第27緑化地区

フリーイラストレーター七片藍のブログ/第27緑化地区

拒否を拒否する記憶

知人のお墓参りに行く道すがら、墓地が中学時代の学習塾の付近にあるためか、
塾に関することが思い出され、その記憶について考えていました。

小学生時代、私は絵画塾に通っていたことがあります。
親の勧めで通うことになったものの、指導らしい指導はなく、
好き勝手に描いていた記憶しかありませんが、これは親の都合でやめています。

中学生時代には、数学と英語の塾に通わされました。
それで成績が向上することはなく、何も楽しい思い出などありません。
期間そのものは絵画塾よりも長かったように思いますが……どうだったのか。

こうして私は学生時代に3種類の塾に通ったことになり、
これは現代に比べて少ないのかも知れませんが、
どの塾についても、「最後に通った日」のことは何一つ憶えていない。

「嫌で嫌で仕方なくてねぇ」
「でも、あんた文句なんて一度も云わなかったわね」
「そういえば云ったことなかったな」

墓参りを終えた後の車内で、母とそんな風に話していました。
本人の意志が伴わない教育は記憶から抜け落ちるものらしいです。

それはそうと嫌な記憶は残っているもので、
上記の数学塾に通っていた時、冬場に自転車で通っていたこともあり、
塾に到着してすぐにトイレへ行くことが多かったのですが、

「家にトイレが無いんじゃないの?」

───と、クスクス笑いながら話していた女子生徒らが居ました。
彼女らは例外なく親の車で送迎され、寒空を数十分かけて通う必要もない。

未だに誰(近所の子)が云ったか覚えているくらい胸糞の悪い記憶。
子供って本当に下らないことで他人を貶めます。

不思議なのは、そうした嫌な記憶にも種類があって、
通うことが嫌で仕方なかった塾での「学習」は記憶できていないのに、
「行くのが嫌だった」ということだけを記憶していることです。

どうせなら両方とも憶えてくれると助かるのに。
それとも、その学習が「嫌な記憶」としては情報量が多すぎるのか。

「でも、あんた文句なんて一度も云わなかったわね」

本当に何も云わなかったのか。
事実なら、当時の私はずいぶんと苦い顔をして過ごしていたのでしょうね。
  1. 2010/12/17(金) 20:51:38|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ふんわり | ホーム | 幸ウン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://7hira.blog20.fc2.com/tb.php/232-b58d2955
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

七片 藍

Author:七片 藍
フリーイラストレーター

当ブログについて
:本家[ether]
:mixi[499935]

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

絵:執筆情報 (67)
ソーシャルゲーム系 (28)
TCG系 (14)
書籍系 (18)
絵:個人作品 (14)
トップ等 (10)
聖域 (1)
悪魔 (1)
神威 (1)
ほか (1)
日常 (3634)
創作 (86)
DIY (161)
菜園 (615)
疑問 (3)
ゲーム (27)
スポーツ (2)
探しもの (6)
生物 (51)
未分類 (2)
修理 (8)

検索フォーム

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QR