第27緑化地区

フリーイラストレーター七片藍のブログ/第27緑化地区

「大人って」

このブログを始めて一ヶ月以上が経ちますが、
よく分かっていなかった「拍手」について気付きました。
これって拍手にメッセージを添えられるのですね。
(自分で自分の記事に拍手することはないので)

6月3・4・13日のそれぞれにコメントがあることに気付かず、
昨夜ちょこちょこ弄っている内に、偶然にも発見することが出来たのです。
今更コメント返しでもないですが、新田さん、トコマさん、ごめんなさい。
それから特にTURUGIさん、お元気でしたか。

-*-*-*-
今日は母の用事で買出しに行っていました。
用事と云うのは、自治会で必要な備品の購入なのですが、
母は既に前年度で御役御免なので、本来はこの役目にありません。
今年度の会長に依頼されての買出しです。

ところが品物を間違えてしまい、返品のため引き返すことに。
返品の手続きそのものは滞りなく完了したのですが、
母はカウンターの店員さんと何やら話しています。

「あの店員さんのお名前は、○△さんですか?」
「いいえ、違いますけど……」

すると、カウンターの奥に居た店員さんがこちらに気付き、
母に何かを感じたようで、こちらにやって来ました。

「○△さん?」
「あっはい! そうです!」

カウンターの店員さんは、同僚が異なる名前で呼ばれて「?」の表情。
母が呼んだ名前は、旧姓だったのです。

引っ越す前の実家近くに、20年ほど前まで住んでいたとか。
結婚して姓が変わったものの、母は子供の頃の顔立ちを覚えており、
その店員さんもまた、母と目が合って「もしかして」と思ったそうです。
ちゃん付けと呼ぶと、当時を思い出したのか懐かしそうに笑いました。

私はいつの間にか、他人の顔と名前を覚えるのが苦手になっています。
それでも学生時代は、クラスメイトのフルネームも記憶できました。
きっと姓だけで呼び合うのが普通になったからでしょう。
そして顔は、毎日会わなくなったから。

そうかと思えば、母は自分のクラスメイトでもなく、毎日会わないのに、
子供時代の顔立ちから名前まで思い出し、ピタリと当ててしまう。

級友って、なかなか再会しません。
あれだけ沢山いたのに、散り散りになると本当に会わない。
それでもたまに見かけたりして、こないだは市役所職員に一人居ました。

勇気を出して声をかけてみる(彼は数ヶ月前にも会っています)。

「よう」
「お? あぁ、誰かと思った、七片か」

そこは収税課でした。
単純な税金の支払いから納付相談まで取り扱っています。

「昔のクラスメイトって来たりする?」
「来るよ、まぁ実際やりづらいね」
「やっぱ今のご時世、どこも大変ってことかぁ」
「はは、そういうことだねぇ」

台詞の端々が、なんとなく役人っぽい。
何も分からなかった子供時代から、色々なものが関係して来ると、
価値観や喋り方、挙げ句は性格まで変わったりもします。

大人って、本当に「色々あるんだ」と感じる毎日です。
  1. 2010/06/26(土) 19:28:30|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<黒の威力 | ホーム | [絵] 間に合わないから>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://7hira.blog20.fc2.com/tb.php/54-ef5682c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

七片 藍

Author:七片 藍
フリーイラストレーター

当ブログについて
:本家[ether]
:mixi[499935]

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリ

絵:執筆情報 (63)
ソーシャルゲーム系 (28)
TCG系 (14)
書籍系 (17)
絵:個人作品 (14)
トップ等 (10)
聖域 (1)
悪魔 (1)
神威 (1)
ほか (1)
日常 (3425)
創作 (85)
DIY (100)
菜園 (589)
疑問 (3)
ゲーム (27)
スポーツ (2)
探しもの (6)
生物 (49)
未分類 (2)
修理 (8)

検索フォーム

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QR