第27緑化地区

フリーイラストレーター七片藍のブログ/第27緑化地区

ノスタルジー300円

昨日の草刈りで二の腕が筋肉痛です。

母の仕事場の複合機がインク切れになったため、
今日はインクカートリッジを買いに行きました。

その帰りに、年に数度ほど訪れる中古雑貨店へ行きました。

私が学生時代の通学路で見つけた、個人営業の小さなお店です。
ここで中古のビデオデッキやスピーカーを買ったこともあったし、
知識がなかった頃は、原付のパンク修理を頼んだこともありました。

実際のところは「なんでも屋」で、物静かな小父さんが一人居るだけ。
私が初めて訪れた日にあった商品が、未だ売れずに残っていたりします。
店内の拡張も、ほんの少し増えたかどうかと云う程度です。

通り掛ったくらいでは、何のお店か分からない人のほうが多いのでしょう。
私達以外にお客が来ているのを、これまで2度見たかどうかというほど。
この緩やかな時間の流れが、20年近く経った今でもずっと変わらない。

名古屋という都市を構えながら、その周囲の地域ともなると田畑も多く、
中途半端な田舎臭さを残して、思い出したように大きなマンションが建ち、
古い家屋が並ぶ土地の中間に、申し訳程度のコンビニが出来たりすると、
骨董品に新品のボルトを付けるような、奇妙に軽い雰囲気を放ちます。

その中にあって、ずいぶん前から何も変わらないお店というのは、
町の業務所か市役所にあるような、昭和の記録テープを見ている感じです。
古臭いBGM、ノイズ交じりのナレーション、チラつく風景と字幕。

この日、父のために一人用のガラステーブル(300円)を買いました。
値段設定も当時と変わらず、自分が歳をとったことを忘れてしまいます。

自分の愛する家族や友人とか、故郷に帰れば自分を迎えてくれる親戚など、
「自分が生きている限り、ずっとそのままでいてくれる」と思ってしまう、
そういう「なくなることが考えられない」人や場所って、あると思います。
いつかパタンと閉じられると、その現実が何年も穴埋めできない。

このお店の舗装されていない駐車場は、
いつも車を乗り入れるたび、ボコボコと砂利が跳ねた音がします。
店主にとっては来客のチャイムみたいなものなのですが、
この場所からこの音が消える日、代わりにどんな場所になるのでしょう。

やはり考えられそうもありません。
  1. 2010/09/10(金) 21:08:03|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<猫科の犬派 | ホーム | 本当は朝がいい>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://7hira.blog20.fc2.com/tb.php/131-2cbf0c72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

七片 藍

Author:七片 藍
フリーイラストレーター

当ブログについて
:本家[ether]
:mixi[499935]

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリ

絵:執筆情報 (63)
ソーシャルゲーム系 (28)
TCG系 (14)
書籍系 (17)
絵:個人作品 (14)
トップ等 (10)
聖域 (1)
悪魔 (1)
神威 (1)
ほか (1)
日常 (3425)
創作 (85)
DIY (100)
菜園 (589)
疑問 (3)
ゲーム (27)
スポーツ (2)
探しもの (6)
生物 (49)
未分類 (2)
修理 (8)

検索フォーム

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QR