第27緑化地区

フリーイラストレーター七片藍のブログ/第27緑化地区

日課の苦労

年末年始と方々へ忙しかったせいか、家族に体調不良が多いです。
熱が出ない症状に傾いており、頭痛や喉、倦怠感が著しい様子。
家族にはラーメンを作って上げました。

母に代わって実家のキッチンに立つことも増えましたが、
家族分の健康状態を考えた上では、つくづく毎日の献立が悩みの種であり、
毎日の食卓担当を課せられた主婦(あるいは主夫)の苦労は大きいと思います。
私なら一年と経たずに投げているはず。
 
料理に対してちょっとした面白味や創意工夫を込められるのは、
それが個人の趣味であること以外に「毎日ではないから」という点も大きく、
ここに義務や責任が伴うと、もう頭をもたげるほどに重圧です。
出来ることなら、こんなことから解放されたい。

自分の親を含め、近所にも世界にも「料理を作る親」は無数に存在し、
それぞれが考えあぐねて毎日の献立をひねり出していると思うと、
そのエネルギーだけで発電できてしまえそうな感じさえします。
家族に偏食がいれば尚のことです。

私が実家で担当しているのは、ラーメン、お好み焼き、チャーハン、焼きそば。
どれも煮込みの過程がなく短時間で作ることの出来る料理ですが、
私はこれらを必ず一品ずつ作り、適当に順番を決めて出しています。

「出来たてが美味しい」という他に、何より個人の好みに合わせた結果で、
例えば妹はメンマが苦手、母は野菜が多め、逆に弟は少なめ、父は醤油ラーメンのみ。
一口にラーメンと云っても好き嫌いが様々です。

ところが家族全員を支える食卓ともなると、色々と事情が違います。
手のかかる子供(家庭よってはそれが数人)、朝早く出勤する夫(あるいは妻)。
それぞれに間に合わせると、とにかく自分がゆっくり食事をする時間さえない。
ここに食べ物の好き嫌いが入ろうものなら───

「黙って食え!」

───くらいの暴言も許される気がします。
私は「好き嫌いがあるのは恥ずかしいこと」と教えられたせいか、
母の次に好き嫌いが少なく、お弁当も米粒ひとつ残さず食べて帰る子供でした。
しかし家族全員がそうなら問題ないものの、現実はそうも行かないわけです。

食べ始める時間、食べ終わる時間、好き嫌い、栄養バランス、
嫌いなものを食べさせる方法、残り物の管理、足りない食材の補給、
そしてそれらを事前に用意しておく計算高さ。

もう沢山、勘弁してくれ。
こんなこと子供が自立するまで続けるなんて、愛にも限界がある。
そこを親としての義務や責任感でカバーしきるなんて。

こうして列挙するから実行する前に諦めてしまうのかも知れませんが、
それにしたって大変ですし、せめて何か少しは協力する姿勢があってもいい。
「不味い」の一言で済ませず、どうすれば美味しくなるかの参加があってもいい。

知り合いに頂いたダシ巻き卵が、冷めても美味しく食べられる逸品でした。
この人は商売柄、多人数の食事を任される立場にあったそうです。
納得させられると同時に学ぶことが多い。

そこにあるのは、「誰かのために」という姿勢かも知れません。
必要とされるもの以外に、何かひとつ、あやふやでも心を込めてみる。

元旦に掲げた、今年の抱負に繋がることだと思いました。
  1. 2011/01/05(水) 23:28:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<これも仕事 | ホーム | 丸くても丸くなくても>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://7hira.blog20.fc2.com/tb.php/252-65a666bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

七片 藍

Author:七片 藍
フリーイラストレーター

当ブログについて
:本家[ether]
:mixi[499935]

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリ

絵:執筆情報 (63)
ソーシャルゲーム系 (28)
TCG系 (14)
書籍系 (17)
絵:個人作品 (14)
トップ等 (10)
聖域 (1)
悪魔 (1)
神威 (1)
ほか (1)
日常 (3430)
創作 (85)
DIY (100)
菜園 (590)
疑問 (3)
ゲーム (27)
スポーツ (2)
探しもの (6)
生物 (49)
未分類 (2)
修理 (8)

検索フォーム

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QR