第27緑化地区

フリーイラストレーター七片藍のブログ/第27緑化地区

じりじり

第3段階の前半(下図の赤い部分)にスタイロフォームを仕込みました。
当初は、そもそも床下にスタイロフォームを挿入するかすら迷いましたが、
このキッチンを使うことになるのは母ですから、寒いのはいただけない。

20220124.jpg

後半を除く白い部分は、スタイロフォームが仕込まれていない空洞です。
これは根太が壁内や設置物(シンク)の下にあって捨て貼りを剥がせず、
スタイロフォームの仕込みはおろか、採寸もできない箇所です。

それ以外にも数ヶ所の細い隙間があるものの、
これらは余ったスタイロフォームの切れ端を突っ込むだけ。

私の調べでは、こうした断熱材(スタイロフォーム)の隙間は、
5mm以下であれば空気の対流が起こりづらく、殆ど温度に影響がないとか。
よくある窓や引き戸の隙間風とは違い───

・捨て貼り
・その上に構造用合板
・その上にフロアシート

───という多層構造となるため、空気が通過できないわけですね。

さて、残すところ後半のみ。
ここで(数日前まで)うっかり忘れていたのですが、
スタイロフォームの仕込み、捨て貼りの固定、構造用合板を敷いた後に───

「(そうだった、どうやって位置を特定しよう……)」

───床下収納のため、構造用合板に四角い穴を設けねばなりません。
既に石灰を撒いてしまったので床下へは潜り込めない。

また、構造用合板は隣の合板との間に3mmほどの隙間を作っています。
これは衝撃によるズレ・気温差による伸縮分や計算に入れた"遊び"ですが、
当然ながら、四角い穴の位置も3mmほどスライドが必要です。

なかなか面倒なことになって来た。

  1. 2022/01/24(月) 23:59:00|
  2. リフォーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

幸運

この日は買い物のついでにリサイクル店へ行きました。
床修繕を始めた当初、必要な構造用合板の数を計算して7枚としましたが、
後に誤って加工したことで1枚だけ足りなくなり、数ヶ月が経過しました。

あれから何度かリサイクル店で構造用合板を見たものの、
いつ頃からか質が悪い(具体的には"節《ふし》"が多い)ものが増え、
購入を見送り続けていたという経緯もあったのですが……。

いよいよスタイロフォームの仕込みが完了する工程となり、
すると捨て貼りを戻して固定し、次は構造用合板を張る工程です。

1枚くらいなら定価で買っても……しかし今さら諦めたくない。
そんな本日、久しぶりに構造用合板が扱われていました。
在庫は10枚ほどあったものの、どれも異常に節が多い。

節の何が悪いのかと云うと、経年劣化で木材が痩せてきた時、
節が抜け、ぽっかり穴が開いてしまうのです。

合板は多層構造なので、板の向こう側が見えるような穴は開きませんが、
そこから傷みが進むことは否定できず、避けられるものなら避けておきたい。
せめて1枚、あと1枚だけでいいから買いたい。

すると1枚だけ、節が一つもない合板が混ざっていました。
迷わず購入し、ようやく(再び)7枚目を入手できています。

……もう失敗できんぞ。

  1. 2022/01/23(日) 23:59:00|
  2. リフォーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

親譲り

昨日はトイレのために起きたら眠れなくなり、睡眠が二度に分かれました。
そのせいか本日の副業後に眠り直したら、そのまま夕方まで……。
ああ、こうして日中を眠って過ごすのは一番イヤなのに。

そうして起きたところ、母から呼び止められました。

「あれ見た?」
「何を?」

少し前、母が仕事の様子(手元)をスマホで撮影すし始めたと書きました。
そのスマホを固定し、撮影角度や採光などで不足のない撮影環境を作るため、
ホルダーとカメラ用の三脚を改造し始めたのですが───

「どう?」
「……うぬぬ」

100円ショップのスマホホルダーを結束バンドでデスクライトに固定。
簡易な撮影スタンドを作ってしまっていました。
これだから母は侮れないのです。

私は、こういう両親のもとに生まれました。
精密に時間をかけて作業を進める父と、あり合わせで何とかする母。
どちらかと云えば私自身は父寄りですが、根底には母の姿勢があります。

こうした母の「即席」で幾つの物事が事足りてしまったことか。
ただし、今回に作ったものはデスクライトの下にホルダーが固定され、
これではホルダーの影を落としてしまいます。

もともと母は直前に撮影角度を調整し忘れることが多く、
撮った動画を観ると、画面の半分以上に"内容"が入っていなかったり、
あまつさえ画面外へと消えてしまい、無意味な動画になることも。

とは云え、それらの問題は些細なことですし───

・スマホによる机上40cmからの固定撮影
・固定したスマホ自体がグラつかない
・室内灯によるスマホの影を落とさない

───これらは叶えられているので、むしろ及第点ではあります。
アドリブに強い人は、しばしば計画的な人を食ってしまう。

ただ、やはりきちんとした撮影環境を整えてあげたいし、
分解したカメラの三脚を見せたところ期待している様子でした。

ちなみにリサイクル店で見つけたデジカメ用の三脚(折り畳み式)と、
100円ショップのスマホホルダーを組み合わせ───

20220122.jpg

───母と祖母が対面通話する時のために作りました。

三脚は66円だったので、ホルダーと合わせて180円くらい。
(お古のスマホを取り付けましたが左右が逆)

今後も、こんな調子で母を補助できればと考えています。

  1. 2022/01/22(土) 23:59:00|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

詰め物は揃った

スタイロフォームの溶断を全て終えました。
先日に誤って切り出したものも流用し、無駄としては1割未満に抑え、
これで第3段階における全26本のスタイロフォームが───揃わない。

厚さ50mm材が尽きてしまいました。
残りは20mm材だけとなりますが、これは2枚重ねで使わねばならず、
単純に考えて、同じ溶断作業を2回繰り返す必要があります。

「(うはぁ、面倒くせぇ)」

とりあえず小さいものから試験的に切り出し。
下図で云うと、床下収納の左側にある4ヶ所の小さな赤色の部分です。
寸法としては弁当箱くらいで、まずはこれを20mm材で切り出してみる。

20220121.jpg

いつもどおり自作スチロールカッターで溶断するつもりでしたが、
ここからは20mm材なので、カッターナイフでも切れそうだと考えました。
10mmほど切れ込みをつければ、あとはパキッと折り取ることができます。

溶断に比べ、折り取った場合の断面は寸法どおりにならない一方、
実際に根太間へ仕込む場合は「叩き入れる」くらいでないと入らず、
この際、少し変形させないとキツくて入りません。

そのため、切り出したスタイロフォームの角をゴム槌などて叩き潰します。
角を丸くすることで仕込みやすくなり、少々の寸法差は問題になりません。

この方法が上手く行ったので、以降は全てカッターナイフで切りました。
全ての寸法を切り出し、晴れて26ヶ所分のスタイロフォームが揃います。

さて、あとは仕込むだけか。

  1. 2022/01/21(金) 23:59:00|
  2. リフォーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

体は正直

この日は修繕を中止して休みました。
私は集中したり作業そのものが面白くなったりすると、
疲労や体調不良を自覚しづらくなるようで、しばしば体を壊します。

とくに最近は冷えが深まったことで「あれ?」と思うことが増え、
痛くもなかったところが痛みだし、ようやく気付く。

「(ちゃんと食べて眠って休もう!)」

……だって楽しいんだから仕方ないじゃない。
かれこれ(他の修繕等を挟みながら)一年以上も続けていて、
もうすぐ一つの大きな結果が出るというのに、楽しくないはずがない。

とにかく体中がグキグキして筋肉が痛い。
副業で夜明け前の気温から日中へと、寒暖差が激しいせいでしょう。

作業は明日、体力を温存しよう。

  1. 2022/01/20(木) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

床下の銀世界

今日は第3段階の床下に、防湿用の石灰を撒く予定……でしたが、
なにしろ前回(第2段階の範囲)に使ったのが半年前(7月)なので、
石灰が入った袋が見当たらず、探し続けること数十分。

結局「おそらく畑で使ってしまった」と判断し、買うことにしました。
ホームセンターで購入する石灰も色々あって10㎏で600円だったり、
20㎏で500円だったりするので後者を買うことに。

さて、これで第3段階の範囲に石灰を仕込み終えました。
あとは後半部分のスタイロフォームを切り出して挿入してしまえば、
晴れて捨て貼りを固定でき、さらには構造用合板を敷くことができます。

そして、それらを終えたら一時休止。
第3段階側の壁を再塗装し、その後ようやくフロアシートです。

ところで構造用合板は一枚だけ追加購入する必要があるため、
この日はリサイクル店に何度目かを期待したのですが……。

おかしい、高い───と思ったら、それは厚さ15mmでした。
私が修繕に使っているのは、12mmの構造用合板です。
うぬぬ……ここに来て焦らす気か。

まぁ1枚くらい定価で買ってもいいのだけど……今さらです。

  1. 2022/01/19(水) 23:59:00|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

老化?

本業の原稿提出は昨夜のうちに済ませておいたので、
副業が軽めに済んだ本日、正午から夕方まで眠り続けました。
「眠っちゃった」と思わなくて済む純粋な睡眠……とても健やかな目覚め。

ところで再び寒さが深まっており、その中で気づいたことがあります。

副業の現場ではコロナ対策の一環で出勤日に検温せねばならず、
自分の平均体温が意外にも低かったと分かったのです。
否、低くなったと云うべきか。

1週間(測るのは出社日だけなので7日分)を通じて、
ほぼ35℃台が占めており、大体35.6~35.9℃あたり。
たまに36℃台を指すと安心してしまうほどです。

これは副業に出る時間帯(夜明け前)のことなので、
日中は少し上がるのでしょうが、いつからこうなったのか。
このところ冷えのためか、腕の筋肉がピリピリと痛む感じもします。

何か体温が下がるようなものを摂ってるのか?

  1. 2022/01/18(火) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

時間は作るもの

この日も本業一筋。
仕上げなので大体の作業は終えてあります。
ただしこの仕事は、実は昨年9月くらいから続いている案件です。

大抵フリーイラストレーターは複数の案件を抱えるものですが、
それが同社(または同一人物)からの複数依頼である場合、
それぞれに優先度があったりします。

例えば同時期に同社の依頼が3件あった場合、
最後の案件を最優先し、ほか2件の納期を後ろ倒しに……など。
こうした調整を依頼者側に決めてもらい、納期交渉の材料とします。

昨年9月あたりから合計5件の案件を消化するにあたり───

・1件目 完了直前
・2件目 未着手(5件目の終了後に開始)
・3件目 未着手(2件目の終了後に開始する最後尾)
・4件目 未着手(最優先)
・5件目 未着手(4件目の次に開始)

───こういう順番になったので、順番に入れ替えると───

・1件目 完了直前
・4件目 未着手(最優先)
・5件目 未着手(4件目の次に開始)
・2件目 未着手(5件目の終了後に開始)
・3件目 未着手(2件目の終了後に開始する最後尾)

───という日程に。

さらに12月手前からは副業が繁忙期に突入するため、
ほぼ修繕に手をつけられない期間が続き、イライラがつのるばかり。
とどめに最後尾の3件目は、過去にないほどリテイク(修正指示)が重なる始末。

それを、本日ようやく3件目の仕上げまで追い詰めたのでした。
長かった……もう終わらないんじゃないかと思ったほどです。
まだ完了してはいませんが、これ以上の修正はないでしょう。

修繕、修繕を……やるんだ……。

  1. 2022/01/17(月) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そうなの?

昨日は修繕を進めたので、この日は本業一筋。
そのくせ座ったまま1時間以上も眠ったりしています。

昨日の作業では、道具などを簡単に片づけただけで済ませており、
作業場は母の仕事場でもあるため、お客さんが修繕用の資材に気づき、
とくにスタイロフォームを見て驚いていたとか。

昨年から米松価格が高騰し、一部の木材が2倍の値段になっています。
聞けば、このところの建築資材の不足は木材だけに留まらないようです。

私は殆どの資材をリサイクル店の新古品で調達していたわけですが、
たしかに最近、とくにスタイロフォームや構造用合板を見かけません。
かわりに増えているのは集成材でしょうか。

運よく、ほぼ必要な分を揃えてしまったので大して困らないものの、
構造用合板は1枚だけ不足しており、これだけは何とかしたい。
さりとて今さらホームセンターの定価品を買うのも口惜しい。

……などと意地を張っている場合でもありません。
第3段階のスタイロフォームを仕込み終えれば、
いよいよ全ての捨て貼りを閉じ、構造用合板を乗せられます。

つまり大して先の話でもない。
そして修繕作業は本業を完了していないと追い詰められない。

なんとか1枚だけでも入手できないかな。

  1. 2022/01/16(日) 23:59:00|
  2. リフォーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久しぶりに再開

この日は本業を翌日に回し、修繕を進めることにしました。

現在、第3段階の根太固定を終えた状態です。
根太間にスタイロフォームを仕込める工程となりましたが、
それぞれの根太間は寸法が異なるため、切り出し(溶断)が必要です。

その数、一列13種類。
下図では赤い部分になります。

20220115.jpg

自作スチロールカッター君の出番。
素人工作の道具も、なんだかんだと云って無くては困る。

しかし、やらかしてしまいました。
図の通り13ヶ所ある内、床下収納の左側(4つ)は短いもので良いはず。
それを普通の長さで溶断したため、スタイロフォームを無駄に消費しました。

厚さ50mm材のスタイロフォームは、もう僅かしか残っていません。
これ以降は20mm材を重ねて使うしかないので無駄は避けたい。

第3段階は、第2段階と同様に左右で一組になっています。
まだ採寸を終えていない右側部分に流用できる箇所があるため、
誤って切り出したスタイロフォームは、こちらで使うことに。

運よく流用できる寸法ばかりだったので、
右側の採寸を終えれば、晴れてスタイロフォームの仕込みは完了。
その前に床下へ石灰を仕込まないといけません。

もうすぐ、床を閉じられる。

  1. 2022/01/15(土) 23:59:00|
  2. リフォーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

七片 藍

Author:七片 藍
フリーイラストレーター

当ブログについて
:本家[ether]
:mixi[499935]

カレンダー

12 | 2022/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

絵:執筆情報 (68)
ソーシャルゲーム系 (28)
TCG系 (14)
書籍系 (18)
絵:個人作品 (14)
トップ等 (10)
聖域 (1)
悪魔 (1)
神威 (1)
ほか (1)
日常 (3713)
菜園 (655)
創作 (92)
疑問 (4)
ゲーム (28)
スポーツ (2)
探しもの (8)
生物 (57)
DIY (358)
修理 (12)
リフォーム (32)
未分類 (2)

検索フォーム

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QR