第27緑化地区

フリーイラストレーター七片藍のブログ/第27緑化地区

RGB: 145, 141, 64

葉桜になって花も僅かとなり、少し前の花見を思い出す時期です。
午前中に実家へ行き、母の作業を手伝って歩き回った時、
裏山の方を見て云いました。

「今日はウグイスが鳴いてないねぇ」
「んー……」
「ウグイスって何であんな色なのかね」
「え? だってウグイス色とか・・・・・・」
「それがそうじゃないのよ! 調べてみなさい」
 
この「調べてみなさい」は、母の口癖のようなものです。
母も祖父から「辞書を引け」を云われて育ったらしく、その影響でしょうか。
私は卒業祝いに祖父から広辞苑をもらって以来、くたびれるまで使い古し、
手になじんでパッと調べられるのが面白くて、長らく重宝しました。

やがてパソコンを使うようになってからは「調べる」という姿勢が強くなり、
気になることはすぐに検索するなりして、仕事や生活に役立てています。
形態を変えても、祖父の姿勢は受け継がれたと云って良さそうです。

さて、ウグイス色について調べると、なるほど本当に違いました。
一般に「鶯色(うぐいすいろ)」とされるのはメジロの羽色で、
ウグイスの体色は、実際には赤味のある「鶯茶」色だとか。
(メジロはその名の通り、目のまわりが白いです)

鶯色がメジロの体色と混同された原因ははっきりしないようですが、
江戸時代の女性の着物は、いわば正確に「鶯茶」として流行したとか。
当時でも明確に分かれていたなら、誤用は後世によるものらしいです。

私も長いこと誤解していましたが、ウグイスとメジロを混同していたと云うより、

・ウグイスの色は鶯色(メジロと混同)
・メジロの色はメジロの色(これは正確)
・しかし両者の色は同じではない

───と云うように、
同じ色を別の色として認識し、矛盾したまま記憶していました。
もはや両者には甚だ迷惑でしかなく、単なる誤解よりもややこしいです。

これからの人生で、あと幾つの誤用に気付き、修正するのでしょう。
「小賢しい」という言葉は私のためにあるような気がして来ました。
  1. 2011/04/18(月) 19:02:25|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ゆとりなし教育 | ホーム | 子供の感覚>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://7hira.blog20.fc2.com/tb.php/367-9a480a99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

七片 藍

Author:七片 藍
フリーイラストレーター

当ブログについて
:本家[ether]
:mixi[499935]

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリ

絵:執筆情報 (63)
ソーシャルゲーム系 (28)
TCG系 (14)
書籍系 (17)
絵:個人作品 (14)
トップ等 (10)
聖域 (1)
悪魔 (1)
神威 (1)
ほか (1)
日常 (3425)
創作 (85)
DIY (100)
菜園 (589)
疑問 (3)
ゲーム (27)
スポーツ (2)
探しもの (6)
生物 (49)
未分類 (2)
修理 (8)

検索フォーム

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QR