第27緑化地区

フリーイラストレーター七片藍のブログ/第27緑化地区

CQ

昼間は色々と用事に走り回っていました。
携帯電話の機種変更もしたいと思ったのですが……。
正直なところ、ろくにメールは使わないし通話も受けが多いので、
現状で不満なのは処理の遅さくらいですし、変えなくても構わない気がします。

携帯電話というと、現在ではネットに音楽にと多機能が当たり前になりましたが、
私が初めて手にしたものは、まだアナログ通信で雑音の入るレベルのものでした。
家庭用電話機の子機くらいあって、ずっしり来る重さだったように思います。

表示される液晶画面もモノクロで、記念切手ほどの大きさでした。
使用文字は英数字とカタカナのみで、表示できる文字数そのものも知れています。
メールの代わりであるメッセージ送信は、たしか電話番号によってのみ識別されていて、
(記憶が曖昧ですが)適当に番号を指定すれば見知らぬ人に送信することも出来ました。

それは実際に私にもあった出来事で、いきなり知らない女性からメッセージが来て、
数回ほどメッセージのやり取りをした後、どちらからともなく止まってしまいました。
相手と話したこともなく、なんだか別の次元の人間と接触している気分です。

それから十数年、様々な機種に色々な機能がくっついて普及し、
小学生が持ち歩くのも当たり前となり、それによって生じた問題も含め、
文明の利器として、すっかり我々の生活に馴染んでしまっています。

順序を追って思い出していくと、瞬く間に進歩した技術を俯瞰(ふかん)に見るようで、
最新とか最先端という言葉が、ほんの僅かな間に改められるものだと分かります。

親から聞く「昔はこうだった」という話に別世界を感じていたのに、
今こうして自分が見下ろしてみると、なんとも奇妙な気持ちです。
あと数十年もすれば、さらに尺が縮まって社会が歴史として切り抜き、
あの電話から微かに聞こえた雑音も、おとぎ話の隅っこに人知れず佇みます。

1000年後の未来がどんな感じなのかを思う時、
結局のところ人間は自然と切り離されず、意外と今と変わらず、
「依然として」という言葉がしっくり来そうな感じさえします。

大昔に空を見上げた原人たちは、我々をどう思い描いていたのでしょうか。
空に想いなど馳せなかったか、やはり「依然として───」と想像して笑ったか。

後者が途方もない反射を繰り返して、不意に受信出来たりしたら面白いですね。
  1. 2011/08/22(月) 23:59:59|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<賢くあれ | ホーム | 循環>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://7hira.blog20.fc2.com/tb.php/501-ece839c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

七片 藍

Author:七片 藍
フリーイラストレーター

当ブログについて
:本家[ether]
:mixi[499935]

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリ

絵:執筆情報 (63)
ソーシャルゲーム系 (28)
TCG系 (14)
書籍系 (17)
絵:個人作品 (14)
トップ等 (10)
聖域 (1)
悪魔 (1)
神威 (1)
ほか (1)
日常 (3430)
創作 (85)
DIY (100)
菜園 (590)
疑問 (3)
ゲーム (27)
スポーツ (2)
探しもの (6)
生物 (49)
未分類 (2)
修理 (8)

検索フォーム

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QR