第27緑化地区

フリーイラストレーター七片藍のブログ/第27緑化地区

財布と鈴と保険証

一週間前に出先で財布を落とし、運良く拾って頂けた母でしたが、
実は数日前にも財布を紛失し、今度は本当に見つかりませんでした。
公共料金を払いに行く前日だったので、数万円が入っています。

この上、保険証も入っていたのです。
あれほど重要カード類は別にまとめろと云ったのに……。
ここ数日は母が塞ぎ込んでいました。

なにしろこの革財布は、弟のレザークラフトによる手作りでした。
一度に失った品目が多すぎる。
 
もちろん私と妹も協力して探したものの、一向に発見できず。
知り合いに「財布を落としちゃった」と漏らしたことから、
母の心当たりがある場所まで車を出したくれたほどでした。
つくづく支援者に恵まれる人です。

「これはきっと何かの罰だわ……誰かに不義理をしてるとか・・・・・・」
「……う~ん、どっかにあるとは思うけど」

市役所に保険証の一時停止、派出所に遺失物届け……と大騒ぎ。

こうして「財布をなくした!」と騒ぐ時、大抵は2日と経たずに見つかり、
殆どが自宅内で発見されるため、私は「いずれ出てくる」と思っていましたが、
なかなか見つからないので、いよいよ軽口も叩けなくなります。

鍵と携帯電話は繋いであるため、これらを紛失することはなくなりました。
しかしこれに財布を繋ぐとなると……どれを使うにも不便です。

「もう今度から財布に鈴でも付けなさい、落としたら音で気付くし」
「そうね……」

市役所へ保険証の紛失届けを出そうにも、母は免許に代わる身分証がない。
納税証明書でも良いのですが、世帯主である父の名義ばかりです。

それから数日後。
年金書類を身分証代わりに、市役所へ保険証の再発行手続きをしに行く矢先、
私は支度をしている母より先に車の中で待っていました。
そこで、本当に「なんとなく」思い立ったのです。

[車の中は僕も母さんも散々調べたよな……まぁもう一回調べてみるか]

私が助手席のシート下を覗き込んだ時、ちょうど母が駐車場へ来て、
母がドアを開けた瞬間のこと───

「あぁぁーーー!」
「え?! もしかして有った?」

私の大声に、母は何事であるかを察したようでした。

「あったーーー!」
「ひゃあーーー!」

車内で落とし、それを踵(かかと)で小突いたのでしょう。
シート下の奥で、引っ掛かるように黒いシルエットがありました。
前に調べたのは夜だったから、あの時は二人とも気付かなかった。

「良かったわぁ~」
「うおぉー! キエーッ! ガゥーッ!!」

真昼間の車内で奇声を発したのは私のほうです。
弟が作った財布、大金、保険証が一気に元通り。
その後、鈴を買いに行ったのは云うまでもありません。

それから数時間後、母は知り合いからショルダーバッグを頂きました。
事情を知っていらしたので、「これなら大丈夫!」と云うことらしいです。
もう財布をそのまま持って行動することはしないでしょう。

と云うか、しないで下さい。
  1. 2010/12/14(火) 22:41:37|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<知識の改装 | ホーム | 回復中>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://7hira.blog20.fc2.com/tb.php/229-681e65af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

七片 藍

Author:七片 藍
フリーイラストレーター

当ブログについて
:本家[ether]
:mixi[499935]

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリ

絵:執筆情報 (63)
ソーシャルゲーム系 (28)
TCG系 (14)
書籍系 (17)
絵:個人作品 (14)
トップ等 (10)
聖域 (1)
悪魔 (1)
神威 (1)
ほか (1)
日常 (3431)
創作 (85)
DIY (100)
菜園 (590)
疑問 (3)
ゲーム (27)
スポーツ (2)
探しもの (6)
生物 (49)
未分類 (2)
修理 (8)

検索フォーム

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QR