第27緑化地区

フリーイラストレーター七片藍のブログ/第27緑化地区

仕事の後に弟の仕事を手伝いに行ってクタクタになりましたが、
奢りの昼食で食べたニンニク炒飯が美味しかったです。

弟の職場は地元から離れた田舎っぽい町にあり、
11/02の記事にも書いたとおり現在は営業していない商店街も近く、
そうした店の名残には、小さな元自営スーパーなども多く含まれます。

昭和中期から後期にかけて人々の胃袋を満たし続けた重要な役割は、
今となっては大手スーパーとの価格競争や品揃えの豊富さに追いやられ、
ごく近隣の常連だけが通う細々とした店が、一つ二つと残っている程度。

庶民が毎日の食卓を維持する上で大手スーパーの存在は欠かせませんが、
さりとて個人商店が全てなくなってしまうのは、やはり寂しい感じです。
「ないものねだり」というやつでしょう。

朽ちるに任せたトタン張り、打ちっ放しの粗いコンクリート。
豊かで便利になっていく世間の傍らで人知れず年を刻む彼らの姿は、
物言わぬ老人が孤独の中で闇に溶けるような、そんな怖さすらあります。

これが心に引っかかってしまうと、どうしても時々見たくなるのです。
「あぁ、まだあった」と安心したい心理というものなのか。

「自分が生きている限り『きっと無くならない』と思い込んでいるもの」

そういうものって多いと思います。
人であったり場所であったり、あるいは文化そのものかも知れませんが、
気泡もないほど密着しすぎていて、今や無意識か妄信となっているもの。

そろそろ私の人生で「そういうもの」が目に見えて数を増やし、
閑散とした一画に心の一部がへばり付くようになったらしいです。

これは物事の移り変わりであって、何も不思議ではないと分かっていも、
知らない町の初めて見た町角にも、へばり付いて残ってしまいます。
そして訳もなく何度も見つめてしまう。

いっそ新しいものが入り込んで華やいでほしいような、
そのまま何も変わらずにいてほしいような。

こんなことを考えるのは、甘ったれということなのかなぁ。

  1. 2017/12/30(土) 21:48:49|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<20171231 | ホーム | オイル風呂に入ろう>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://7hira.blog20.fc2.com/tb.php/2830-6312a819
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

七片 藍

Author:七片 藍
フリーイラストレーター

当ブログについて
:本家[ether]
:mixi[499935]

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

絵:執筆情報 (63)
ソーシャルゲーム系 (28)
TCG系 (14)
書籍系 (17)
絵:個人作品 (14)
トップ等 (10)
聖域 (1)
悪魔 (1)
神威 (1)
ほか (1)
日常 (3329)
創作 (85)
DIY (94)
菜園 (580)
疑問 (3)
ゲーム (27)
スポーツ (2)
探しもの (6)
生物 (49)
未分類 (2)
修理 (8)

検索フォーム

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QR