第27緑化地区

フリーイラストレーター七片藍のブログ/第27緑化地区

他人のための自分

眠ってもなかなか疲れが取れません。
気になっていること(仕事)がある限り、これは解消できないのかも。
これは「お休み前のホットミルク」を復活させた方が良さそうです。


いわゆる会社勤めでない仕事に就き、異なる時間帯に活動していると、
それまでは知らなかった「周囲(他人)の仕事」というものについて、
「なるほど、そうなっていたのか」と思うことが多くなります。

特に何がというわけではありませんが、
例えば街路樹が剪定されていたりとか、商店の入荷時間だったりとか、
書き入れ時でない昼間の飲食店だとか、そういったことです。

自分が会社という建物の中で仕事をしている間、
「見たことない・知らない・興味がない」まま通り過ぎるものは多く、
どうかすると一生の間、ずっと誤解したままでいることも多いことでしょう。

私も母も自営業の部類に入るわけですが、
この、なかば無理やりに「自営業」と大別された職業に就いている身でさえ、
周囲からは、

「いいねぇ、儲かってるんでしょ?」

───という、世辞にも取れないような言葉をもらいます。

その言葉で気分を害することこそないものの、
それを自分に置き換えると、果たして違うとは云えなくなります。

どこまで行っても、他人の仕事は他人の仕事であり、
深く知ろうとすることもなければ、知ったところでどうするわけでもなく、
どこかで「そういうものだ」と落着させて、ひとまずそれを良しとする。
そうでなくては自分の仕事が疎かになるからです。

自分の仕事の、どの部分が「他人に見えている」のか。

楽なところ、苦しいところ、面倒なところ、色々あるとは思いますが、
それらのどれが他人にとって納得の行き、見てもらうものであるのか、
それは仕事の本分とは無関係なので、従事している当人でさえ決められない。

してみると、人間は基本的に他者を軽視するように出来ているのかも知れません。
それが良いか悪いかは別にして、他人と比較して自身の苦労に重きを起き、
そうすることで自分の仕事を重要・正当化していくうちに、
突合せて商売というものが成り立つ。

私も苦労しています。
とりあえず今、「このポーズは別の意味にも解釈できる」という点について、
OKをもらったラフを自主修正するかどうか、迫った〆切を前に悩んでいます。

直してもいいけど、次に控えた仕事も疎かにするわけには行きません。
そしてそれは「他人に見えていない」ところですが───

───朝からヒゲも剃らずに仕事をしているところは、見られなくていいや。
  1. 2010/09/21(火) 23:55:29|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「仲間が居ると聞いて」 | ホーム | 今と昔>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://7hira.blog20.fc2.com/tb.php/142-70f63aa4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

七片 藍

Author:七片 藍
フリーイラストレーター

当ブログについて
:本家[ether]
:mixi[499935]

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

絵:執筆情報 (63)
ソーシャルゲーム系 (28)
TCG系 (14)
書籍系 (17)
絵:個人作品 (14)
トップ等 (10)
聖域 (1)
悪魔 (1)
神威 (1)
ほか (1)
日常 (3334)
創作 (85)
DIY (94)
菜園 (580)
疑問 (3)
ゲーム (27)
スポーツ (2)
探しもの (6)
生物 (49)
未分類 (2)
修理 (8)

検索フォーム

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QR