第27緑化地区

フリーイラストレーター七片藍のブログ/第27緑化地区

準備万端

この日は昨夜から降り続く雨が正午前に止んでくれたので、
修理が終わった管理機にエンジンオイルを注油しました。
ギアオイルは交換したばかりで綺麗なままです。

先日は始動に成功したものの、今日も掛かるだろうか?

<<ドルルン! ドドドド……>>
「調子は良さそうね!」
「一昨日が奇跡じゃないって証明できた」

しかし難点が2つあり、まず旧型で操作が"逆"である点。

現在は「危険から離脱=機械が停止」に繋がることが多く、
いわゆる「操作をやめると機械が停止する」のが主流ですが、
この機体は前進を止めるためにクラッチを"握る"必要があります。

つまり前進に操作を必要とせず、ハンドルには手を添えるだけ。
離脱が停止に繋がらず、緊急時に"停止を判断する"必要がある。
そこまで速度が出るわけではありませんが……。

2つ目は、リコイルスターターが重いこと。
ピストンピンが折れて使用不能となった4台目は軽かったので、
非力な人(高齢の母)には始動すらできないことも。

安全を優先して私がいる時にだけ使ってもらうか、
できれば壊れた2・4台目の修理を急ぐか───というところ。

ともかく、畑の土が乾けば耕作できるぞ。

  1. 2024/04/09(火) 16:17:43|
  2. 修理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ごめんください

この日は自宅の玄関用ドアベル(屋内の受信機)を直しました。
母が受信機を落としてからチャイムが鳴らなくなったのです。
今期自治会で役員となり、来客に気付かないのは困る。

シリーズは続いているものの初期型は生産終了しており、
既に説明書のダウンロードができないのは残念なところ。
とは云っても構造が複雑とは思えない。

工事不要の乾電池式なので交換───してみても鳴りません。
そうすると裏蓋を開けて中身を確認するしかなくなり、
電気関係が苦手な私は悪あがきのつもりで挑みました。

「(かなり優しい作りなんだな)」

ケースがパキッと割れることを覚悟していたのに。
使われているのはネジ4本だけで、はめ込み式ですらない。

開けてみると内部で遊んでいる(接続先がない)配線が2本。
黄色と黒が1本ずつ……長さから考えて黄色はスピーカーです。
落下させた衝撃でハンダ付けした配線が根元から折れた様子。

さて黒は───配線の先端が綺麗に切断されています。
どこかへ繋がるようにも、ハンダ付けが取れたようにも見えない。

「(ははぁ、これってアンテナだ)」

アンテナと云うとFMラジオ等の外部伸縮ロッドを想像しがちですが、
AMラジオは内部にあってラジオ本体の向きで感度調整したりします。

詳しくは分かりませんが多少の障害物は回り込んで届くので、
玄関から数メートル程度ならば内部アンテナでも十分なのかな。
ともかく黄色のみ改めてハンダ付けして完了。

<<♪ピンポ~ン……>>

あっさり直りました。

  1. 2024/04/08(月) 23:59:00|
  2. 修理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

挑戦と経験と

この日は予定にない連休の初日でキャブレターの再分解です。

前回、分解洗浄が済んだキャブレターを組み付けたものの始動せず、
その時はニードルバルブが外れず諦めて完了させていたので、
今回はラジオペンチで慎重に外してみました。

なかなか外れず「これは外れない型なのか」と疑いましたが、
劣化したガソリンが固まってバルブを固着させていたようです。

「(ニードルバルブは外れた……そして汚い。
  さらにバルブの先へキャブレタークリーナーを……)」

換気扇の油汚れみたいなものが吹き出しました。
この一つ前には燃料タンクからのホースが繋がっており、
いわばニードルバルブはキャブレターの第一関門となります。

これが原因だとしたら、そりゃあガソリンなんて通るわけがない。
僅かながらの光明に期待を膨らませて組み付けかけた時、
あるものに気付いてしまいます。

前回(4月2日)の時点で、予兆というか判断できる材料はありました。
記事には書きませんでしたが───

(1)そもそも存在を忘れていた。
(2)燃料ホース内に大きな気泡がある。
(3)初爆が起こらなかった。

───特に(3)の症状です。
最初の初爆テストでは燃焼が起こっていたのに?

・アジャストを弄ったから混合気が不安定になったのでは?
・リコイルまわりが汚れて火花が弱くなったのでは?

これらが原因と見なして追及しなかったのです。

キャブレターを外すと燃焼室が見え、これが心臓部とも云えます。
屋外で雨ざらしなので雨水が浸入すると錆びてしまう。
私は燃焼室への通路をガムテープで塞いだのでした。

「(……前回に始動しなかった原因って、もしかしてこれ?)」

キャブレターが新品でも、ニードルバルブが「ギリギリ大丈夫」でも、
火花が正常でも、これでは燃焼室に混合気が送られず初爆すら起こらない。

気道を塞がれていては呼吸ができない!

七片、お前は本当にバカだな……と呆れつつガムテープを剥がし、
キャブレターを組み付けてガソリンを送り込むと気泡もなくなりました。
祈る気持ちでスターターロープを何度か引くと───

<<ドルルン! ドドドド……>>
「(よぉぉぉぉし!)」

───景気のいいエンジン音は、仮眠中だった母を叩き起こします。

「やったよ! ここまで来れば、あとは調整だけじゃないかな」
「あんたなら出来ると思ってた」
「やった……本当に僕でも直せた……やったぞ」

ニードルバルブが原因だったかどうかは不明のままですが、
結果的にキャブレターを完全洗浄することになり、
次回に問題となる可能性を下げます。

この管理機を譲り受けてから一ヶ月目のことでした。

  1. 2024/04/07(日) 18:12:44|
  2. 修理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぽっかり

この日は古参の代わりに早番を担当したところ、
終始30分~1時間ほど業者の出入りが早く対応に追われました。

そして4月からは作業量が1.5~2倍になったことにより、
早番+残業で就労時間が限界を超えてしまったため、
明日から翌定休日までの4日間が休みに。

幸いにして本業のラフが通過済みなので進めるべきことはあります。
そして昨日は右手、今日は左手を痛めたものの右手は回復している。

九分咲きくらいの桜から散歩の誘惑があること以外は問題なしです。

  1. 2024/04/06(土) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

異国の土

この日は副業にて一ヶ月ほど帰国旅行だったブラジル人さんが復帰し、
割れんばかりな笑顔での再開にハイタッチで応じました。

あれから何度となくLINEで現地が撮影された様子を受信し、
食べ物、飲み物、買い物、釣りの様子、海、船、そして景色……と、
地球の裏側から送られて来る画像は、見ている私も嬉しくなる。

半月前にリオの体感気温が60℃を超えたという記事を読み、
気になって尋ねると実際に物凄い暑さだったようです。
コルコバードのキリスト像が描かれた品を土産にいただきます。

「大切にします!」
「そういえば最後の写真、土は見た?」
「土?」

帰国直前に送信された画像に「見せたかったもの」の一つが。

「これだね」
「なるほど……これが」
「そう、ずーっとこんな土だよ!」

ポルトガル語でテラローシャと呼ばれるブラジル高原の赤い土。
肥えて水はけも良く、サトウキビやコーヒーの土壌に最適だとか。
そして多分マンジョカ(キャッサバ)にも。

私が畑をやっていなければ、昨年にキャッサバを渡せなければ、
テラローシャという言葉は知らないままだったことでしょう。

それにしても、きのう帰国して時差もあるのに相変わらずタフです。

  1. 2024/04/05(金) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

噛み合わせ

この日は副業の物量に押し潰され、何もできずにおりました。
前段階となる工程は、大本の営業所で殆どの状態が決まります。
よって私の現場は正社員へ引き継がれる最後の受け皿。

「なんでこんなに間違いが多いんだ……」
「作業が入れ替わるだけなのに」

この"入れ替わり"が大きな問題です。

私の作業所Aと、入れ替わり先である作業所B。
この前段階である大本が入れ替わりに対応できていない。

あの「二度と見たくない」と思った作業すら誤って運ばれて来る。
これは作業知識が更新されておらず手癖も抜けていない証拠です。

さらには従事者(アルバイト、パート)の就職時期でもあります。
主立った面子が現場を去ることで単純に人手不足となっている。

そうした問題により「本来は必要のない作業」が4~5倍となりました。
こうなると練度や慣れといったものは参考程度の違いでしかない。
見かねた上長からも───

「七片さん、ちょっと休んで。 せめて楽なところに移って」
「まぁ大丈夫ですよ今のところは」
「きつ過ぎるって、これは」

───ものには限度があると判断されたようです。
一方で、なんとか対応できている自分の体力が頼もしいと感じます。

ただし喫緊の課題は私の就労時間。
残業しないと片付かず、さらに古参の穴埋めに早番は増加傾向。
契約時間の3~4日分に相当する超過となり、削るには休むしかない。

結局、定休日間(日~水曜日)を丸ごと休むことになりそうです。

  1. 2024/04/04(木) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

活路を模索

この日は昨日の修理から色々と調べておりました。
まだまだ現役の利用者もいる中、古いので情報が少ない。
そして今日は生憎の雨なので作業は明日まで日延べです。

気になる点を列挙してみると───

・ニードルバルブ
・アジャストスクリュー
・リコイルの火花が弱く感じる点。

気になっているのはニードルバルブとアジャストスクリュー。

前者はオーバーフローで真っ先に疑われますが、外せませんでした。
正確には簡単に外れなかったのでスプリングの破損を恐れて断念。
ラジオペンチで胴体部分を摘まみ上げれば良かったかもしれません。

これが摩耗・破損していると交換するしかない一方、
なにぶん情報が少ないので詳しいことが分からない。
一通りの洗浄は終えたつもりでいますが、ニードルバルブは疑わしい。

アジャストスクリューは外す前に適正な位置を記録し忘れたため、
この加減によっては燃料が適正な混合比ではない原因になるかも。
そしてリコイルはフライホイールを外して……あぁこれは考えたくない。

いずれにしろキャブレターは再び疑ってみる価値があると考えます。

  1. 2024/04/03(水) 14:01:39|
  2. 修理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

毎度おなじみ

この日は副業の現場にて早番を含む"通常業務"となりましたが、
繁忙期もかくやの様相となり、これが毎日では負担が酷い。
フラフラの状態で帰宅しました。

食事を済ませて眠りたい一方、最後の注文品である燃料ホースが届き、
どうせなら疲れ切ってから眠ってしまえと作業開始。

2回目のキャブレター分解を経て組み付けを終え、
燃料ホースを新調して取り付け、給油してエンジン始動!!

掛 か ら な い !

……まぁそんなものだろうと思っておりました。
何度かリコイルを引くと、エアクリーナー側からガソリンが滴る。

燃焼(ガソリン消費)が起こらない状態で何度もリコイルを引けば、
消費されなかったガソリンが行き場を失います。
それがエアクリーナー側へと伝って滴る?

───と考えると納得が行くのですが、
キャブレター自体に問題があれば適量以上のガソリンを抱えるので、
それが外部へ漏れ出す「オーバーフロー」という状態にもなります。

その場合はニードルバルブと呼ばれる箇所に問題があり、
バルブの動作不良あるいは摩耗によって正常に機能せず、
供給されたガソリンが漏れ出す……という認識でいいのかな。

どちらにしろ、再びキャブレターを疑う必要がある。
今一つは、リコイルの火花(発電)が弱い気がする点です。

引き取った時からリコイルスターターのカバーが欠落しており、
ここに雨水が入ると内部で錆が生じる可能性もある。
一応の火花は飛んでいますが……。

今日はもうダメだ、私の体が電池切れ。

  1. 2024/04/02(火) 23:59:00|
  2. 修理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

洗礼

この日は副業の業務内容が一変しました。
基本的なことは変わらない一方、社員の半分が入れ替わっています。
対象が変わってしまうことで問題が起こるなら、むしろ今後のほうでしょう。

その一方で先送りできない喫緊の課題には、早急に対処してもらう必要がある。
何かと云うと、今月から始まる私の早番、および私の代理となるリフトマンです。

"社員の入れ替わり"に古参リフトマンが含まれたことで私一人になったわけですが、
その古参リフトマンは、応急的に今週だけ対応してもらうことになりました。
そうでなければ私の就労時間は超過では済まないからです。

しかし応急的なものなので、すぐにでも代役を立てねばなりません。
そこは新たに人を雇う、または任命してもらうしかないわけで、
現状での候補は───

・候補(0)
 外部から誰かに来てもらう。
 ついでに私の待遇も変えてもらう。

・候補(1)
 昨年まで早番に対応していた高齢リフトマンの一人。
 初期からリフト運転を嫌がっており、早番についても同様。
 改めて交渉したところで断られる可能性が高い。

・候補(2)
 フォークリフト免許を持っている仲良しのブラジル人さん。
 一ヶ月ほどの帰省旅行中で帰って来るのは今週の金曜。
 本業の関係で早番には対応できない可能性が高い。

・候補(3)
 土日シフトのみで、リフトはペーパードライバー。
 本人から前向きな返答が得られるとは思えない。
 定時で帰ってしまうので早番にも残業にも期待できない。

───以上。

新人以外で期待できそうなのはブラジル人さんだけですが、
良い人である一方、本業を含めて労働時間は最長でもあります。
この人の体力と人柄の良さに甘えるのは……常識的に恥と知るべし。

さりとて私が早番のない日曜・月曜を除いて対応するには、
休日はおろか病欠もできないし、就労時間の調整に使える土曜日も埋まる。

本日から責任者も変わったことですから、采配に期待したいところです。

  1. 2024/04/01(月) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

七片 藍

Author:七片 藍
フリーイラストレーター

当ブログについて
:本家[ether]
:X(twitter)[Nanahira_Ai]

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

カテゴリ

絵:執筆情報 (73)
ソーシャルゲーム系 (29)
TCG系 (17)
書籍系 (19)
絵:個人作品 (14)
トップ等 (10)
聖域 (1)
悪魔 (1)
神威 (1)
ほか (1)
日常 (4187)
菜園 (694)
創作 (96)
疑問 (4)
ゲーム (29)
スポーツ (2)
探しもの (8)
生物 (58)
DIY (657)
修理 (55)
リフォーム (348)
未分類 (2)

検索フォーム

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QR