第27緑化地区

フリーイラストレーター七片藍のブログ/第27緑化地区

じみなさぎょう

本業に並行して少し修繕を進めました。
昨日の作業では、第3段階の根太を2本ほど作っています。
この第3段階だけで最低7本の根太を追加するため、やることが多い。

とは云え、必要なのは新しい根太だけではありません。
捨て貼りの傷みを直さないと、この上に合板を敷けないのです。

これまで何度か「捨て貼りの修復」と書いてきましたが、
具体的に書くと、もともと捨て貼りは複層のフローリング材であり、
数枚のラワン材を貼り合わせたベニヤ板に、化粧板を張り付けたものです。

20211007.jpg

・厚さ:12mm程度
・長さ:1820mm
・幅:303mm

3枚を並べると、構造用合板と同じ「約1820×910mm」となります。
各層の組み合わせは以下のとおり。

・表層(1層):化粧板 厚さ1~1.5mm
・中層(3層):基板 厚さ3mm
・底層(1層):単板 厚さ1mm

これらを接着剤で貼り合わせているわけですが、
経年劣化で接着剤の効果が衰え、それぞれが剥がれてしまいます。
とくに底層の単板は剥がれやすく、ほとんど脱落に近いです。

意外にも表層は(踏まれるので)無事であることが多いものの、
これに隠れる形でフローリングを固定するための"フロア釘"が打たれ、
この釘を抜かないとフローリングを剥がせず、床下に手を足せません。

よって、表層を剥がして釘を露出させねばならず、
剥がす過程で表層が傷むので、表層を捨てることになります。
こうして、元フローリングは外側からは見えない"捨て貼り"と化すわけです。

なぜ捨て貼り化するかと云うと、まず強度の維持。
補助的な役割としては温度や湿度の緩和です。

根太の上に乗っている箇所は傷みやすく、擦り切れて薄くなる。
合板の裏面が擦り切れないよう、クッションの役割を果たしてもらいます。
根太だけでなく、捨て貼り全体で重量や衝撃を吸収させるわけですね。

剥がれたベニヤを再び貼り合わせ、コンクリートブロックを乗せて圧着。
割れてしまったものは組み合わせる必要があり、結構な面倒さになります。

地味だなぁ、この作業。

  1. 2021/10/06(水) 23:59:00|
  2. リフォーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<帰りたい | ホーム | 横槍>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://7hira.blog20.fc2.com/tb.php/4142-1b1af797
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

七片 藍

Author:七片 藍
フリーイラストレーター

当ブログについて
:本家[ether]
:mixi[499935]

カレンダー

06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリ

絵:執筆情報 (69)
ソーシャルゲーム系 (28)
TCG系 (15)
書籍系 (18)
絵:個人作品 (14)
トップ等 (10)
聖域 (1)
悪魔 (1)
神威 (1)
ほか (1)
日常 (3781)
菜園 (662)
創作 (92)
疑問 (4)
ゲーム (28)
スポーツ (2)
探しもの (8)
生物 (57)
DIY (414)
修理 (14)
リフォーム (83)
未分類 (2)

検索フォーム

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QR