第27緑化地区

フリーイラストレーター七片藍のブログ/第27緑化地区

今と昔

妹が手巻き用の大きな盛り合わせを買って来たので、
母が茶碗蒸しを作り、好物ばかりの夕食を頂いてきました。
刺身と茶碗蒸は、私を黙らせる食べ物です。

「さて、銀杏は入ってるかな……」
「どうかしらねぇ」

私は銀杏入りの茶碗蒸しが好きで、入っていないものは-20点くらい。


「入ってる、うひょー」
「あんたがそんなに茶碗蒸が好きだなんて知らなかったわ」

茶碗蒸しの具材は土地によって違いがあるそうですが、
美味しいと思い始めた頃には、すでに銀杏なしが不満に感じるほどでした。
シイタケに抵抗がなくなったのと同時期くらいかも知れません。

手巻き寿司は、とくに私が独り暮らしをする前の実家ではよく作りましたが、
妹はワサビが味わえず、ツナマヨばかりを食べた記憶があるとか。

「そうか、お前ワサビがダメだったもんな」
「今は平気だもんね」

ある時期から、嫌いだった食べ物を好きになることはあります。
私も、父が好んで食べていた粕漬けの魚は匂いが苦手だったのですが、
つい何年か前から、なんとも云えない味わいがあることに気付きました。
煮魚が美味しいと感じ始めたのも、同じ頃です。

嫌い・苦手・美味しいと思えない……と云う食べ物は、
自然に食べる機会が減り、どうかすると全く口にしなくなりますが、
それらが美味しいと感じるまで、味覚には何が起こっているのでしょう。
慣れや順応とは、ちょっと違うような気もします。

ちょっと前に、

「『昔は食べられなかったもの』を食べて美味しいと感じるのは、
 『ようやく食べられるようになった』という達成感が関わっていて、
 達成したことによる快感みたいなものが味わいになっている」

───という説を聞いたことがあります。
なるほど、たしかにワサビが苦手だった頃の抵抗は大きいですし、
それを乗り越えたとなれば、味わいもひとしおと云えそうです。

昨日は妹が私の大好きな唐揚げを作り、これも美味しく頂きました。
遊びに来ていた後輩にも作ったところ、彼も満足だったようです。

ただ、好物続きは嬉しいけど太りそう。
何かを達成すると痩せるものって、ありませんかね。

分かってはいるけど、「ない」ってことにして欲しい。
  1. 2010/09/20(月) 23:55:23|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<他人のための自分 | ホーム | 主人公は黒猫にしました。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://7hira.blog20.fc2.com/tb.php/141-41748bcb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

七片 藍

Author:七片 藍
フリーイラストレーター

当ブログについて
:本家[ether]
:mixi[499935]

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

絵:執筆情報 (63)
ソーシャルゲーム系 (28)
TCG系 (14)
書籍系 (17)
絵:個人作品 (14)
トップ等 (10)
聖域 (1)
悪魔 (1)
神威 (1)
ほか (1)
日常 (3461)
創作 (85)
DIY (101)
菜園 (598)
疑問 (3)
ゲーム (27)
スポーツ (2)
探しもの (6)
生物 (49)
未分類 (2)
修理 (8)

検索フォーム

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QR