第27緑化地区

フリーイラストレーター七片藍のブログ/第27緑化地区

冬越し準備

この日は修繕の予定をとりやめて畑でキャッサバを収穫しました。
キャッサバとは熱帯原産の低木で、根は芋として食用されます。

身近な例ではタピオカの原料として知られ、和名はイモノキ(芋の木)。
私の周囲では、ポルトガル語圏(ブラジル)の人は"マンジョカ"と呼び、
スペイン語圏(ペルーやボリビア)の人は"ユカ"と呼ぶとか。

芋の皮と芯の部分には毒素が含まれますが、新鮮なものほど皮が剥きやすく、
タケノコの皮みたいにバリッと簡単なので素人でも対処しやすいのが特徴。
甘味種と苦味種があり、前者に近いほど毒素が低いそうです。

生産農家が少ないのか日本のスーパーで見ることは(少なくとも私は)稀で、
副業の現場仲間であるブラジル人さんいわく───

「七片さんマンジョカ作るといいよ、高く売れるよ!」
「そんなに高いの?」
「私が買った時は1本600円くらいだね!」

───とのことで驚きました。
昨年末に来ていたアルバイトのブラジル人女性の話によれば、
1kgあたりでは最高で800円であったと聞いています。

責任は取れないし売るつもりもなく、自己責任のもとお裾分けする予定ですが、
知り合いのペルー人が畑で育てたところ、苗ごと盗まれるほど需要がある様子。

その知り合いから苗をいただいたのが今年の4月。
スクスクと生長して害虫もなく、ハヤトウリで大打撃を受けた我が家としては、
年内の収穫物で唯一「どれだけ採れるか」が気になる野菜でした。

ただし植えたのは東から西へと並べた3本だけで、収穫期がハッキリしない。
この内、西側の一本は2メートルを超える高さにまで生長し、
東と真ん中は少し小さかったので、これらを収穫することに。

持ち帰って皮むきを終えると一部に黒い筋が入っています。
調べたところ、この筋は「収穫が遅い・不味くなる」の目印となるそうで、
母とともに急いで畑へ取って返し、全て収穫してしまうことなりました。

畝(うね)を立てずに植えたので収量は少ないものの、とにかく"強い"。
地上茎の直径は100mmを超え、暴風にも倒されることなく地面に食らいつきます。

固い土壌にも根を張って「まだあるの?」と驚くほどの大きさになり、
はじめての収穫としては上々で、知り合いにお裾分けする分は確保。
キャッサバの弱点は寒さで、時期としてはギリギリの収穫となりました。

皮むきの後は茹でて芯を取り除きます。
茹でると縦に裂けはじめ、これが「もういいよ」の合図。

「ほんのり甘いわね」
「裏ごしした後のサツマイモって感じだ」

繊維質を感じさせるのは除去した芯の部分だけで、滑らかさが凄い。
芋と云うよりは餡子(あんこ)で、そのまま饅頭か何かに使えそう。
これは……ぜひ来年も栽培しなくては。

しかし問題は越冬の難しさで、成功例でも半分がダメになるとか。
基本的にはハウス栽培が推奨され、個人レベルでは実現が困難です。

むむむ、どうにかならんか。

  1. 2023/11/22(水) 23:59:00|
  2. 菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<う ま い | ホーム | リバース阻止計画>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://7hira.blog20.fc2.com/tb.php/4893-5b10bcd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

七片 藍

Author:七片 藍
フリーイラストレーター

当ブログについて
:本家[ether]
:mixi[499935]
:Twitter[Nanahira_Ai]

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリ

絵:執筆情報 (73)
ソーシャルゲーム系 (29)
TCG系 (17)
書籍系 (19)
絵:個人作品 (14)
トップ等 (10)
聖域 (1)
悪魔 (1)
神威 (1)
ほか (1)
日常 (4161)
菜園 (690)
創作 (96)
疑問 (4)
ゲーム (29)
スポーツ (2)
探しもの (8)
生物 (58)
DIY (643)
修理 (44)
リフォーム (347)
未分類 (2)

検索フォーム

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QR