第27緑化地区

フリーイラストレーター七片藍のブログ/第27緑化地区

七七日

四十九日の法要を済ませました。
今日から本位牌に変わります。

本来はきっちり命日から49日目に行うものであり、
諸々の都合があっても数日だけ前倒しするのが理想です。
しかし年末年始と「三月越し(みつきごし)」を避けるため、かなり早まりました。
 
この三月越しは仏教そのものとは無関係だそうですが、
親戚にも気にする者は居ますし、そも、お寺の日程も合わなかったので、
父には慌しいでしょうが、六七日を前にしての駆け込みです。

法要の間中、本堂に響き渡る読経を遠くに聞くような感じでした。
私のように信心深くなく「祈る」ということに縁遠い人間であっても、
位牌という一つの形になったことで、何か得心が行ったように感じます。

空港で祖母を見送った日に「消えてしまったものがある」と書きましたが、
それは葬儀を終えた精進あげの最中、私の体に起こったことです。

通夜から葬儀を終えるまで一度もネクタイを緩めることなく過ごし、
精進あげの料理が振舞われた時、ふと背中に何か違和感がありました。
正確には、左の肩甲骨の真下あたり。

命日の二日前にぎっくり腰をやっていたこともあって、
最初は、その時に貼っていた湿布のせいだと思っていましたが、
通夜から葬儀までは湿布なしで過ごしましたし、剥がし忘れてもいません。

「なんだろうな」
「親父さんが背中を支えてるのかも知れんぞ? ははは」

そんな親戚の言葉に、そんなまさかと笑っていたものの、
すっと背中に手を添えられるような感覚は、しばらく続きました。

それは私が父を話題にした時や、何か気分が沈んでしまった時、
さらには台所へ醤油を取りに立ち上がった時にまで生じます。
何日目かには、つい後ろを振り向いてしまうほどになり、
柄にもなく肩を叩いて応えるようになりました。

それが祖母を見送って以来、ぱたりと消えてしまいます。
緊張が解けたことによる変化と見ることも出来ますが、
もしかしたら……と思わずに居られません。

───が、すると私は随分と早く送り出されたものです。
半世紀も年上の師に背中を押されたとあっては、いよいよ呆けておれません。

頑張らなくては。
  1. 2011/12/24(土) 21:49:47|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<親子通信 | ホーム | 五七日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://7hira.blog20.fc2.com/tb.php/580-741dfa70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

七片 藍

Author:七片 藍
フリーイラストレーター

当ブログについて
:本家[ether]
:mixi[499935]

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリ

絵:執筆情報 (63)
ソーシャルゲーム系 (28)
TCG系 (14)
書籍系 (17)
絵:個人作品 (14)
トップ等 (10)
聖域 (1)
悪魔 (1)
神威 (1)
ほか (1)
日常 (3425)
創作 (85)
DIY (100)
菜園 (589)
疑問 (3)
ゲーム (27)
スポーツ (2)
探しもの (6)
生物 (49)
未分類 (2)
修理 (8)

検索フォーム

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QR