第27緑化地区

フリーイラストレーター七片藍のブログ/第27緑化地区

整体に行きたい

家族が体調を崩したので色々と買い出しに回っておりました。
オミクロン株にしてもそうですが、どこそこの事業所で感染者が出たとか、
それとは関係なく入院したといった話が増え、全体的に良くない空気です。

一方で私は、肩甲骨まわりに痛みとも疲れともつかない不快感があり、
何と表現すればいいのか……広背筋から凝り固まった感じが抜けない。
遠足で重いリュックサックを背負って延々歩いたような筋肉疲労。

ふと思い立って母から指圧棒を借りました。
"孫の手"に大きくヘアピンカーブをつけたような代物で、
ぐるっと背中側に回り込んでツボ押しが可能です。

これで背中を指圧してみる───と、かなり良い感じ。
私は肩こりを意識することがないせいか、いつの間にか負担が重なります。
ここしばらく、こいつのせいで修繕に手をつけられずにいる。

まだ寒さ続くので、体温管理を優先するべきかな。

  1. 2022/01/31(月) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゴキゴキ

このところ、ずっと肩甲骨の下まわりで背筋に痛みがありました。
内臓疾患でも背中が痛むことはあるそうで、色々と疑っておりましたが、
どうにも「これ」という原因や自覚症状に行き当たらない。

一方、肉体労働である副業を始めてから同じところが痛むことはあり、
それは決まって気温の低下で生じ、少しマッサージすると治ります。
夏でもエアコンが効きすぎる環境で発生。

痛めた原因は、恐らく副業で重量物を扱っていることでしょう。
かなり大きく重たい物なので上半身全体を使う格好となり、
腕よりも体幹で固定・維持する形の負担が大きい。

それが肩甲骨まわり全体に拡がった感じがある点と、
つい先日の作業中、背中に汗をかいて冷えた点があります。

そして昨日の作業では、暖房も何もない寒いキッチンで座り込み、
足が冷えたままでいた点が重なったのでは……という見立て。
防寒対策を怠っていたようです。

これにより仰向けで眠れないほど寝苦しかったわけですが、
上半身に電熱マットを敷いたところ、あっさり眠ることができました。

歳ってことなのか、これも。

  1. 2022/01/30(日) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

半歩前進

体調は相変わらずですが、少しでも修繕を進めたい。
そんなわけで、この日は切り出し終えたスタイロフォームを加工しました。

スタイロフォームに限らず、大引の上にある根太にも同じことが云えますが、
通常は高さ45mmの角材を使い、スタイロフォームも同じく45mmが必要です。
ただし古い家屋では経年劣化などにより───

・角材(根太)が痩せて低くなる
・フローリングとの摩擦で削れている
・傾いた大引に合わせて高さを微調整している

───こういった理由で高さが変わっていますから、
新しく追加する根太や、その根太の間に挟むスタイロフォームの高さも、
この高さに合わせて低く、あるいは"下駄"を履かせてでも高くさせます。

よってそれぞれの根太やスタイロフォームの高さは「まちまち」です。

購入したスタイロフォームの殆どは厚さ50mm材。
つまり大半は厚さ5mm前後を切除してやる必要があります。

当初は全体の厚みを除くつもりでしたが、
根太にしろスタイロフォームにしろ、大引に乗るのは両端だけ。
つまり調節(切除)が必要になるのも両端だけということになります。

本日の加工は、この両端部分だけを数mmほど切除することでした。
先日の記事どおり途中から50mm材が尽きて20mm材に変わっているため、
加工としては10本分くらいになりました。

残りは20mm材なので、これは切除ではなく"追加"が必要で、
2枚重ねで40mmとなり、足りない数mmは下駄を履かせて稼ぎます。

この作業も、とうとう最後になりました。

  1. 2022/01/29(土) 23:59:00|
  2. リフォーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

弱り目にたたり目

なんとか出社できそうだったので現場には出たものの本調子ではなく、
こういう時に限って仕事は山のようにあり、ほとほと疲れました。
居残れる体力がないため早々に引き上げます。

現場にて、同僚から近所の山にある民家が取り壊されたと聞かされ、
母と二人で見に行ってみたところ、ぽっかり穴が開いたように更地となり、
子供の頃から知っていた家が、こんな立地だったのかと分かりました。

この家は、実家と同業を営んでいました。
商売敵と云えなくもないですが、とくに知り合いというわけでもなく、
恐らく互いに「同じ仕事をしている」と認識する程度だったことでしょう。

そうして立ち退いた後は歩道が通ることになっているそうですが、
となると、実家のほかに地元の同業者は何件あるのか。

知っているだけで、あと1件しかない。
その1件についても客入りを見たことがない。
あちこち廃業しているとは聞いていますが……時代なのかな。

ところで、私は水筒に飲み物を入れて副業へ向かうのですが、
熱湯が入ったポットの操作を誤り、左手の親指にぶちまけてしまいました。

現在、ピスタチオ1個分くらいの水膨れが出来ています。

  1. 2022/01/28(金) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

修復中

この日は副業は休んで、とにかく眠り続けました。
嘔吐により、筋肉が異常な使われ方をしたためか胸が痛い。
そして胃液が逆流したわけですから食道が荒れていることでしょう。

体も「寝るしかない」と分かっているのか、素直に眠ってくれます。
こういう時は、目覚めて数分でも寝付けるので助かる。

眠れ眠れ……。

  1. 2022/01/27(木) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オーバーヒート

この日は朝からキツい頭痛と共に目覚めました。
たまにあるので気圧の変化だろうか……と思っていたら、さにあらず。
やがて吐き気を伴い、空っぽの胃袋からは胃液しか出て来ない。

この歳になると、牛肉の脂身が重くて吐くことはあるのですが、
空腹で嘔吐するのは食べ物の影響ではなく、ほかに原因がありそう。
さりとて、このご時世は別の心配があります。

「(オミクロンとかじゃあるまいな……熱は?)」

念のため、母には私の部屋に入らないよう伝えておきます。
さて体温は……平熱───となると、あとは疑えるものが一つだけ。
母に頼んで部屋の前に血圧計を置いてもらい、回収して計測。

こうしている間にも嘔吐が続きます。
何も吐くものがない時の嘔吐は、とてつもなく体力を消耗する。
引っ繰り返るような筋肉の動きで、痛くもないところが痛みだす。

そして、起き抜け・頭痛・背筋の痛みで眠ることができない。

心拍67回、上147、下100。
私は上が130を超えると吐き気を催します。
道理で……と思っても、そう簡単に血圧は下がりません。

私は昔から、嘔吐するほどの吐き気には同じ方法で対処しています。
とりあえず吐き気が治まるまで(吐くものがなくても)吐いておき、
一時的に吐き気が治まったら、消耗の勢いに任せて眠る。

こういう、さながら気絶を期待するかのような方法です。
吐き気があるままでは吐きたくなるので、これを解決しないと眠れない。

結果、幸いにも早々に眠ることができたので吐き気は大きく退き、
あとは徐々に頭痛が引いて行くのを待つだけとなりました。
こうなってしまうと明朝は副業どころではありません。

あらかじめ現場に電話を入れておいて良かった……。

  1. 2022/01/26(水) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゴールが見えて来た

この日は修繕を休んで掃除をしておりました。
2020年の6月にキッチン天井の再塗装から始まった修繕は、
床修繕に移行して以来、まるっと1年以上が経っています。

あちこちに保管していた資材も、残り少なくなってきました。
その殆どが然るべきところ(床下)に収まったということであり、
「素人工法が資材の行き先を作った結果」と言い換えることもできます。

こうして資材が見た目として消えていく様は心寂しいものがあり、
むしろ資材で(作業場が)ごった返しているほうが賑やかと云うか、
課題が山積している状況が奮起させていた面がありました。

しかし1年が経つと「終わらせなければ」という気持ちが強くなり、
その先にある別の修繕に手をつけたいという欲求もあり、
云ってみれば贅沢な気分だなぁと思います。

毎日やることがある───というのは、それだけで幸福です。

  1. 2022/01/25(火) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

じりじり

第3段階の前半(下図の赤い部分)にスタイロフォームを仕込みました。
当初は、そもそも床下にスタイロフォームを挿入するかすら迷いましたが、
このキッチンを使うことになるのは母ですから、寒いのはいただけない。

20220124.jpg

後半を除く白い部分は、スタイロフォームが仕込まれていない空洞です。
これは根太が壁内や設置物(シンク)の下にあって捨て貼りを剥がせず、
スタイロフォームの仕込みはおろか、採寸もできない箇所です。

それ以外にも数ヶ所の細い隙間があるものの、
これらは余ったスタイロフォームの切れ端を突っ込むだけ。

私の調べでは、こうした断熱材(スタイロフォーム)の隙間は、
5mm以下であれば空気の対流が起こりづらく、殆ど温度に影響がないとか。
よくある窓や引き戸の隙間風とは違い───

・捨て貼り
・その上に構造用合板
・その上にフロアシート

───という多層構造となるため、空気が通過できないわけですね。

さて、残すところ後半のみ。
ここで(数日前まで)うっかり忘れていたのですが、
スタイロフォームの仕込み、捨て貼りの固定、構造用合板を敷いた後に───

「(そうだった、どうやって位置を特定しよう……)」

───床下収納のため、構造用合板に四角い穴を設けねばなりません。
既に石灰を撒いてしまったので床下へは潜り込めない。

また、構造用合板は隣の合板との間に3mmほどの隙間を作っています。
これは衝撃によるズレ・気温差による伸縮分や計算に入れた"遊び"ですが、
当然ながら、四角い穴の位置も3mmほどスライドが必要です。

なかなか面倒なことになって来た。

  1. 2022/01/24(月) 23:59:00|
  2. リフォーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おおあばれ

この日は久しぶりに畑へ繰り出し、3時間ほど作業しました。
冬季は作物が少ないので耕作もなく、雨や雪で土の粒子が下りて行き、
さらに作物を収穫する時に踏み固められ、土はガチガチに固まっています。

そのまま耕運機をかけてもローター(爪)が弾かれてしまうので、
シャベルを使い、人力で粗く土を起こしてからでないと耕作が大変です。

その後にヤタ(分解が進んだ籾殻)を撒き、さらに鶏糞を撒いて、
耕運機を入れ、部屋で云うと16畳分くらいを耕作しました。
シャベルと耕運機で疲れ方が変わらないのが不思議。

さて、この用地には何を植えようか。
知り合いがジャガイモの種芋を分けてくれると云うので、
ズラッとジャガイモだけで埋め尽くしてもいいかな。

こんなことを書いているとお腹が空く……。

  1. 2022/01/23(日) 23:59:00|
  2. 菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

幸運

この日は買い物のついでにリサイクル店へ行きました。
床修繕を始めた当初、必要な構造用合板の数を計算して7枚としましたが、
後に誤って加工したことで1枚だけ足りなくなり、数ヶ月が経過しました。

あれから何度かリサイクル店で構造用合板を見たものの、
いつ頃からか質が悪い(具体的には"節《ふし》"が多い)ものが増え、
購入を見送り続けていたという経緯もあったのですが……。

いよいよスタイロフォームの仕込みが完了する工程となり、
すると捨て貼りを戻して固定し、次は構造用合板を張る工程です。

1枚くらいなら定価で買っても……しかし今さら諦めたくない。
そんな本日、久しぶりに構造用合板が扱われていました。
在庫は10枚ほどあったものの、どれも異常に節が多い。

節の何が悪いのかと云うと、経年劣化で木材が痩せてきた時、
節が抜け、ぽっかり穴が開いてしまうのです。

合板は多層構造なので、板の向こう側が見えるような穴は開きませんが、
そこから傷みが進むことは否定できず、避けられるものなら避けておきたい。
せめて1枚、あと1枚だけでいいから買いたい。

すると1枚だけ、節が一つもない合板が混ざっていました。
迷わず購入し、ようやく(再び)7枚目を入手できています。

……もう失敗できんぞ。

  1. 2022/01/23(日) 23:59:00|
  2. リフォーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

七片 藍

Author:七片 藍
フリーイラストレーター

当ブログについて
:本家[ether]
:mixi[499935]

カレンダー

12 | 2022/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

絵:執筆情報 (69)
ソーシャルゲーム系 (28)
TCG系 (15)
書籍系 (18)
絵:個人作品 (14)
トップ等 (10)
聖域 (1)
悪魔 (1)
神威 (1)
ほか (1)
日常 (3781)
菜園 (662)
創作 (92)
疑問 (4)
ゲーム (28)
スポーツ (2)
探しもの (8)
生物 (57)
DIY (414)
修理 (14)
リフォーム (83)
未分類 (2)

検索フォーム

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QR