第27緑化地区

フリーイラストレーター七片藍のブログ/第27緑化地区

独身男の祝福

この日は(本業が忙しいのに)久しぶりに畑で作業となりました。
しかし先日と同様に再びスターターロープが切れてしまいます。

運よく一度で始動したものの、停止させると再始動できません。
よって稼働している内に耕作を済ませる必要があるため、
午前中だけと決めて出来ることだけ済ませて来ました。

修理は後日として、午後から幼馴染の娘さんが来ることになっており、
先月に第一子の長女が産まれたので顔を見せたいのだとか。

私にとって、幼馴染の娘さんは幼少期から知る「やんちゃ娘」でしたが、
あっと云う間に成人し、そして子供までできてしまうのだから早い。

彼女は、母親である幼馴染に似た女性となったこともあって、
私をあだ名で呼ぶため、やんちゃ娘の面影もなくなりました。
否、母親となったことがそうさせるのか。

「ね、あっちゃん抱いてやってよ」
「いや怪我でもさせたら……」
「大丈夫よ」

私の母も加わって押し切られてしまいました。
どうしても気になるのは───

・父親以外の男の体臭が影響しないだろうか?
・父親以外の男が声をかけると不快ではなかろうか?
・父親以外の男の体格(骨格)に抱かれるのは痛くないだろうか?

───こんなことばかり。

「あっちゃん抱くの上手いねぇ」
「腕が長いからかな、猫なら何度も抱いたが」
「猫かい。 でも今は同じくらいの体重かな」

「たしかに同じか軽いくらい」
「落ち着いて眠ってる~」
「あ……目が覚め───てないか、また眠った」

ここから30分、オムツが汚れて泣き出すまでの間、
ずっと私が抱き続け、その様子をカメラで撮られたり。

「本っ当、よく眠ってる」
「知らんオッサンの腕ん中で、よく眠れるなぁ、お前」
「あっはははは」

「中学生くらいになったら写真を見せてやれ」
「見せる見せる」
「これは祝福だぞ、聞こえてるか?」

神話などでは、神の祝福は運命を左右する力があります。
ただし人にそんな力はありません。

この子の人生が始まったばかりの時に立ち会うということ。
そして、どうかその先々に幸の多からんことを───と、
祈りを捧げることが人の祝福だと思っています。

この子が中学生になる時、私は50代後半か。

  1. 2021/10/14(木) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<大波 | ホーム | リハビリ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://7hira.blog20.fc2.com/tb.php/4150-282abf7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

七片 藍

Author:七片 藍
フリーイラストレーター

当ブログについて
:本家[ether]
:mixi[499935]
:Twitter[Nanahira_Ai]

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリ

絵:執筆情報 (73)
ソーシャルゲーム系 (29)
TCG系 (17)
書籍系 (19)
絵:個人作品 (14)
トップ等 (10)
聖域 (1)
悪魔 (1)
神威 (1)
ほか (1)
日常 (4161)
菜園 (690)
創作 (96)
疑問 (4)
ゲーム (29)
スポーツ (2)
探しもの (8)
生物 (58)
DIY (643)
修理 (44)
リフォーム (347)
未分類 (2)

検索フォーム

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QR