人目を欺くさえずり

何度目かのイチゴ収穫で、以前から気になっていた食害について観察すると、
多くは私が畑へ出る時間帯の前から被害に遭ったとして、それは早朝です。

食害されたイチゴは、大抵が1個の半分以下をかじり取っただけのもの。
傷み始めると食害部分から水分が蒸発し、瑞々しさが失われます。
これまで、この状態を見て判断していたのですが……どうも違う。

───と云うのは、たまたま「やられたばかり」のイチゴを見つけ、
まだ新しい食害部分を見ると、すり鉢状の中心は鋭くえぐれていました。
かじったと云うより、尖ったもので突付いた感じ。

ちょっと前から「もしかして」と思ったとおり、やはり鳥と見られます。
ネズミは人が行き交う通路や明るい場所を避けますから、午前中は冒険しない。
とすれば、朝から活動的なスズメなどのほうが有り得そう。

食害する量についても決して多くはなく、大半を残しています。
鳥は体重が大きく変化するような食事はしないでしょうし、
水分と糖分が多く、消化しづらい固形物が少ないイチゴは……。

来年からはイチゴ用地にまで防除ネットが必要になるのかな。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

七片 藍

Author:七片 藍
フリーイラストレーター

当ブログについて
:本家[ether]
:mixi[499935]

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QR