第27緑化地区

フリーイラストレーター七片藍のブログ/第27緑化地区

「出来たらいいな」じゃ済まさない

三日前の夜、副業へ行くため目覚めた直後に家族から急な報せがありました。
私が修繕に努める理由は三つあり、その一つが形を変える日です。
目的と役目を果たせたら書くかもしれません。

理由の一つが変わったものの、それは修繕を止める理由にはならず、
そして日延べされたわけでもないので私の使命は変わらない。

必ず最後まで、やり遂げなくては。

-*-*-*-
床鳴り原因を解決した際、少し計画変更が必要になりました。

───と云うのは、根太の固定位置を半分くらい確認できたからです。
これまでは多くが捨て貼りに隠されて見えませんでした。

広い部屋に敷く根太の長さが足りない時、当然ながら継ぎ足さねばならず、
角材を継ぎ足せば"継ぎ目"ができ、それが大引の上に来るよう継ぎます。
大引の上でないと、床板を踏んだ時に継ぎ目が破損するからです。

その大引の上で根太を継ぎ足す時、根太を一本ごとにずらします。
こうして同じ大引の上で継ぎ目が集中しないようにするわけですね。
20201224001.jpg
(水色の線が継ぎ目部分)

ずらさない場合は根太の継ぎ目が大引の上で揃います。
揃ってしまうと、根太の脆い部分が集中してしまうわけですが……。
これと同様のことが、先日のスペーサーがあった周囲にありました。

4本ある既存の根太が、同じ大引の上で継ぎ目を揃えていたのです。
20201224002.jpg

そして、これまでの計画では初期に新たな根太(1000mm)を加えており、
ここに第2段階の2000mm材が入ると、再び根太の終端が来てしまいます。
20201224003.jpg
(ピンクが第2段階後半の2000mm材)

追加する根太は"行き違い"で通すため継ぎ目は作らない工法です。
ただし床を踏めば根太の終端が僅かに浮くため、出来るだけ避けたい。
スペーサーで捨て貼りの裏面が傷んでいた箇所の近くでもあります。

そのため、左下の出入り口付近では既に1000mm材を仕込み終えましたが、
ここから2000mm材を始めることで、次の根太で4ヶ所の継ぎ目を通り過ぎます。
これなら「7つの継ぎ目」を避けることが出来る。
20201224004.jpg
(ピンクが第2段階前半、グリーンが今後の第3段階)

強度的にどうなのか? 神経質すぎるのか……でも気にしておく必要はあるかも。
図らずも、左下の出入り口付近は強度が必要以上に上がっています。
意味があるのか、やり過ぎなのかは分かりません。

慎重に行こう。

  1. 2020/12/24(木) 17:39:00|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<摩擦の悪魔 | ホーム | あたり>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://7hira.blog20.fc2.com/tb.php/3867-3423811d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

七片 藍

Author:七片 藍
フリーイラストレーター

当ブログについて
:本家[ether]
:mixi[499935]

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

絵:執筆情報 (67)
ソーシャルゲーム系 (28)
TCG系 (14)
書籍系 (18)
絵:個人作品 (14)
トップ等 (10)
聖域 (1)
悪魔 (1)
神威 (1)
ほか (1)
日常 (3792)
創作 (86)
DIY (246)
菜園 (627)
疑問 (3)
ゲーム (27)
スポーツ (2)
探しもの (8)
生物 (53)
未分類 (2)
修理 (9)

検索フォーム

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QR