第27緑化地区

フリーイラストレーター七片藍のブログ/第27緑化地区

「もう買おう」

妹の自転車を修理しました。
先日の記事に書いたとおり、バルブの根元が裂けたことによる空気漏れで、
こればかりは(今の私に)修理方法がないためチューブの新調が確実です。

不要になったチューブを切断してみると分かりますが、
内部は白っぽい粉のようなものが一面に塗布されています。

これはチューブ(ゴム)の劣化防止や内側での張り付きを防ぐためで、
本来はチューブの外側にも使ったほうが長持ちするのです。
(実際に専用のパウダーも販売されています)

そして今回のように「バルブの根元が裂けた」状態を直す場合、
まずバルブが金属、チューブはゴムという性質の違いで接着しづらく、
バルブが突き出ている以上、通常の修正パッチ(面状)が使えません。

これが車やバイクにおけるパンクの場合、ちょっと事情が変わります。
殆どがチューブレスでタイヤが分厚く、"楔(くさび)"が使えるのです。
接着剤と共にゴムの楔を突っ込むことで、強引に塞げてしまうわけですね。

しかし自転車のタイヤは薄く、せいぜい数ミリ程度です。
タイヤが無事でもチューブに穴が開いていれば意味がありません。

では、外側からの接ぎ当てが無理なら内側からは?
たとえば傷口から接着剤を流し込むとかは?

これも、皮肉なことに先述のパウダーが妨げとなります。
セロテープの接着面に砂をかけるようなもので、
接着力が極端に低下するため塞げません。

一つ考えている手段もあるのですが、接着剤が乾くまでの時間が怖い。
どうにか固定した状態を保つため、ジグ(治具)の作成が必要です。
そして、それをやるくらいならチューブを買うほうが手っ取り早い。

多発する事例ではない点も、対処が進化しない原因かなぁ。

  1. 2019/09/16(月) 23:59:00|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

七片 藍

Author:七片 藍
フリーイラストレーター

当ブログについて
:本家[ether]
:mixi[499935]

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カテゴリ

絵:執筆情報 (63)
ソーシャルゲーム系 (28)
TCG系 (14)
書籍系 (17)
絵:個人作品 (14)
トップ等 (10)
聖域 (1)
悪魔 (1)
神威 (1)
ほか (1)
日常 (3352)
創作 (85)
DIY (95)
菜園 (583)
疑問 (3)
ゲーム (27)
スポーツ (2)
探しもの (6)
生物 (49)
未分類 (2)
修理 (8)

検索フォーム

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QR