第27緑化地区

フリーイラストレーター七片藍のブログ/第27緑化地区

ブシャーーーーーーー!

副業の粗大ゴミ置き場にて、ある物を見つけたのが十日前の話。
上長に話すと、「うちとしてはゴミが減るし構わない」として持ち帰ることになりました。

何かと云うと、高圧洗浄機の「ケルヒャー」です。
よく見ると耐圧ホースが折れ曲がっており、少し破れていました。
もしかして……と思ったのが持ち帰った理由です。

廃棄された理由は「壊れた(使えなくなった)から」ということですが、
そう判断された理由が耐圧ホースの破れだけなら───

「(直せるかも?)」

───という淡い期待のもと、取り組むことにしました。
大体のことは考えていたので、手段の補強にネットで調べてみる。

コンプレッサーで使うエアホース用ジョイントを挿入。
ホースの外側をホースバンドで締めて固定。
これなら圧力にも耐えられそう。

そこまでが一昨日の話です。
本日に試運転してみたところ……成功しました。
竹垣の汚れや、ブロック塀の黒い苔も綺麗に洗い落とせます。

それなりに圧力が高いため竹垣を洗浄するには注意が必要で、
日光で傷んだ表皮の繊維が毛羽立つようになります。
この上から保護塗装をする必要がありそう。

ともあれ、ジョイント1つ、ホースバンド2つ、しめて400円。
お古ですが、とうとう高圧洗浄機を400円で入手してしまいました。

現場復帰だ、よろしく頼むぜ。

  1. 2021/03/31(水) 22:05:32|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

時間は作るもの

今期も確定申告が4月まで延期となりましたので、本業を前倒しで進めることに決め、
4月~5月末の案件まで完了させ、日程に余裕を作ることが出来ました。

目的は、確定申告のほかにも叔父から頼まれている商品パッケージ作成や、
菜園で夏野菜の仕込み、何より床修繕、その他の修理などです。
とにかく作業系が多い。

一方、ある物の修理を終えたので明日は試運転しようと思います。
上手く行けば……数千円分の費用が浮くことになる。

どうなるかな。

  1. 2021/03/30(火) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ズン・ズン・ズン

やはり雨のせいだったのか、この日は頭痛もなく過ごせました。
本業が数年目となる頃に多発していた頭痛と同様の痛みだったため、
おそらくは気圧の変化によるものだったのでしょう。

当時、その頭痛が血圧に起因するものとは考えもしませんでした。
なんとなく脈を計った時、1分間に100回以上の心拍があると知り、
そこから血圧を疑って以来、すっかり発生が治まったのです。

脈拍も60~70回程度までに下がり、血圧の目安も分かって来て、
私の場合、上が135を超えると吐き気がするといった具合。

心拍と共に鈍痛が襲う、あの頭痛、
昨日は久しぶりに「来た」ので肝を冷やしました。

これが普通だった頃が恐ろしい。

  1. 2021/03/29(月) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

時間が足りない

終日の雨が影響しているのか、起き抜けから頭痛が続いており、
午前中の内に済ませておく予定の作業が終わりませんでした。
昨日の記事にも書いた引き戸の件です。

不足している12mm分の高さを引き戸の上桟(かみざん)に足すべく、
木ネジを打つ箇所に下穴、ネジ頭が隠れるようザグリ穴も開けておく。
ここまでで限界でした。

さて、敷居の問題は少し特殊な例になりそうです。
経年で擦り減ってデコボコになった敷居を真っすぐ均(なら)すには、
削って「低い方に合わせる」か、凹みを埋めるしかありません。

しかし擦り減り分が多く、これを削ると引き戸は今よりも沈みます。
よって削らずに均す必要があり、上から凹みを埋めるしかない。
その上に敷居すべりテープでも貼り、擦り減りを遅らせるくらいか。

肝心なのは、凹みを埋める手段です。
今のところ、床束を固定する時に使った根太用ボンドが候補。

乾燥までに24時間も必要ですが……。

  1. 2021/03/28(日) 23:59:00|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

重なる宿題

キッチンと隣の空間を隔てる引き戸が少し傷んでおり、
先月にガラスも割っているため、取り替えることになりました。
もともと同じくらいの大きさで、使っていない引き戸があったので交換です。

……とは云え、完全に同じ寸法というわけではありません。
正確には高さだけが少し足らず、これまでの戸よりも12mmほど低い。

この不足分を補うための角材(18×18mm)を購入し、
厚さ6m分だけ切り落とすことになったのですが……。

材質はヒノキなのに、妙に硬くて切りづらい。
結局、カンナがけで6mm分を削り落とすことになりました。

さて、敷居をレールとして戸車を転がし開け閉めする引き戸です。

・経年劣化で変形した戸車が転がる時にガタガタと音を立てる。
(使い続けると敷居の溝が削れてデコボコになる)

・開閉の重さで無駄な勢いがつき、ぴしゃりと乱暴に閉まってしまう。
(衝撃で引き戸そのものが傷んだり、ガラスが割れかねない)

───後者を解決するため溝を削って平らに均(なら)すと、
当然ながら溝が深くなるので引き戸そのものが低くなります。

さぁ、面倒なことになって来ました。

  1. 2021/03/27(土) 23:59:00|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ここですよ!」

「起きてる? お母さんが探してた本が見つかったよ!」

妹からのメールで目覚めました。
10年ほど前から母・私・妹の3人体制で検索にかけていた本ですが───

・正確な書籍名が分からない
・ISBNコードが付されていない
・装丁も分からない

───という情報の少なさから、何も引っ掛からなかった本です。
このたび、それがオークションに出品されていたとのこと。
探している本は何冊かあって、その一つです。

古本と古書の違いは「絶版となっているかどうか」とする例もあるようですが、
本書も例外ではなく、当時と比して4倍くらいの価格となりました。

「落札する前に、お兄ちゃんに相談しようと思って……」
「行け、絶対に落とせ」

結果、落札することが出来て母は大喜び。
夕食時は、ちょっとしたお祭り騒ぎみたいな空気でした。

聞けば、本日になって「ふと」また探してみたところ偶然にも見つかり、
私からの「行け」という返答を待っていたとのことです。
何が「ふと」思い至らせたのか。

思えば、私がテレホンカードを見つけた時もそうでした。
失って20年後に買い戻す切っ掛け(偶然)としては出来過ぎている。
そして、それぞれの出品期間など大して長くはありません。

求められた品は、求める者を呼ぶのかも知れません。

  1. 2021/03/26(金) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バタバタ

副業を終えて正午まで本業を消化した後、あちこち用事で走り回っておりました。
車を出して3時間で6ヶ所へ向かって戻ると、もうクタクタになりますが、
一度で幾つかの用事を済ませると達成感があります。

本業は今月中にもう一枚を完了する予定でした。
本日に提出した作品でさえ〆切は来月なので問題ないものの、
前倒しで消化して行かないと、床修繕の時間を確保できそうにありません。

よって来週にも一枚を仕上げて提出したい。
明日から着手してギリギリ間に合うかどうか。

ああ、畑で暴れたい。

  1. 2021/03/25(木) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

私が悪うございました

知り合いが、お子さんを連れて近況報告に来ました。
子供時代には近所付き合いがあり、母に会いに来たのですが……。

よちよち歩きを始めたお子さんが、私を見て大泣きします。
不在だった母に電話を入れ、すぐこちらへ来ることになったものの、
母の仕事場から小さなウサギのヌイグルミを持って来ても泣き止まない。

「あぁ悪かった、ゴメンな、怖かったな」
「おかしいな~、珍しいんですよ、こんなに泣くの」

覚えたての「その場を去る時は相手に"バイバイ"する」という習慣が先立ち、
大声で泣きながら私に手を振るという、器用な反応を示します。
こっちが申し訳なくなる状態でした。

「お袋が来るってさ、気の毒だから僕は引っ込むね」
「すみません~」

彼女は妹の一つ歳下であったことから、昔は私も遊んであげたりしました。
仕方なく玄関で待ってもらうことになり、数分後に母が来て落着。

「はぁ、ようやく落ち着いたわね」
「本当に珍しい、うちの旦那は平気なのに」
「そりゃ父親は別よ」

父親が基準だったのか。
安心したような、ハードルが高すぎるような。

赤ん坊に泣かれると、表現しようのない敗北感があります。

  1. 2021/03/24(水) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

隣の巨人

結局、正午までの提出は諦めました。
と云うのも、昨日に引き続いての居残りだったからです。
午前中の1時間を埋められてしまうのは辛いものがあります。

話は変わって、同級生の親父さんが畑をやっていると知ったのが一昨年の話。
さて、もともと元気な人だとは思っていましたが……。

つい先日、奥さんである小母さんとも話しています。
いったんは少し離れた場所に住んでいたものの、同じ町内に戻って来たので、
変わったところがあったら教えて欲しい、と云われて数日後の本日───

「玄関のあれ、ネギなの? すげぇ立派」
「Tちゃんのお父さん、畑やってるって云ってたでしょ?」
「知ってるよ、広いところで」

「20代の頃から続けてて、かれこれ40年だって」
「40年んん?!」
「大根も凄いでしょ、ほら」

───苗にもできるネギ、葉っぱ付きの大根、漬物。
これらを抱えて実家を訪れ、全て置いて行ったのだとか。

「……うちの畑は恥ずかしくて見せられん」
「ね、もう商売できるわよ、あの人」

サラリーマンの傍らで畑を続けていたのだとか。

私の父は、町内の納涼盆踊りで太鼓を叩いておりました。
その父の手ほどきを受け、ある年では二人して太鼓を叩いたこともあり、
引退してからは方々へ太鼓の指導に向かっているそうです。

すぐ近くに居た大先輩。
少しだけ関わっていた父の足跡。

やっぱり部屋に籠ってばかりだとダメですね。

  1. 2021/03/23(火) 23:59:00|
  2. 菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

古参の風格

この日は副業で上長が出勤後すぐに不在となったため居残りです。
こんな役回りも当たり前になって来ました……まぁいいけど。

───って、良くない。
明日の正午までに本業を一点提出する予定なのに。
でも昨日の作業では大して進まなかったし、あまり自分を信用できない。

〆切そのものは来月なので焦る必要はないのですが……。
ああ、こういう気の緩みが「追い詰められないと」ってやつなんだろうな。

どこまでも、夏休みを遊び惚ける小学生の気分が抜けない。

  1. 2021/03/22(月) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

七片 藍

Author:七片 藍
フリーイラストレーター

当ブログについて
:本家[ether]
:mixi[499935]

カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

絵:執筆情報 (69)
ソーシャルゲーム系 (28)
TCG系 (15)
書籍系 (18)
絵:個人作品 (14)
トップ等 (10)
聖域 (1)
悪魔 (1)
神威 (1)
ほか (1)
日常 (3781)
菜園 (662)
創作 (92)
疑問 (4)
ゲーム (28)
スポーツ (2)
探しもの (8)
生物 (57)
DIY (414)
修理 (14)
リフォーム (83)
未分類 (2)

検索フォーム

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QR