第27緑化地区

フリーイラストレーター七片藍のブログ/第27緑化地区

動体反応

久しぶりにセミの大合唱でした。
畑に行ってみると、導水のない用水路でカエルが跳び回っており、
その中の一匹だけ、口からミミズを覗かせていました。
口に収まらず吐き出していましたが……。

カエルというと、私は中学校の修学旅行を思い出します。
子供時代の旅行は、とんと現地でのことが思い浮かばない私ですが、
初めて行った東京のIBMにて、カエルの視界を扱ったソフトがあったのです。

当時のパソコンというと現在とは違ってゴテゴテしておりますが、
あまり電子機器に触れる機会のなかった私は、見学そっちのけでした。

まだ「犬の視界はモノクロである」という話が普通だった頃に、
「カエルの視界は、動くものと動かないものだけが区別される」と知って、
ずいぶん大雑把な仕組みなんだなぁと興味を持ったのでした。

説明してみると───

□□□□□□
□□□□□□
□□□□□□ 何も居ない(と判断される)視界

□□□□□□
□□□□□□
□□□□■□ 右下に何かが居る(と判断された)視界

───こんな感じです。

つまり対象が動かないと「何も居ない」と判断されるのだそうです。
これは当時の話ですから、今はもっと研究が進んでいるのかも知れませんが、
蛇がじっと動かずに居たら、カエルは「居ない」と判断するのでしょうね。

人間の視界においても例外ではないようで、
たとえばパントマイムの一種(たぶん)に似たものがあり、
マネキンか銅像のようにジッと動かない芸があります。
動き出してようやく人間であることを認識するわけですが、
先入観もあって静物として処理されるのか、騙されるわけですね。

かくいう私も、自分の居る部屋ならば敏感に反応するものがあります。
白い壁紙を移動する、黒いアイツです。
視界の端っこであろうと見逃しません。

君は動かなくても分かるから、そのままジッとしてろ。
  1. 2011/07/29(金) 23:36:05|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<大好物 | ホーム | 半分以上>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://7hira.blog20.fc2.com/tb.php/475-10cdd70e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

七片 藍

Author:七片 藍
フリーイラストレーター

当ブログについて
:本家[ether]
:mixi[499935]

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリ

絵:執筆情報 (63)
ソーシャルゲーム系 (28)
TCG系 (14)
書籍系 (17)
絵:個人作品 (14)
トップ等 (10)
聖域 (1)
悪魔 (1)
神威 (1)
ほか (1)
日常 (3425)
創作 (85)
DIY (100)
菜園 (589)
疑問 (3)
ゲーム (27)
スポーツ (2)
探しもの (6)
生物 (49)
未分類 (2)
修理 (8)

検索フォーム

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QR