第27緑化地区

フリーイラストレーター七片藍のブログ/第27緑化地区

懸案事項

第2段階は続行中、そして今日は長編です。

さて、数週間前から気になっていることがあります。
初期に根太を追加した出入り口付近……図では下から数えて3本のピンク色の根太。
20201219001.jpg

この上を歩くとギギッと鳴る───これを床鳴りと呼ぶそうで、
大引や根太が軋んで鳴る場合や、フローリングが原因の場合もあります。

フローリング材は、隣り合う側面に凹凸を作って接合しており、
これを"実(さね)"と呼び、これが軋(きし)む現象が「実鳴り」。
しかし実のあたりではなく捨て貼りの真ん中あたりで鳴る……これは?

私が根太を追加するまでは鳴っておらず、そして追加した辺りが鳴っている。
すると今回の床鳴りは、私が追加した根太が原因と考えるのが妥当です。
しかし、なぜ鳴るかが分からずにいました。

この部分は、既に何ヶ所か捨て貼りを固定しています。
捨て貼りの上から「追加した根太に向けて」木ネジを打ったため、
捨て貼りがガタガタずれることはないし、根太も動かないわけです。

しかし、今回の第2段階で2000mm材を仮設置してみた時、
両隣にある既存の根太との高さが合っていないと分かりました。
(グリーン部分が第2段階の2000mm材)
20201219002.jpg

初期に追加したピンクの根太は、私が「標準的な根太の高さは45mm」と思い、
さらに捨て貼りの下へ「挿し込むことが出来た」ので固定しました。
しかし、これが落とし穴だったようです。

根太が高ければ、当然ながら捨て貼りの下へ挿し込むことが出来ません。
たやすく根太を挿せる理由は2つ───根太の高さが合っている時。
または「根太が低い時」です。

両隣にある高さ?mmの根太と、私が追加した高さ45mmの根太。
この組み合わせで高さが合っていないなら、隣は「標準以上である」。
そして「追加した根太にだけ」木ネジで固定している。

その上を歩くとどうなるか?
20201219003.jpg

床(捨て貼り)の上を歩くと静止状態よりも僅かに沈みます。
木ネジで固定された箇所は動かず、木ネジを打たなかった箇所が動く。
この時、捨て貼りが引っ張られて赤い部分で強い摩擦が生じるはず。

木ネジによる固定から、さらなる変形(沈み)を強いられた状態。
これが床鳴りの原因となっているのでは……というのが私の見立て。
見えない箇所の話ですが、これが正解であって欲しい。

実際、隣の根太をノギスで測ってみると47mmという数値が出ました。
47mm───スペーサーを履かせたのか、50mm材から削り出したのか。
理屈の上では2mmの高低差があるわけですね。

皮肉にも昨日の記事に通じるところがあります。
これに対処するなら、追加した根太の下に厚さ2mmのスペーサーを挟むか、
あるいは根太と同じ長さで同様のスペーサーを上面全体に貼るか、です。

労力としては前者の「下駄を履かせる」ほうが楽ですが、
いずれにしても木ネジの固定を解除する必要があります。

はぁ……修繕を始めてから何度こうして溜め息が出たかな。

  1. 2020/12/19(土) 20:16:52|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<あたり | ホーム | 退屈しない>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://7hira.blog20.fc2.com/tb.php/3865-836d021e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

七片 藍

Author:七片 藍
フリーイラストレーター

当ブログについて
:本家[ether]
:mixi[499935]

カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

絵:執筆情報 (67)
ソーシャルゲーム系 (28)
TCG系 (14)
書籍系 (18)
絵:個人作品 (14)
トップ等 (10)
聖域 (1)
悪魔 (1)
神威 (1)
ほか (1)
日常 (3750)
創作 (86)
DIY (227)
菜園 (622)
疑問 (3)
ゲーム (27)
スポーツ (2)
探しもの (8)
生物 (51)
未分類 (2)
修理 (9)

検索フォーム

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QR