第27緑化地区

フリーイラストレーター七片藍のブログ/第27緑化地区

20年ふたむかし

この日はローカル日記の歯抜けを思い出せずに居たので、
妹を頼り、「***に行ったのは何曜日だっけ?」などと尋ねました。
頼もしいことに、あっさり解決したので感謝しています。

日記と云うと、小学生時代には毎日の「今日の出来事」を書かされ、
書いて教師に提出しないと叱られたりしたものですが、
そんな私が、かれこれ20年も続けるとは我ながら驚きです。

20年か……書き始めた頃に生まれた人が成人するほどの時間。
あえて十数年前の日記を読み返すことはないものの、
それはHTMLデータなので「面倒臭い」というのが本音です。

いつか参照しやすいように整理したいな。

  1. 2020/09/30(水) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1日2人分の体力が欲しい

副業の作業負担が激しかったものの、なんとか完了。
間違いなく副業を始める前よりも体力が増しています。
男として自分に失望しない最低限の程度……だと思いたい。

この日は、そんな状態で畑へ行き少しだけ作業をしました。
今年は自分の引っ越しや修繕作業があって思うように畑へ出られず、
用地の確保や作物の仕込みが遅れたり、あるいは断念することになっています。

と云うのも、母が飛び地で植えてしまったサツマイモが3ヶ所あり、
それらが地味に用地を圧迫してしまったのも理由の一つですが、
近々収穫するため少しだけ用地を確保できそう。

しかし、この時期からの確保と云えば冬場の白菜用。
その白菜の苗も発芽状況が思わしくない。

うぬぬ……今年は予定外のことが多すぎる。

  1. 2020/09/29(火) 23:59:00|
  2. 菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

廃棄物処理

副業への出勤時間帯は、そこそこ冷えるようになりました。
あれだけ世間を苛んだ忌々しい暑さも、退くとなると早くて重ねて忌々しい。

この日は、先日の作業で生じた化粧板を処分しに行きました。
そこそこの量ですし、処分場では重量によって処分料が変わるため、
少々気になっていたのですが……案に相違して軽かったようです。

さて、涼しくなって来たし修繕作業も頑張りたいところですが、
本業も進めねばならないので、さらなる計画性が求められます。
計画性のない人間には重い。

一方で、総面積の7割程度を終えたキッチンの再塗装は、
仕上がりを見た妹が褒めてくれたので一安心です。
母がオークションで仕入れたペンキの色でも助けられています。

なんだか、色々できるような気がして来ました。

  1. 2020/09/28(月) 23:59:00|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

青写真

この日はキッチンに新たな点検口を設置するべく、
予定位置にある表層のフローリングを剥がすことにしました。

おさらいすると、フローリング材は多層構造になっていて、
土台となる合板の上に化粧板が接着され、これが"見た目"になっています。
この化粧板を剥がすと土台の合板だけとなり、今はその状態です。

そして、このキッチンは過去にもフローリングの敷き直しが施され、
この時にも「表層の化粧板だけを剥がしている」ようでした。
土台の合板を残して新たなフローリングを敷いたわけですね。

よって、最初のフローリングを「第1フローリング」と称した場合、
先日に私が剥がしたのは「第2フローリングの化粧板」であり、
今のキッチンは同様に土台の合板が残った状態です。

つまり上から見ると───

・第2フローリングの化粧板(先日に撤去)
・第2フローリングの土台合板
・第1フローリングの化粧板(過去に撤去済み)
・第1フローリングの土台合板
・床板

───こうなります。

予定では第2フローリングの土台合板は全て撤去。
先日に化粧板を剥がした際、接着力が強くて幾つか割れてしまいました。
元に戻すため再接着しても、水平が保てなくなる可能性があるからです。

点検口は食器棚の移動先となる予定地の手前。
作業空間を確保するため、最低でも60センチ四方は欲しい。

実際に作業するとなると、ものすごく疲れそう……。

  1. 2020/09/27(日) 23:59:00|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

試してみたい

副業で残業が長引いたので、ぐったりしました。
食事と休憩なしで5時間異常もバタバタ……関節が煙を立てそうです。

その副業の帰り際、ブラジル人の現場仲間が話しかけて来ました。
この人には以前に畑で栽培したテーブルビート(ビーツ)を渡しています。

「テレビでビーツを扱ってるのを観たんだけど───」

包丁でビーツを切ったことがある人ならご存知でしょうが、
とても鮮やかなワインレッドの色素を伴って滴ります。
そのまま染料として使えそうなほどです。

「───お米を炊く時に使って、綺麗なピンク色にするんだって」
「おぉ……確かに、アレなら出来るはず」
「凄かったよ、ビーツだから七片さんに話さなきゃと思って」

「うちでもエンドウ(※)を使って作ろうとしたことがあった」
「どんなの?」
「皮が紫で、それを煮出して米を炊くんだけど……」

(※ツタンカーメンのエンドウ豆、または古代エンドウ豆)

皮付きのまま豆を茹でたため豆の色が悪くなってしまい、
「薄いピンクの米+薄いグリーンの豆」という組み合わせにならず、
あまり食欲を刺激されない色合いとなり、失敗したことがあります。

これまで2回ビーツを渡していますが、またお裾分けしようと思います。

  1. 2020/09/26(土) 23:59:00|
  2. 菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もっと別の表現は

母の入院中は関係者への連絡・対応が主だったわけですが、
その大半を消化してくれた妹に、服を買ってあげることにしました。

とは云っても私のファッション感覚は壊滅的なので、妹に選ばせます。

「これ、後ろはどうなってる?」
「肩甲骨の高さまで来てる……なんて云うか───」
「?」
「金太郎のアレみたいに、キュッとなったやつが」
「もうそれにしか見えない……」

私が云いたかったのは、金太郎の前掛けで云う首元のあたりですが、
「それにしか見えない」と返すあたりは"そのもの"に見えたのでしょう。

結局は別のものにしたわけですが、そちらは気に入ったようで、
少し先で寒くなった頃に着られるものになりました。

まぁ喜んでくれたから、いいか。

  1. 2020/09/25(金) 23:28:17|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

商売道具

副業が忙しすぎて疲れ果てました。
4時間ほどとは云え、休憩なしの力仕事なので消耗が激しい。
一気に上昇した体温が下がる時、耳の穴から魂が抜けるかのようです。

帰り道で畑に寄ってサトイモと茄子に水やり。
どちらも大量の水を必要としますが、このところ雨が降りません。

ところで仕事用のパソコンが不調です。
私の作業環境は、ソフトの関係で未だにWindowsXPのまま。
オフラインで使っているものの最近は起動しないことも増えました。

既に10年くらい使っているので、さもありなん。

云い方を変えれば、イラストを描くための環境は知れていて、
高い解像度と重いフィルター処理、複数のレイヤを処理できれば、
ロボットに変形できそうな物々しいマシンである必要はありません。

とは云え、もう型落ちも型落ちであること否めない。
また出費が……修繕で色々と物入りなのに。

貧乏暇なし。

  1. 2020/09/24(木) 22:38:52|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

110%給油

ようやく体が「非常用」から解除されたらしく睡眠を要求されます。
思うに、人間の体は通常から非常への延期対応を強いるにあたり、
ただの睡眠だけでは脳が臨戦態勢のままなので、休めていないのでしょう。

よって普通の睡眠に加えて余分に眠らないと十分とは云えず、
それを済ませてからが「回復した」と実感できる段階だと思います。

……否、そうでないと立ち上がれない年齢になったということか。
非常時の気力や体力はリザーブタンクみたいなもの。
満タンまでには、いつも以上の給油が要ります。

さて、イラストレーターのブログなのに自宅の修繕に関する記事ばかり。
分かってはいますが、どうせ私の絵画に関する知識なんてのは、
高校に美術教科そのものが存在しなかったので義務教育どまりです。

よって七片と同程度の「絵の描き方に関する教育上の知識」は、
中学校を卒業していれば十分に必要量を満たせています。
そして私は図画工作や美術の成績で5を取ったとはありません。

あとは個人の選択によって憶えることが変わるので、書けることが少ない。
そして、ここに掲載できるのは手がけた仕事の内容くらいですが、
発売前は載せられることにも制限があり、あまり話が拡がらない。

そんなわけで特に何もない限りは修繕に関する記事です!
でも今日は休息を優先したからね!

もう強気で行こう。

  1. 2020/09/23(水) 17:14:14|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二転三転

先週から昨日までの数日間、母が入院しておりました。
3年前にも同様の症状で短期入院していたわけですが、
コロナ禍からの数ヶ月、とにかく色々あって体に負担が来たようです。

家族としては母の仕事が一時休止となるため対応に追われ、
私は初日に何も食べないまま駆けずり回ったりしておりました。
本業は中止して副業のみ出勤し、あれこれする内に母は昨日で退院。

疲れた。
家族に何事かあると、私は体の代謝が抑制モードに入るらしく、
食事はしないか一食、お通じは排尿だけ、よく眠れずに過ごします。

当然ながら自宅修繕も休止していましたが、
一方、電動カンナで怪我をした指は殆ど元通りに回復しています。

やはりキズパワーパッド(湿潤治療)は凄い。
副業の現場で話題にしたところ「凄いよね、高いけど」とし、
使ったことがある人なら効果の絶大さを認めるところのようです。

まだ少し皮の厚みが足らない感じですが、入浴時の防護も必要なく、
まずまず問題ない程度となったので安心しました。

さぁて、本業と修繕に向けて頑張らねば。
修繕の順番としては、色々と考えたものの……まずは点検口。

これは何よりもまず食器棚の移動先を確保するのが目的です。
床下へは、床下収納のハッチから進入することも出来ますが、
食器棚の移動後は正反対の位置となるため、遠くなります。

よって、移動先の近くに新たな点検口を設けるほうが良い。
こうすれば食器棚の床下を思う存分に強化することが出来ます。

物事の"方角"が分かって来ると、次第に癒される頭の疲労。

  1. 2020/09/22(火) 22:58:47|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミルフィーユ

今後の修繕工程を整理しておりました。
頭痛は何とか治まりつつありますが、その頭痛が起きた日、
床修繕の主役ともなる構造合板を調達しています。

現在の床は、本来の床板にフローリングを敷いていたようです。
これ自体は普通のことですし、そのフローリングが傷むのも普通。
実際、フローリングの寿命は10~20年とのこと。

ただし今回の床では、過去にフローリングを敷き直している様子。
最初のフローリング(旧)が傷んだので化粧板を剥がし、
そこに次のフローリング(新)を重ね貼りしたようです。

先日の通り、私が剥がしたのはフローリング(新)の化粧板。
これらの多層構造を上(表層)から順番に書いてみると───

[1]フローリング(新)の化粧板 ※先日に撤去
[2]フローリング(新)の下地板
[3]フローリング(旧)の化粧板 ※かなり昔に撤去済み
[4]フローリング(旧)の下地板
[5]床板

───という具合です。
一方、割れて沈むのは[5]の層すら割れているからです。
2枚のフローリング下地は薄いので、踏み抜いた感じでしょう。

つまり、[2]の「フローリング(新)の下地板」の上に構造合板を敷き、
その上にフロアシートを敷いて完成……というのが今回の修繕工程。

[1]フロアシート
[2]構造合板
[3]フローリング(新)の下地板
[4]フローリング(旧)の下地板
[5]床板

あるいは───

[1]フロアシート
[2]構造合板
[3]床板

───という、簡素な3層にしてしまうのも良いでしょうが、
新旧フローリングの下地を撤去するかどうかが思案のしどころ。

頭痛が再発しそう。

  1. 2020/09/16(水) 23:59:00|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

七片 藍

Author:七片 藍
フリーイラストレーター

当ブログについて
:本家[ether]
:mixi[499935]

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリ

絵:執筆情報 (67)
ソーシャルゲーム系 (28)
TCG系 (14)
書籍系 (18)
絵:個人作品 (14)
トップ等 (10)
聖域 (1)
悪魔 (1)
神威 (1)
ほか (1)
日常 (3636)
創作 (86)
DIY (162)
菜園 (615)
疑問 (3)
ゲーム (27)
スポーツ (2)
探しもの (6)
生物 (51)
未分類 (2)
修理 (8)

検索フォーム

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QR