第27緑化地区

フリーイラストレーター七片藍のブログ/第27緑化地区

手作業

母が昨日まで使っていたガラケーから、電話番号を移す作業の始まりです。
ガラケーからスマホへのデータ移行が可能なのかは知りませんが、
仕事関係を含めた母の連絡先は軽く100件を越えます。

「……とりあえず家族と親戚、それから仕事ね」
「あんたに任せるわ」

母はガラケーの電話帳にて───

・同じ名前と番号で2件登録
・同じ名前で片方だけ番号なし
・同じ名前で古い番号を削除忘れ

───これらが非常に多いわけですが、
それは併記されたメールアドレスにも同じことが言えます。

そして、次のような登録もあって私が大変でした。

・似たような名前(一字違い等)
・既婚女性の旧姓と現在で二重登録
・もう利用しない施設の番号が残っている

・恐らく一度しか使ったことがない番号がある
・恐らく一度も使ったことがない番号もある
・なぜ登録したのか分からない番号がある

「めんっ……どくせぇ、なんで削除しないのよ」
「だって必要になるかも知れないから」

ひとまず今日は「さ行」で終わらせたものの、
これは親戚や仕事関連だけで、友人や知人の番号が残っています。
そして紛らわしいので同時にガラケーの該当記録を削除する。

毎日やっても1週間くらいかかりそう。

  1. 2021/10/31(日) 17:56:57|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

私より新型

この日は母のスマホを契約しに行きました。
これまで(「下手に使うのは怖い」という理由から)ガラケーでしたが、
ある程度は慣れて来たこともあり、更新月を利用して機種変更です。

それにしても契約手続きの時間って長い。
殆どを妹に任せて私は待っているだけでしたが、2時間。
店内を歩くことにも疲れて、結局は涼しい店先で時間を潰しました。

晴れてスマホ持ちとなった母でしたが、大半は分からないことばかり。
アップデート? アカウント登録? アプリってどういうこと?

しかし、母は私の知らないところでヤフオクを始めたりする人です。
好奇心に突き動かされる限り、これも苦にならなくなるでしょう。

仕事場のWi-Fi環境が貧弱なので、ルータの新調が必要になるかも。

  1. 2021/10/30(土) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

真面目な手抜き

この日は前日に全収穫したサツマイモの蔓(つる)を処理しました。
隼人瓜(ハヤトウリ)にしろ、これらの野菜は蔓が長いです。

サツマイモの蔓は食べられるので、欲しがる人も居るには居ますが、
そうそう食べたがる人も居らず、大抵は処分することになります。
これを押切と呼ばれる道具で寸断して処理するのですが……。

・多い
・長い
・疲れる

束ねた蔓をつかみ、少しずつ、同じくらいの間隔で切る。

最終的には残渣(ざんさ)として畑の土に混ぜて堆肥にするため、
ある程度は細かく切らねばならないとは云え、面倒です。
しばらく切ったところで───

「(どうせ細かく切るなら、でたらめな切り方でもいいのでは?)」

───"つみれ"などを作る時、
2本の包丁でトントン叩き切る様子を思い出しました。

蔓を束ねるのはやめて適当な量の蔓をドサッと押切に乗せ、
何も考えずに押し切り、また適当に乗せて切る。

端から一定間隔で切るよりはランダムな長さになりますが、
さっさと長い蔓が短くなり、長さを考えず延々と繰り返すだけ。
いちいち「束ねて一気に切る」ことを意識しなくて済みます。

思った通り、早く片付きました。
あとは畑にバラ撒いて、適当に耕運機で掻き混ぜる。

「きちんと楽する方法」を考えないといけませんね。

  1. 2021/10/29(金) 23:59:00|
  2. 菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

千成瓜

少し前に収穫できるようになった隼人瓜(ハヤトウリ)は、
これまで合計して300個以上は収穫し、色々な人にお裾分けしました。

母は通りすがりの見知らぬ人物にも渡してしまうのですが───

▼日本人
隼人瓜そのものや畑の様子を見て「あれは何だろう」という表情。
または隼人瓜と知っていて「懐かしいな」と感じる九州出身の方。

▼外国人(おもにブラジル)
日本人よりは隼人瓜が身近だったので「おっ」という表情。
女性、または既婚の男性から「葉酸が豊富」との知識が出たりする。

───こんな感じに分かれています。

副業の現場でも1人だけ仲の良いブラジル人男性がいるため、
手渡すついでに、母がブラジル人の方に渡した時のことを話しました。

「そりゃ喜ぶでしょ! 僕の顔を見て!!」

満面の笑みで返され、地元では入手しづらいことも理由である様子。
その一方で、そのまま食べると「何の特徴もない」という野菜です。
日本では漬物が一般的であるようですが、調理方法を選ばない。

私は、皮を剥いて圧力鍋にかけたものが好みです。
おでん大根のように、お箸でストンと両断できるほど柔らかくなり、
風味にクセがなく、ほんのり甘い気がする……という感じ。

ただし本州の気候では霜が下りる頃になると一気に枯れます。
秋が深まってからが摘果なので、収穫期間としては非常に短い。

あと何個、収穫できるかな。

  1. 2021/10/28(木) 20:59:39|
  2. 菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

何度目か

しばらく前に耕運機のスターターロープが切れ、これを修理しましたが、
実は当日の再始動直後に再び切れてしまいました。

始動直後であったため、ガソリンが尽きるまで耕作を済ませた後、
私のワクチン接種を挟んで以降、放置していたので本日に修理。
もうゼンマイばねを弾けさせるのはイヤなんじゃよ……。

20キロくらいある工具箱を菜園まで運ぶのも面倒なので、
スパナ1本だけ持って菜園でリコイルスターターを外し、
持ち帰って修理することにしました。

これまで───

・構造が単純で理解しやすい
・自分でも直せる程度の故障である
・修理のために特殊な工具を必要としない

───という理由から、何も調べず自力で修理していたわけですが、
ゼンマイばねが弾けて「あああー!」と叫ぶことにも飽きたので、
Youtube動画を参考にしてみたところ、それなりに勉強できました。

「(そうか……ゼンマイを巻き取ってケースに収めるより、
  巻き取りながらケースに収めたほうが楽なのね……)」

そして、そもそもゼンマイを弾けさせないよう引っ繰り返したり、
ある程度は多めにロープを巻いてから収める等、
それなりに工夫すると楽に修理が終わります。

ロープを交換し、菜園に戻って取り付けて完了。
エンジンも始動でき、昨日の腐葉土を仕込んで耕作も完了。

もうロープが切れても怖くないぜ。

  1. 2021/10/27(水) 23:59:00|
  2. 修理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

共有

先週はワクチンの副反応で寝込んでいたこともあり、
あれこれ用事が溜まっていたので、午前中から駆け回っておりました。

その道中にて、ついでなので寄り道をすることになり、
とある施設にて無料提供されている籾殻(もみがら)を調達していたところ、
同じ目的の方々が次々と現れ、ちょっと賑やかになりました。

この施設は山中にあるため、不要な籾殻は施設外に放棄されます。
同行した母も含め、全員が出入り口付近の新しい籾殻を搔き集める中、
私だけ、10メートル離れたところに堆積する場所へ行きました。

「(よし、思ったとおり)」

出入り口付近は、皆が回収するため間もなく量が少なくなり、
施設側も嵩(かさ)が減ったところに籾殻を積み上げます。
よって新しい籾殻を積んでは減らし、減らしては積むの繰り返し。

私が欲しかったのは、離れた場所で雨風にさらされた古い籾殻です。
新しい籾殻は分解が遅いため、堆肥化するまでに1年近くかかりますが、
夏の熱気と水分、カブトムシの幼虫が住み着いたことで分解が進んでいる。

出入り口からは遠いため誰も持って行かない。
ちょうど腐葉土と同じくらいに分解されていたので、
水分を含んで重たくなるものの、こちらを調達することにしました。

私一人だけ中身が黒っぽい袋を重そうに担いでいると、
見知らぬ小母さんが「それは何?」と聞いてきました。

「あっちで採れるやつですよ、腐葉土みたいになってます」
「そ……れは、そっちのほうがいいわねぇ?」

すると、なんだなんだと他の人たちも集まって来ます。

「なんでここだけ?」
「誰も取らないんで、ここだけ放置されて分解が進むらしいです」
「いい色だなぁ!」

あっと云う間に、出入り口付近から人影が移りました。

「この袋なら多めに入るんじゃない?」
「無理だよ」
「行けそうだけど?」
「そうじゃなくて、重くて運べないんだって」

そろそろ帰ろうとする私と母の後ろで、そんなやり取りが始まっていました。

  1. 2021/10/26(火) 23:59:00|
  2. 菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新人だけでは成り立たない

この日は第3段階の範囲で短い根太を固定しました。
これで残りは長い根太のみとなりましたが、昨日の記事にもあるとおり、
下図においては、赤色の古い根太が擦り減って低くなっています。

20211025.jpg

根太の真ん中にかけて、ヤスリをかけたように滑らかな減り方。
この真ん中部分が、両端と比較して1.5mmほど擦り減っています。

(書くのも億劫になる)幾つかの理由で、この根太を換えられません。
よって「根太を交換せず、擦り減った高さを回復させる」しかない。

(1)根太に下駄(スペーサー)を履かせる
(2)根太に下駄を乗せる
(3)捨て貼りに下駄を貼り付ける

方法(1)は根太を外せない(浮かせて下駄を挿せない)ので却下。
方法(2)および(3)は、正直どちらでもいいような気がしますが……。

「根太の両端から中央にかけての滑らかな擦り減り」ですから、
最も低い中央部を始点として、両端と同じ高さまで回復させるとなると、
「根太を均一に削ってスペーサーを乗せる」───方法(2)が適切です。

どうせ(3)の方法は、(2)の処理を下地にしないと均一になりません。
均一にしてしまえば、スペーサーはベニヤで作れば事足りるはず。

……均一にできれば、ね。

  1. 2021/10/25(月) 23:59:00|
  2. リフォーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

老骨

根太の防腐処理を行いました。
こうした処理も終盤ですが、出来れば夏のうちに終わらせたかった……。
副反応で寝込んでいる間、ずいぶん気温が下がって塗料が乾きません。

これで第3段階に挿す「新しい根太」は全て揃ったと思っていましたが、
傷んだフローリングがたわみ、その上から踏みつけられたことにより、
沈み込んで既存の根太を傷めてしまった箇所があります。

その箇所は根太が削り取られて低くなってしまうため、
その上に敷く捨て貼り(元フローリング)や合板も低くなり、
隣の合板を並べた時に段差が生じてしまいます。

よって結果的には最終工程のフロアシートにも段差が引き継がれ、
そこに爪先を引っかけ、めくれ上がって剥がれる───ということに。

この「擦り減った既存の根太」を交換してしまいたいところですが、
根太の終端は壁の下にあり、そこで釘を打たれて外すことが出来ません。

低い根太を高くできない(交換できない)のであれば、
捨て貼りを厚くしてでも回復させないと、後々面倒なことになる。
そんなわけで、低い箇所の捨て貼りに細工を施す予定です。

終盤なのに、また色々あるんだな……。

  1. 2021/10/24(日) 23:59:00|
  2. リフォーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やりたいことはたくさんある

ようやくワクチンの副反応から解放された感じですが、
全身の痛みや「風邪でもないのに風邪のような感覚」で消耗したのか、
まだ体力・気力が元に戻っていない感じで、やや疲れやすくなっています。

これは食って寝るしかない一方で、仕事や修繕は待ってはくれない。
と云うわけで、今日は副業での疲れついでに修繕を少し進めました。
第3段階に挿す新しい根太の高さ調整が完了です。

次は、この根太に防腐塗装。
これが済めば固定できるので、ずいぶん追い詰めた感じ。

第1段階と同じ「大引もどき」を作り床束も仕込むつもりでしたが、
食器棚のような重量が設置されることはないので、いささか大げさです。
そのため、床束は既存の大引に3ヶ所ほど仕込むことにしました。

3ヶ所にしたのは、束石がわりのコンクリートブロックが残り3個だから。
この3個にしても仕込む意味が薄いくらいには大引が頑丈です。

ただ、床束の中には樹脂製のものが残っています。
金属製はともかく、樹脂製は日光が届かない場所でしか使えず、
これらを使い切ってしまいたいのが正直なところ。

あぁ、早くスタイロフォームを仕込みたい。
早く捨て貼りを固定してしまいたい。
早く合板を敷きたい。

年内に……終えたい。

  1. 2021/10/23(土) 18:27:00|
  2. リフォーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

微妙に腹立つ

副業にて構外での作業中、左腕に何かが触れたような感覚があり、
見てみると(黒い上着に)真っ黒い何かが付着していると分かりました。
どうやら鳥のフンらしいです。

ハトやスズメとは違う、あの汚物っぽい色ではない。
上長にティッシュを貰って拭き取ると……とんでもない色でした。

「なに食ったら、こんな色になるんだ」
「えー? うっわ……すげぇ色」
「ボールペンでも食ったのか?」
「ははははは」

藍色でした。
自分のハンドルネームに使う文字───と気づいたのは帰宅してからでした。

  1. 2021/10/22(金) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

七片 藍

Author:七片 藍
フリーイラストレーター

当ブログについて
:本家[ether]
:mixi[499935]

カレンダー

09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリ

絵:執筆情報 (69)
ソーシャルゲーム系 (28)
TCG系 (15)
書籍系 (18)
絵:個人作品 (14)
トップ等 (10)
聖域 (1)
悪魔 (1)
神威 (1)
ほか (1)
日常 (3781)
菜園 (662)
創作 (92)
疑問 (4)
ゲーム (28)
スポーツ (2)
探しもの (8)
生物 (57)
DIY (414)
修理 (14)
リフォーム (83)
未分類 (2)

検索フォーム

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QR