第27緑化地区

フリーイラストレーター七片藍のブログ/第27緑化地区

うまくやる

母と妹にラーメン、父に野菜炒めを作ってから帰りました。
土曜日は母の仕事が夜に及ぶため、夕食を作れないことが多いのです。

「親父には作っておいたから」
「だんだん手際が良くなって来たわねぇ」

些細な手間というものは、蓄積すると仕事を圧迫します。

仕事の蓄積は生活を圧迫し、圧迫された生活からは休息が失われます。
そして休息が失われると、人は病んでしまうのです。

私の母は、「母親業」の傍らで自営業をこなして来た人です。
両親は同じ仕事をしていましたが、父は老いてから引退しています。
母は技術レベルで父に敵わないことを自覚していますが、
追いつけないのは、母親としての仕事があったからだと私は考えます。

一つ事に重きを置き、そこに傾倒した生活ができるのは幸運です。
母は父から仕事を教わり、それを受け継いだようなものですが、
しばらくすると「お前にはもう何も教えん」と突き放されたとか。

母は実質的な子育ての全てをこなす傍ら、家計も握っています。
私が自分で仕事をこなすようになって、自分一人をめぐる様々な雑用と、
大きなプレッシャーを感じるにつけ、

「これにプラスして子育てなんて冗談じゃない」

───と、つくづく思うようになりました。
(「それでも人間は何とかしちゃうものよ」とは母の言葉です)

子供は自分のルールと都合でしか動かないし、
そこに手を尽くして教育するのが親の務めであるなら、
家事に仕事にと忙しい上に、聞き分けのない小さな子は足枷のようなものです。
これに仕事の技術向上を足したら、私なら奇声を上げて走り出しそう。

スーパーで母親の注意を聞かず、走り回って叫ぶ子が居ます。
母親は注意するだけで、あまつさえ怒鳴り声まで上げて放置。
それを見るたびに、

「そんなにジッとしていて欲しいなら、抱きかかえていればいいのに」

───と思っていましたが、
いざそれが自分にも出来たかどうかを考えると、
その時々の自分の精神状態や生活環境、仕事や不安や重圧を思えば、
もう口頭の注意だけで済まてしまうほど疲れているかも知れません。

そうした中での、「一つ事に重きを置くこと」の難しさ。
集中する上で邪魔となる様々な雑用は、少ないほど作業が捗るわけですから、
それが料理であろうと洗濯であろうと、誰かが代わってくれたほうが楽です。

手際の良さ。
技術の高さとは別に、それも重要だと思いました。
  1. 2010/08/28(土) 23:07:44|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<[絵] カレーの適量 | ホーム | ワンパターン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://7hira.blog20.fc2.com/tb.php/118-90c0e85e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

七片 藍

Author:七片 藍
フリーイラストレーター

当ブログについて
:本家[ether]
:mixi[499935]

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリ

絵:執筆情報 (63)
ソーシャルゲーム系 (28)
TCG系 (14)
書籍系 (17)
絵:個人作品 (14)
トップ等 (10)
聖域 (1)
悪魔 (1)
神威 (1)
ほか (1)
日常 (3425)
創作 (85)
DIY (100)
菜園 (589)
疑問 (3)
ゲーム (27)
スポーツ (2)
探しもの (6)
生物 (49)
未分類 (2)
修理 (8)

検索フォーム

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QR