第27緑化地区

フリーイラストレーター七片藍のブログ/第27緑化地区

楽しさ年齢別

母の用事で車を走らせ、目的地に着いたものの定休日。
そこから帰宅するまでの間、ちょっと遠回りで走ってみました。

私の高校時代は、自転車→電車→徒歩と可能な移動手段を全て使った学生時代で、
車で通ったのは、自宅から自転車で3年間を走った道です。

地元よりも更に田舎っぽく、昔はだだっ広い田畑が続いていましたが、
それでも何年か経つと売却が進むのか、見たこともない建物がちらほら。
土と植物の匂いがしていた道が、ちょっと無味乾燥な感じを出しています。

登校時はひたすら向かい風で、今なら息が上がってしまうほどでした。
逆に下校時は風がなく快適でも、級友とは駅で別れてしまうため、
とくに何もない道を、ただただ呆けたようにペダルを漕ぐ毎日。
校舎を出てから帰宅するまでは正味1時間。

方角によっては田畑の向こうまで数百メートルあるため、
遠く臨む建物は小さく見え、距離を感じるには嫌味なくらい。
夏の暑さと冬の寒さを助長するには、これ以上ないほどの味付けです。

学校の登下校時に見続ける景色は、特殊だと思います。
楽しさを求める学生時代において、刺激も変化もない退屈な景色は、
むしろ嫌ってしまいそうなものなのに、学生時代が終わると懐かしい。
取りも直さず、価値を見出すには時間がかかると云うことでしょうか。

学生時代を思い出すにつけ、大人になってしまった今こそ、
「また学校に通ってみたい」と感じるようになりました。
それは英会話学校に通うとか習い事を始めるというわけでなく、
普通に、黒板を背にした教師に教えを乞いたいという気持ちです。

とは云え、自動車免許やその他の技能免許を取得するたび、
その学科時間の(主に睡魔との戦いによる)辛さは凄まじいものがあり、
よくも10年以上「授業」を受けられたものだと感じるのも事実です。

してみると、単純に懐かしさだけで「また通ってみたい」と思うのか。
運動不足気味ですし、そんなことを考えながら通学路を歩くのも良さそう。

仕事が終わったら、ペットボトル片手に出掛けてみようと思います。
  1. 2010/09/29(水) 23:54:05|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<親子 | ホーム | 168時間>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://7hira.blog20.fc2.com/tb.php/150-df9f5ff8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

七片 藍

Author:七片 藍
フリーイラストレーター

当ブログについて
:本家[ether]
:mixi[499935]

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

絵:執筆情報 (63)
ソーシャルゲーム系 (28)
TCG系 (14)
書籍系 (17)
絵:個人作品 (14)
トップ等 (10)
聖域 (1)
悪魔 (1)
神威 (1)
ほか (1)
日常 (3329)
創作 (85)
DIY (94)
菜園 (580)
疑問 (3)
ゲーム (27)
スポーツ (2)
探しもの (6)
生物 (49)
未分類 (2)
修理 (8)

検索フォーム

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QR