第27緑化地区

フリーイラストレーター七片藍のブログ/第27緑化地区

お助けマン

妹から電話が入り、母の誕生日が近いので買い物へ行くことになりました。
───が、私も母も用事があったので三人で出掛けることに。

用事を済ませた後、ガソリンを補給して家電店へ。
疲れていた母は一人で車内にて留守番することになったので、
母が休んでいるのを見て、私と妹は好機とばかりに買い物へ。

母に買ってあげるのはCDラジカセです。
今までにも買ってあげたことはありますが、すぐに壊れてしまったのと、
それなりに分かりやすい機器でないと、母は複雑な操作ができません。
普通にCDなりを聞けるものが丁度いい。

店内で悩むこと十数分、なんとか決めて車へ戻り、
眠っていた母を起こして手渡すと大喜びでした。
引越し前から聞きたかったCDが聞けず終いだったからです。

ではさっそく帰宅して……とエンジンをかけると、軽い音が続いて始動しない。

「……まさか」
「うそ……」

営業終了前に来たので、すでに駐車場でも「蛍の光」が聞こえます。

実家の車は、せいぜいが近場の移動なので充電が足りません。
前々から云われてはいましたが、長距離を走る用がないのです。
後輩の家は遠いし、弟はブースターケーブルを持っていません。
数分で駐車そのものが出来なくなるので───

「あいつに頼むか……平日なのになぁ」

───先日の日記にも書いた友人に連絡をとりました。
もうこんなケースで電話をかけるのも何度目なのか。

「悪い! それで[ピーピー]あぁ! 携帯の電池がない!」
「え、あ?」
「本当にすまん、来れるか?」
「分かった! 今すぐ出るから」

ギリギリ事情と居場所を説明し終えたので、彼に頼むことが出来ました。
しばらくして見慣れた車が駆けつけます。
JAFより早い。

「すまん!」
「いやいや、いいよ」
「本当にすいません……」
「いえいえ、とんでもないです」

妹と母も車から出て来て平謝り……こうして助けられるのも数度目です。
手早くジャンプを済ませてエンジンを動し、買っておいたコーヒーを手渡しました。

「サンキュ、携帯は?」
「あぁ、電池が切れて使えないけど、妹が持ってるしどうにでもなる」
「またエンストしたら、すぐ電話してよ」

平日にフォロー付きで動いてくれる人間なんて、そうそう居ません。
彼のこういうところに、私は迷惑をかけてばかりです。
母を先に送り届け、その後は妹と走行距離を稼いできました。

近い内に埋め合わせをしなくては。
  1. 2010/12/21(火) 23:47:13|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<想い出の共有 | ホーム | 刷ったら(お金を)擦る>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://7hira.blog20.fc2.com/tb.php/236-1ef180d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

七片 藍

Author:七片 藍
フリーイラストレーター

当ブログについて
:本家[ether]
:mixi[499935]

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリ

絵:執筆情報 (63)
ソーシャルゲーム系 (28)
TCG系 (14)
書籍系 (17)
絵:個人作品 (14)
トップ等 (10)
聖域 (1)
悪魔 (1)
神威 (1)
ほか (1)
日常 (3430)
創作 (85)
DIY (100)
菜園 (590)
疑問 (3)
ゲーム (27)
スポーツ (2)
探しもの (6)
生物 (49)
未分類 (2)
修理 (8)

検索フォーム

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QR