第27緑化地区

フリーイラストレーター七片藍のブログ/第27緑化地区

人を変えるのは難しいから

先日の副業先で起きたことを、直属の上司に伝えました。
上司を含め、正社員が出勤する前の出来事となってしまうため、
こうした相談は事後報告になり、事後ゆえに伝えない限り伝わりません。

「───で、僕にどうしろと……という話」
「なら七片さんと変わってもらうか?! 本人にやってもらえばいい!」

私の話を聞いていて、怒りが沸いてきた様子。
ちなみに上司とは一歳しか離れていないため、軽口も叩きます。

そう、「私(七片)でないと困る」のはリフト作業のみであって、
主たる業務に「ほかの誰かが担当してはいけない理由」がない。

よってリフト運転さえ除けば、あの"お局"が私の仕事を担当しても良いはず。
上司の命令であれば従わざるを得ないし、特殊技能は必要ありません。

しかし年齢的に無理があるのは事実で、露骨な意趣返しの形をとります。
それは私も望まないし、さりとて現状では私の負担が多すぎるのも事実。
そこで提案をしました。

「で、僕を今の持ち場から異動させるべきだと思う」
「んぁ?」
「だって今の持ち場ってリフトマンが2人でしょ」

リフトマンがリフトに乗ると、現場では一人分の欠員となります。

A~Dの持ち場の中で、リフトマンが常駐するのはA・C・Dの3ヵ所。
つまり、忙しさに変動がある中で欠員が生じるのも3ヵ所。
B現場だけリフトマンが居らず、応分負担とは云えません。

ただし、D現場のリフトマンが出勤するのは週末だけ。
週末は作業量も少なく、ほぼ負担がないと認識してよいでしょう。

よって、B・D現場のどちらかに異動すれば常駐が均等配置となります。
私の持ち場は、誰か新人を寄越すか現状スタッフで維持してもらえばいい。

お局が、私の負担を軽んじているならば。

「ふぅむ……」
「前にも店長に相談したけど、また云おうと思う」

ただ、上司としては私に抜けられるのは困るようです。
きっちり仕事を終えて帰る私を手放したくはないのが本音。
だからこそカードたり得ますし、交渉の余地がある。

異動する良い機会があるとしたら、年明けかな。

  1. 2019/12/14(土) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「ここには    が、いらっしゃる」 | ホーム | 休む、とは>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://7hira.blog20.fc2.com/tb.php/3530-d5e6f53a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

七片 藍

Author:七片 藍
フリーイラストレーター

当ブログについて
:本家[ether]
:mixi[499935]

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリ

絵:執筆情報 (63)
ソーシャルゲーム系 (28)
TCG系 (14)
書籍系 (17)
絵:個人作品 (14)
トップ等 (10)
聖域 (1)
悪魔 (1)
神威 (1)
ほか (1)
日常 (3426)
創作 (85)
DIY (100)
菜園 (589)
疑問 (3)
ゲーム (27)
スポーツ (2)
探しもの (6)
生物 (49)
未分類 (2)
修理 (8)

検索フォーム

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QR