第27緑化地区

フリーイラストレーター七片藍のブログ/第27緑化地区

また一仕事

窓枠洗浄のために布マスカーを買ってきました(400円くらい)。

これは塗装作業などで設備や家具を汚さないよう覆うためのもので、
ポリエチレンの養生シートと粘着テープが一体になったものです。
簡単に云えば───

「シートで覆ってセロテープで固定する」

───という行程が、このマスカーひとつで済むというもの。
養生シートがカーテンとなり、塗装や汚れを寄せ付けません。
1.8メートルというシートの広さが心強い。

こんなものを買ったのは、窓枠を外しての洗浄を諦めたからです。
大きな窓ですし、倒して窓ガラスを割ろうものなら、
転居直前に原状回復費が上がってしまいます。

窓枠の洗浄は、セスキ水を充填したスチーマーを使います。
屋内へ汚水が滴らないよう養生を施すわけですね。

さて、それを仕事の傍らで済ませなきゃならんのだよな……。

  1. 2020/01/09(木) 23:59:00|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こだわり

玄関ドアを拭き掃除しました。
外から吹き込む風は粉塵をまとい、結構な汚れになります。
これをきっちり終えてしまえば、大掛かりな掃除はベランダの窓枠だけ。

昨今の建築物では窓の構造やガラス板の強度が上がっており、
ベランダから広い景色が臨める一方、窓そのものが大型化しています。
よって窓枠から外して洗浄する際、下手に扱うとガラスを割ってしまう。

養生(マスキング)しての洗浄か、分解洗浄か。
掃除は思いつく限りで徹底的に済ませたい性分なので、
転居してしまうと分かっていても綺麗にしたい。

仕事に並行しているので、どこまでやるべきかな。

  1. 2020/01/08(水) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

買い物には己を知るべし

奇妙な大雨に、傘を忘れて出勤した妹を車で迎えに行き、
ついでに妹の買い物に付き合って幾つか回りました。

「仕事で蛍光ペンを使うんだけど、指定された1種類だけなんだよ」
「100円ショップに置いて───ないな」
「ペンは補充できるタイプだけどインクは自腹という……」
「あぁ? ケチくせーな」

結局、その日は良いものが見つからず諦めましたが、
ついでに見て回ったホームセンターのクッションのコーナーにて、
妹は自室で使うものを買うかどうか悩んでいる様子。

「これがいいと思うんだけど」
「長いこと使ったら結局は潰れないか?」
「それなんですよねぇ、試してみる」

<間>

「───ちょっと硬いかも」
「これは?」
「これは……いい」

こういうところ、男女で差がありそうです。
私は少し固めでないと「起きるのが嫌になる」ので使いません。
同様の戒めとして、自室のコタツは十数年前に封印したくらいです。

「枕にも使えて、寝返りを打っても高さが変わらないのがいい!」
「それは人間をダメにするやつだ!」
「フフフ……」

会社でのストレスが凄いらしいので、これくらいは必要なのかな。

  1. 2020/01/07(火) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あと少し

本年の副業が初出勤です。
年中無休の現場は、5日まで補助スタッフがないままだったとか。
正社員からは愚痴を聞かなかったので、あまり負荷はなかった様子。

さて、転居へ向けての掃除も幾らか先が見えて来ました。
あとは玄関とベランダの窓枠くらい……のはず。

年末に退去の意思を伝えた管理会社からは、退去申請書が届きました。
これを提出すれば大家が検査に訪問することとなります。
こちらが期日を指定する形です。

一方、契約者たる私の瑕疵(かし)であろう箇所は2つありますが、
それらを考慮したとしても敷金は大半が戻るのでは、と考えます。

独り暮らしを始めた当時に比すれば色々なものが揃っているため、
25年後の転居にあたって入り用な物は、さりとて多くありませんが、
いずれ戻ることを忘れてすらいたお金は奇妙な感じもします。

しかし、私は基本的に"そういうもの"を当てにしない人間です。
何らかの目的に補填されることで「やっぱりね」と失われ、
差し引きゼロになると考える程度が妥当に思える。

お金は殆ど全ての"代わり"になってくれます。
今回の転居で、足掛け25年の私に対する叱責があったとして、
全く格好いいものではなかった独り暮らしに対しては───

「その年齢に相応しい人間か?」

───と云われているような気がしてなりません。
子供相手なら、とっくに含蓄のある一言でも云えねばならない歳です。
そして残念ながら、己の尻を叩いて学ばされたことが幾つあったことやら。

その意味で、万事の帳尻合わせに宛がわれても仕方ないとすら思える。
昨今は敷金や礼金が必要ない物件も増えたことでしょうが、
私にとっては、あぶく銭のようなお金に思えるのです。

皆さん、25年って長いですねぇ。

  1. 2020/01/06(月) 00:00:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

皆のための明日 明日のための皆

連休最終日です。
本当は4日に出勤する予定でしたが休んでいます。
おかげで転居前の清掃が進み、休んだ意味はあったと思いたいです。

昨日は予定になかったもののジャガイモの全収穫。
収量は……思った以上に少なく15~20kgと云ったところ。
仕込みは昨年の彼岸までに済ませたのに、遅かったようです。

それでも、これだけのジャガイモを買えば2000円くらい?
種芋の購入費用(400円程度)は回収できたし、十分でございます。

さて、明日からは出勤という方が大半です。
私は年末年始は(大晦日まで出勤した以外)普通に休めたので、
27歳で退職するまでにあった───

「あぁ……また平日が始まる」

───という、あの何とも云えない感じを十数年ぶりに味わっています。
それ以降は、とんと私の年越しから抜け落ちいていた感覚です。

思うに、これは4日間以上の連休が「そう思わせている」気がします。
昨年までの私は、連休と云えば最大3日間の設定でしたが、
こんな感じを味わわずに過ごしたような。

私の場合、昨日に出勤していれば「いつも通り」だったのでしよう。
転居のために掃除や手続きを進め、下手に色々とやることがあったので、
連休と云えど、それなりに忙しかったのも理由でしょうか。

人間、働くのが億劫にならない程度の働き方/休み方をすべきです。
その境界線が「休むなら3日間まで」であるように思えます。

好きな時間に寝起きするのは最高の贅沢ですねぇ。

  1. 2020/01/05(日) 18:57:21|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

経年劣化

昨夜は浴槽の磨き掃除をしていたのですが、
洗面台の裏面を拭こうとしたところ、何かがポロッと脱落しました。
排水口と排水パイプを繋ぐ、フクロナットと呼ばれる部品です。

洗面台からは排水パイプが垂直に接続されており、
フクロナットは接続の固定に使われる直径50m程度の金属ナット。
通常はハンマーでも使わない限り変形させることも困難なはずです。

「(腐食してる……)」

ナットは真っ二つ。
表面は、海底にある岩のような何とも形容し難い状態でした。
僅かな傷か亀裂から侵食が進んだのでしょう。

そのせいで排水パイプも脱落してしまいました。
排水口からバシャバシャと野放図に吐き出される水。
足元が水浸しになるし、手を洗うどころではありません。

ここ数日で腐食したわけでないことは明らかなので、
耐水ガムテープでパイプを固定させ、排水のみ解決させました。
私が転居するまで維持されれば、それで結構。

いつもならフクロナットを購入して自分で直すところですが、
先日、2階の知り合いと話した時に感じたのは───

「設備に関することは管理会社に伝えればいい」

───という意識が、私から殆ど抜け落ちていることです。
私が管理会社に電話を入れたのは、25年目の退去申請が初めてでした。

独り暮らしを始めてから、なんとなく自身で解決するのが当然になり、
エアコンの故障ですら、その処分を除いて自費購入を検討したほどです。
思えばドア蝶番の注油やら水漏れやら……大抵は何でも一人で解決したな。

それを楽しんでしまうのが一番の理由か。

  1. 2020/01/04(土) 20:03:26|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

残念ながら

昨夜は一年8ヶ月ぶりくらいに発泡酒を飲んで眠りました。

以前の私は「何も考えずに眠りたい」と思う時だけ飲んでいましたが、
副業を入れてからは、とんと飲む機会を失って一年以上が経っています。

感想───もう飲まないかも。

もともと、お酒を美味しいと思える人間でないようです。
貰い物で高価な品を幾つも試しましたが、どれも口に合わない。
それゆえ寝酒に使う程度でしたし、それも必要ないとなると……。

飲まなくていいじゃないか。
寝酒を入れると翌日の昼間に眠くなるし、いいこともない。
今は別の方法で眠れるようになったし、お金を使わずに済む。

たしなむ程度、それでいいかな。

  1. 2020/01/03(金) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パッチワーク

本日は浴室(ユニットバス)の掃除と友人宅への訪問でした。
午前中に2階住人の知り合いと話し、転居の件を話題にした際、
浴室の壁面について───

「大変でしょ」
「黒カビがねぇ、壁一面に」
「俺そんなの出たことないよ」

「やっぱり途中でリフォームとか入れてたのかな」
「エアコンは、俺が越して来た時に"94年製"ってなってた」
「94……僕が暮らし始めたのは───95年か」

───と云う事実が分かりました。

どうやら2階住人のユニットバスは抗菌素材が使われています。
一方、私のユニットバスは入居直後に管理会社から連絡が入り、
「浴室の消毒を忘れていたので消毒料は返金する」ということに。

「えー……」
「返さなくていいから消毒して欲しかった……」
「あっはっは、まぁ杜撰な管理会社はあるからねぇ」

私のアパートは、大家の息子さんが相続したことを転機とし、
昨年に入居当時の管理会社から離れています。

何の設備を変えるにせよ、集合住宅の各室に一斉着手するのは困難です。
一時的に、住んでいる人を追い出したり設備が使用不能となります。
よって空室を対象として逐次……というのが基本。

それも私が転居しなければ、今後ずっと実施されないことでしょう。
足掛け四半世紀も私の生活を支えてくれた部屋が生まれ変わるには、
ほかならぬ部屋の主が足を引っ張る現状を変えなければ。

残すところ一ヶ月くらい、かな。

  1. 2020/01/02(木) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

20200101

皆様あけましておめでとうございます。
本年も、etherならびに七片藍をよろしくお願い申し上げます。
旧年中はサイト更新が出来ておらず申し訳ありません。

大晦日の夜は、ずっしりと重い冷え込みが横たわりました。
一昨日の副業出勤よりも明らかに寒さが深まっています。
たった一日で低くなりすぎです。

年末くらいは一年分の疲れを癒したかったので、
いつもはシャワーで済ませるところを風呂に浸かりましたが───

「(……あの汚れが気になる)」

───と、全裸のまま風呂掃除をしました。
シャワーを出しっ放しにすれば浴室の温度も下がりません。

それはともかく昨年から元号が平成から令和に変わり、
あと少し経てば転居も終える予定で、私には変化が多いです。
さりとて自分に求められるものは変わらず、脱線も出来ません。

そういうわけで今年の抱負は「かっちり詰めること」。
仕事にしろ引越しにしろ、整理して計画的に進めたいです。
今のところ転居後の段ボール箱を開封することから始まりそう。

これまで仕事を落としこそしないものの納期交渉はありましたし、
自分の落ち度だけではないにせよ、ぼろ雑巾のように格好悪く、
ようやく終わって泥のように眠ることが多かったです。

転居を終えてしまえば、懸案事項の幾つかは片付いたも同然。
いよいよ弁解の余地もないので年齢に相応しく振る舞わねば。

……と、書いている傍から眠うございます。

  1. 2020/01/01(水) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ

プロフィール

七片 藍

Author:七片 藍
フリーイラストレーター

当ブログについて
:本家[ether]
:mixi[499935]

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ

絵:執筆情報 (63)
ソーシャルゲーム系 (28)
TCG系 (14)
書籍系 (17)
絵:個人作品 (14)
トップ等 (10)
聖域 (1)
悪魔 (1)
神威 (1)
ほか (1)
日常 (3464)
創作 (85)
DIY (101)
菜園 (600)
疑問 (3)
ゲーム (27)
スポーツ (2)
探しもの (6)
生物 (49)
未分類 (2)
修理 (8)

検索フォーム

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QR