第27緑化地区

フリーイラストレーター七片藍のブログ/第27緑化地区

退屈しない

第2段階の続き。
前半は下図のピンク部分(2メートル材)で、後半はグリーン部分です。
20201218001.jpg

……が、ここで新たな事実が発覚しました。
グリーンに着手すべく、下図の範囲で捨て貼りを剥がすことになり、
手始めに赤い一枚を剥がしてみたところ───
20201218002.jpg

───「固定されていない根太(900mm)」が入っていました。
おそらく過去に床の凹みを直すため、部分的に仕込んだのでしょう。
使われている根太の高さは40mmくらい……隣の根太よりも低いものです。

45mmより低ければ、この900mmの根太は捨て貼りを支えられません。
足りない5mm分の隙間を埋めるべくスペーサーが挟まれており、
これはキッチン以外で使われたフローリングの化粧板を切り取ったもの。
20201218003.jpg
(ピンクがスペーサー、グリーンが900mmの根太)

……この面積だけで、そして根太の上に?
20201218004.jpg

これではスペーサーの面積分しか捨て貼りを支えていません。
"点"で支えることになるので荷重による負荷が集中します。
案の定、捨て貼りの裏面はボロボロに傷んでいました。

たしかに隣の根太(45mm)に揃えて「下から45mmを仕込む」のは大変。
先日の記事に書いた通り、捨て貼りに突き当たるからです。
20201215001.jpg

そこに40mmの低さ+900mmの長さなら……なんとか挿し込めます。
そしてスペーサーを挟んで高さを「底上げすれば」問題ない。

ただし、底上げであって嵩増し(かさまし)ではありません。
上述のとおり、この根太は900mm全体で捨て貼りを支えるので、
スペーサーは根太の下(底上げ)が良さそう。
20201218005.jpg

または、根太の上に挟むなら900mm全体が理想なのでしょう。
全体に挟むのは大変そうなので、やはり底上げが合理的か。

それとも、底上げは負荷の集中でスペーサーが短命なのか。
大引の幅(90mm)だけで根太を底上げするので、有り得る話です。

とは云え、この家は増築しているので色々と事情があったはず。
増築時の建付けに対応するため幾つも処置をしているようで、
床組みには楔(くさび)が散見されます。

さて、どう対処しようかな。
(昨日の湿度計は回収しました)

  1. 2020/12/18(金) 19:38:00|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<懸案事項 | ホーム | 「待ってくれー」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://7hira.blog20.fc2.com/tb.php/3864-858f3d49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

七片 藍

Author:七片 藍
フリーイラストレーター

当ブログについて
:本家[ether]
:mixi[499935]

カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

絵:執筆情報 (67)
ソーシャルゲーム系 (28)
TCG系 (14)
書籍系 (18)
絵:個人作品 (14)
トップ等 (10)
聖域 (1)
悪魔 (1)
神威 (1)
ほか (1)
日常 (3745)
創作 (86)
DIY (223)
菜園 (622)
疑問 (3)
ゲーム (27)
スポーツ (2)
探しもの (8)
生物 (51)
未分類 (2)
修理 (9)

検索フォーム

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QR