第27緑化地区

フリーイラストレーター七片藍のブログ/第27緑化地区

机上の空論では

昨日は(12/03の記事で云うところの)第2段階に着手しました。
そこで判明したことは「少しは自分の勘を信じていいかも」ということ。

以前、大引に載せる根太の両端について書いています。
太さ100mmの大引から、次の大引へと橋を架けるように渡すのが根太。

その両端を50mmずつ載せて次々に根太を架ける「直線」方式か、
または100mmの幅を最大限に活用する「行き違い」方式か。
その連結方法が課題でした。

20201207001.jpg

図の上半分のように、前者は50mmずつ載せるため大引の幅を半分ずつ使います。
両端は釘で固定されており、キッチンの橋から端まで一直線に通ります。
根太と根太は300mmの間隔があり、体重などの負荷は左右(水色部分)で均等です。

ところが後者(図の下半分)の「行き違い」は大引の100mmを使える反面、
根太間の真ん中を通ることはできず、次の連結点で入れ替わり、
結果として負荷を支える床の面積は、大引きをまたぐと変化します。

実際の施工では、この「根太の連結」をどうしているのか不明でした。
しかし、ようやく昨日の作業で直線方式であることが分かります。
そして問題が生じていました。

20201207002.jpg

根太を直線で継いだ場合、隣からの垂直負荷によって根太が引っ張られ、
結果として、大引を中央から引き裂いたような亀裂が走っていました。

この亀裂が走っていたのはシンク前です。
キッチンの中央に比べ、洗い片付けや料理で立つことが多いため、
長時間の負荷が蓄積したのでは……というのが私の見立て。

今回の修繕は、300mmある既存の間隔に新たな根太を追加することです。
よって根太は直線にする必要はなく「行き違い」でも問題なさそう。
大引を両側から挟むような引き締め効果を期待します。

20201207003.jpg

さらに構造用合板も敷くので荷重も分散され、
それほど負荷はなく、恐らく大丈夫なのでは……と。

───なんて、格好よく行けばいいのですが。

  1. 2020/12/07(月) 23:59:00|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2番底 | ホーム | まだ使うけど>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://7hira.blog20.fc2.com/tb.php/3853-ce04f137
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

七片 藍

Author:七片 藍
フリーイラストレーター

当ブログについて
:本家[ether]
:mixi[499935]

カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

絵:執筆情報 (67)
ソーシャルゲーム系 (28)
TCG系 (14)
書籍系 (18)
絵:個人作品 (14)
トップ等 (10)
聖域 (1)
悪魔 (1)
神威 (1)
ほか (1)
日常 (3750)
創作 (86)
DIY (227)
菜園 (622)
疑問 (3)
ゲーム (27)
スポーツ (2)
探しもの (8)
生物 (51)
未分類 (2)
修理 (9)

検索フォーム

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QR