第27緑化地区

フリーイラストレーター七片藍のブログ/第27緑化地区

不安な復帰

この日は(書くことがないので)昨日の話を。
社員に会った後は管理機を譲ってくださった方を訪ね、
エンジンが掛かるようになったと報告することになりました。

ところが、さぁ現物を見せて……と思ったら始動しない。
エアクリーナー側にガソリンが滲み出てクリーナーが湿っている。
説明している間にガソリンが揮発し、なんとか始動を証明できました。

「前日に燃料コックを閉じ忘れたのが原因か」と考えましたが、
この後に畑で試運転したところ、2つの問題が分かりました。

まず一つ目は、オーバーフロー(燃料漏れ)が再発していること。

ニードルバルブを取り出した時に気になってはいたものの、
固着(多分キャブレター内の錆)の除去が完全ではない様子。
フロートが浮上しきらず燃料供給が止まらないのでしょう。

二つ目は耕作ローターの反応です。
機体が前傾、またはローターの負荷が増した時の症状として、
一瞬だけローターが空回りする"飛び"が度々起こります。

自転車でいえばチェーンが外れたのを忘れてペダルを踏む感じ。
階段を踏み外す勢いで前のめりに転んでしまう状態です。

経験上では───

・緩んだチェーンがスプロケット(歯車)の上を横滑りする。
・スプロケットの歯が欠けていてチェーンが横滑りする。

───これが原因でした。

チェーンとスプロケットには適正な噛み合いが必要です。
軽く握ったハンマーを振り上げたら素っ飛んでいくのと同じで、
しっかり握る(噛み合わせる)必要があります。

原因が見立て通りなら厄介です。
この管理機にもギアボックスに相当する箇所はありますが、
それを開けるとなると、いよいよ私の経験が追い付かなくなる。

一つ気になる点は、運搬目的で取り付けた社外品の車輪です。
もともとは抵抗棒と呼ばれる部品が取り付けられていて、
移動する時に不便なので換装したのでした。

壊れた管理機から失敬して宛がった車輪でしたが、
少し大きくて前傾するため平地でも機体が水平になりません。

中身を見ないことには判断できませんが、
動力伝達がスプロケット+チェーン方式であれば───

・経年劣化でチェーンが緩んで(伸びて)いる。
・スプロケットの歯が過負荷で欠けている。

───これらが原因でしょうか。
仮に分解できたとしても、旧型なので部品を調達できるかどうか。

結局この日は母が鍬(くわ)で掘り起こした後を耕作したところ、
なんとか「管理機で耕作した土」と呼べるくらいには耕せました。

やはり必要だ……直さねば。

  1. 2024/04/11(木) 23:59:00|
  2. 修理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ギリギリ | ホーム | 隣の芝生>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://7hira.blog20.fc2.com/tb.php/5036-5c70d94f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

七片 藍

Author:七片 藍
フリーイラストレーター

当ブログについて
:本家[ether]
:X(twitter)[Nanahira_Ai]

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ

絵:執筆情報 (73)
ソーシャルゲーム系 (29)
TCG系 (17)
書籍系 (19)
絵:個人作品 (14)
トップ等 (10)
聖域 (1)
悪魔 (1)
神威 (1)
ほか (1)
日常 (4193)
菜園 (695)
創作 (96)
疑問 (4)
ゲーム (29)
スポーツ (2)
探しもの (8)
生物 (58)
DIY (661)
修理 (59)
リフォーム (348)
未分類 (2)

検索フォーム

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QR