第27緑化地区

フリーイラストレーター七片藍のブログ/第27緑化地区

作られた記憶の安全性

温めた牛乳を飲むことで安眠でき、いくらか疲労回復が促進されました。
8時間の睡眠で長い夢を見て、一つ不思議に思ったことがあります。
夢の中に出てくる自分の部屋(あるいは家)です。

今日の夢では、広い玄関の外で孫を連れた老人が私をなじる内容でした。
これが誰かは分かりませんし、それ自体はどうでもいいことなのですが、
南向きの窓かと見紛うほど、玄関戸のガラスが透明でした。

これまで、私は夢の中で何度か「知らない家」に住んでいる設定を経験しています。
間取りや作りは色々で、現状では一生かけても住めないような豪邸だったり、
ちょっと頑張れば借家でもありそうな平屋建てもあって、一貫しないようです。

私は人様の家に上がることが少ないため、その間取りを憶えていようはずもなく、
ましてその物件が"自宅"であると認識させるほど長居したことはありません。
旅先で宿泊するより自宅の方が落ち着いて眠れるというのに。

よって住んだこともない家を自宅だと思えるのは夢独自の作用だと考えます。
これは、なぜなのでしょう。

夢の中であっても、受け入れがたい内容は拒否しているように思えます。
化け物に襲われれば逃げるし、可能であれば戦うし、無理と分かってから諦める。
ところが安息をもたらす自宅となると、設定次第で何でも容易く受け入れてしまう。

思うに頭脳は「ここなら大丈夫」という絶対的な安息の地を設けることで、
夢の効き目が過剰であった時の負担を軽くしているのではないでしょうか。
それは強烈な催眠効果なので、長年を過ごした自宅であるかのように錯覚する……。
あるいは、私が「そう思いたいから」こそ自宅を安全地帯に設定するのか。

いずれにせよ、老人に罵られた私は早々に"幻の自室"へ引っ込むのでした。
  1. 2014/06/25(水) 23:59:59|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<約束のない約束 | ホーム | 黄色ランプ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://7hira.blog20.fc2.com/tb.php/1528-3d207422
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

七片 藍

Author:七片 藍
フリーイラストレーター

当ブログについて
:本家[ether]
:mixi[499935]

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

絵:執筆情報 (63)
ソーシャルゲーム系 (28)
TCG系 (14)
書籍系 (17)
絵:個人作品 (14)
トップ等 (10)
聖域 (1)
悪魔 (1)
神威 (1)
ほか (1)
日常 (3334)
創作 (85)
DIY (94)
菜園 (580)
疑問 (3)
ゲーム (27)
スポーツ (2)
探しもの (6)
生物 (49)
未分類 (2)
修理 (8)

検索フォーム

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QR