第27緑化地区

フリーイラストレーター七片藍のブログ/第27緑化地区

バカじゃない

昨夜は知り合いが遊びに来ていました。

私の幼馴染であり、二児のシングルマザーです。
昨年の彼女は特殊な大病を患い、入院中は私も心配だったのですが、
なんとか克服しつつあるようで、薬を服用しつつも日常へ戻ってきました。

一人で二人の子供を育てるなんて、私の母すらしたことのない苦労です。
私は昔から彼女が苦手でしたが、その苦手である理由といえば、
何事においても超然としていて「敵わなかった」から。
もう我が家においては親戚のような連中です。

そんな彼女が入院したのですから、
「あいつは殺しても死なない」と思うような私でも心配するわけです。

「お前、あれから病気は大丈夫なのか」
「大丈夫だよ? 薬は要るけど」

数年前に比べると、げそっと痩せているのは明らかです。
病状が進行しているわけではありませんが、
子育ての苦労も相まって、やつれているように見えます。

とは云え、昨夜この三人が来たのは母が招いたからで、
ちょっとした食事と、花火でもして過ごそうかという内容でした。
そのあと、子供たちは夜中に空き地でバドミントン。
弟と弟の彼女さん、妹も参加しします。

「───で、あたしら折角の休みに何やってんだろ」
「いいじゃねーか、子供も楽しそうじゃねーか」
「そうだねー」

ガードレールに腰掛けて、離れたところで子供を見守る彼女が、
ぽつりと零しました。

「あの子たちが、柔道以外で張り合ってるの初めて見た」

今まで見る暇もなかったのか、見る気もなかったのか。
およそ前者であろうと感じた私は、あえて深くは聞きませんでしたが、

「ほう、そうなんか?」
「でもそのうち喧嘩になるよー」

これを聞いて、どこまでも彼女は母親を演じねばならず、
独身の私にはない重責が、今後も続くのだと痛感させられるのでした。
制服に身を包むようになった長女は、母親そっくりの口調で喋ります。

どんな話の内容だったかは忘れましたが、
娘が母親にツッコミを入れていました。

「おかぁはバカなんだよー」
ついさっき彼女の言葉を聞いた私は、思わず反論するのでした。

「おめぇ、ママはバカじゃねぇぞ」
「なんでよー、どこがー」
「……そうだな、わしと同じことをやらせたら、こいつのが優れてる」
「えー」

長女はどういう意味なのか分からなかったようですが、
云いたいことは分かったようで、それ以上は何も聞きませんでした。
そうそう、家族でない私には説得力もない。
私の意見にも限度がある。

様々なところで、子育てをめぐるトラブルや事件を耳にします。
そんな中、まずもって二人の子を育て上げる過程の苦労というものが、
その始点にすら立っていない私に、うそぶけるはずもない。

安易に「がんばれ」とは云えない身分ですが、
それでも頑張ってほしいと思いました。

親って大変だ。
  1. 2010/08/16(月) 22:07:21|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<下天のうちにくらぶれば | ホーム | >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://7hira.blog20.fc2.com/tb.php/106-b5cf74aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

七片 藍

Author:七片 藍
フリーイラストレーター

当ブログについて
:本家[ether]
:mixi[499935]

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリ

絵:執筆情報 (63)
ソーシャルゲーム系 (28)
TCG系 (14)
書籍系 (17)
絵:個人作品 (14)
トップ等 (10)
聖域 (1)
悪魔 (1)
神威 (1)
ほか (1)
日常 (3419)
創作 (85)
DIY (98)
菜園 (589)
疑問 (3)
ゲーム (27)
スポーツ (2)
探しもの (6)
生物 (49)
未分類 (2)
修理 (8)

検索フォーム

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QR