かった。
声を聞くより確かな「近況」に、私も元気が出て来ました。

ご結婚おめでとうございます。
弟は愛知から見守っております。

どうかお幸せに。
  1. 2010/07/02(金) 19:16:59|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<感覚世界の無感覚 | ホーム | 時の流れに>>

コメント

No title

いい職場にいたんですね。
わたしなんか10年いたのに何故?
というくらい嫌な終わり方でしたから。
辞めてからもそうやって繋がりがあるのは凄いです。
  1. 2010/07/02(金) 21:11:29 |
  2. URL |
  3. カヲル #DxStaBko
  4. [ 編集 ]

Re: No title

問題は色々ありましたが、それでも幸運が重なっていたと思います。
ただ、そうした環境はそれが当たり前だと思う要因にもなるので、
「そうでない人」の気持ちを理解する上では、退職した意味があったのでしょう。
返す返すも、温室であったと云うことですね。
  1. 2010/07/03(土) 20:57:03 |
  2. URL |
  3. 七片 藍 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://7hira.blog20.fc2.com/tb.php/60-b6c3c857
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

七片 藍

Author:七片 藍
フリーイラストレーター

当ブログについて
:本家[ether]
:mixi[499935]

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリ

絵:執筆情報 (63)
ソーシャルゲーム系 (28)
TCG系 (14)
書籍系 (17)
絵:個人作品 (14)
トップ等 (10)
聖域 (1)
悪魔 (1)
神威 (1)
ほか (1)
日常 (3419)
創作 (85)
DIY (98)
菜園 (589)
疑問 (3)
ゲーム (27)
スポーツ (2)
探しもの (6)
生物 (49)
未分類 (2)
修理 (8)

検索フォーム

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QR