第27緑化地区

フリーイラストレーター七片藍のブログ/第27緑化地区

40株くらい

カラッと晴れたのでジャガイモを収穫することにしました。
週間天気予報に注目した上で大雨の前に済ませるべきでしょうが、
今回は私が仕事で忙しかったため日延べした結果です。

今回のジャガイモは4段階に分かれて仕込んでいます。
その中で前半と後半で大きく二分でき、今回は前半部分。
前半と後半の違いは、用地に耕運機を入れたかどうかです。

前半は耕運機を使いこなせておらず、むしろ使うことを避けていました。
後半は耕運機を入れた結果、土が小麦粉のように細かいです。

ジャガイモは根菜ですから、分かりやすい形で土の状態が反映されます。
芋は育つための隙間を求めつつ土を押しのけて大きくなるので、
小石が多いと奇形になり、土を押しのけられないと小さいのです。

このため上下左右へと自由にさせるのが良いわけで、
そうした余地を作るのが畝(うね)であり、さらに土着せであるわけですね。
まじめに土着せを始めるまでは、鶏卵くらいのジャガイモがせいぜいでした。

さて、今回は先述の"前半"を収穫したわけですが、
ソフトボールに匹敵するような大きいものがゴロゴロと出ます。
総重量32.6kg……一家で消化するには多きずる量です。

「すごいわねぇ!」
「これだからやめられない」

母も大喜びでした。
収穫は全体の半分くらいですから、まだまだあります。
後半の耕運機による恩恵が楽しみです。

とりあえず、フライドポテトかな。

  1. 2019/06/18(火) 23:59:00|
  2. 菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

5時!

日増しに夜明けの明るさが増し、暗い時間帯が短くなっています。
そんな本日、先週末に直近の本業から解放されたこともあり、
副業を終えた後の強い眠気に甘えを許し、正午前に眠ったところ───

「(はっ?!)」

───なんとなく薄暗い室内。
壁のアナログ時計は5時を回り、とうに副業へ向かう時間帯を過ぎていました。

「(あああ、いかん、すぐに準備を……目覚ましはどうした?!)」

副業も1年半を過ぎましたが、寝坊は一度もありません。
数段階に分けて携帯電話の目覚ましをかけてあったものの、
眠る前に充電状態を確認していませんでした。

鳴らなかったものと思い込み、改めて"携帯電話で"時間を確認してみる。

[17時23分]
「は?」

ようやく時間を飲み込むことが出来ました。
朝の5時ではなく夕方の5時です。

「かーっ……なんだよ、もう」

思わず独り言が出ました。
高校時代の電車通学から、私は24時制で生活しています。
よって年に一度はアナログ時計での誤認があるのです。

よく眠れたから、まぁいいや。

  1. 2019/06/17(月) 00:00:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゴオオオオオ……

ファンが二つあるサーキュレーターを長いこと使っているのですが、
一つはカーテンのほつれた糸を巻きこんで壊れてしまい(多分ヒューズ)、
残り一つはファンカバーがホコリまみれで風力が激減しています。

なぜホコリくらい掃除しないのか。
このサーキュレーター、カバーが外せないのです。
カバーには格子があって、あまつさえ密度が高いためホコリが溜まりやすい。

くるっと機体を見回してもボルト1本すら見当たらない。
はめ込み式だとしたら下手をすると割ってしまいかねない。
掃除機で強引にホコリを取り除いて来ましたが、根本的に解決しない。

はっ! なぜ思いつかなかったのか。
型番を検索して分解例を調べればいいじゃないか。

あっさり記事に行き当たったので読んでみたところ、
カバーを外すには機体後部からボルトを外す必要があるとのこと。
なんでこんな面倒な仕組みに……。

ボルトは奥まったところにあって、さらっと見た程度では見つけづらく、
機体が黒いこともあって影になるとサッパリ見えない。
「分解できない」と思わせるくらいには巧妙です。

カバーを取り外し、今まで掃除できなかった箇所を綺麗にしました。
やはり扇風機にしろ換気扇にしろ、こういう分解掃除が一番いい。

風力は、弱・中・強と3段階あります。
さて性能を取り戻したサーキュレーターの風力は、いかほどでしょうか。

掃除前と掃除後を比較してみます。

・掃除前の[弱] ほぼ風が起こらない → 掃除後:掃除前の[強]と同じくらい
・掃除前の[中] 風があると分かる程度 → 掃除後:暑い日に理想的な風量
・掃除前の[強] 掃除後の[弱]と同じ → 掃除後:強すぎて使いたくない

結果、[弱]でも十分なくらいに復帰しました。
試しに[強]を使ったところ、もうむしろ寒いくらいです。

いずれ片方も修理しよう。

  1. 2019/06/16(日) 23:59:00|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

修理費63円

全く予報を裏切らない雨でございます。

雨が降ると草むしりが楽になるのは事実ですが、長靴が土団子で重くなるし、
別に晴れていても捻り鎌を使えばいいだけなので、あまり嬉しくない。
そのため仕方なく別の用事を消化することにしました。

私が運転する自家用車はキーレスエントリーを採用しております。
車体に接近しただけで開錠できるスマートキーほどではありませんが、
私のような貧乏人には生意気な便利機能です。

───が、数年前からキーに問題が生じました。
電池の交換くらいは自分で済ませる程度の知識はあるものの、
「これ」ばかりは部品がないとどうしようもない。

何かと云うと、キーレスボタンの脱落です。
シリコンゴム製なのでしょうが、何度も押すうちに傷でも入ったか、
いつの間にか無くなっていて内部のスイッチが露出していました。

それから数年。
ボタンが脱落したことで内部スイッチを押すしかなく、
キーカバーより沈み込んでいて非常に押しづらかったのです。

いつかやろうと思いつつ、良さそうなものが入手できずにいました。
……というのは建前で、本当は安く入手できなかったのが理由です。

それで何が欲しかったかと云うと、「何かのリモコン」。
キーレス用のボタン(丸形)を失敬できれば何のリモコンでも問題ない。

リサイクル店を見たものの、最低でも100円程度。
高いわ! ボタンにしか利用価値がないのに払えるか!
しかしそれでは解決しないので「63円」を見つけて妥協しました。

買ったのは、手のひらに収まる(何らかの)小さなリモコンです。
早戻し、早送り、スキップ、スロー、字幕、録音、USB/SD等など。
DVDプレイヤーか何かのリモコンだったのでしょうが、別に何でも構わない。

パカッとリモコンを分解すると、内部は基板とシート状のゴムボタンがあります。
ボタンそのものに印字されているため不恰好ですが……そのうち消えるでしょう。
キーレスボタンは丸形なので、同じ丸形の"録音"ボタンを切り取って失敬。

一方でキーレスのゴムシート(ボタン)は簡易の防水性を保つため、
キーカバーのシーリングも兼ねており、これはこれで流用せねばなりません。
よって「キーレスのゴムシート+リモコンのボタン」という組み合わせです。

仕組みが分かっていれば、多少の無茶はどうとでもなる。
録音ボタンを挟み込んでキーカバーを閉じ、ネジを締めて完了。
駐車場へ行って開錠テスト……成功しました。

あぁ、「普通にボタンを押せる」って快適です。

さて、残ったリモコンのゴムシートはどうするか。
丸形は、あと[ズーム]、[リピート]、[USB/SD]の三つ。

またいずれ脱落した時のために保管しておこう。

  1. 2019/06/15(土) 23:59:00|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お天道様には逆らえない

ようやく直近の案件が完了したと思いたいです。
先々月からの案件であったにも拘らず、全く余裕のない仕上がりでした。
久し振りに怪物を描くことが出来たのに……こんな思いは二度と御免だ。

缶詰めを終えたことですし、この週末こそは必ず畑に……!

───と思ったら雨か!
梅雨らしい梅雨だけど間が悪すぎるんだよ!
ちょっとは私に気をつかって半日くらい草むしりさせてくれよ!

あぁ、畑がみっともない。

  1. 2019/06/14(金) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「これはダメ、あれは良し」

副業からの帰り道では幾つか水田を通り過ぎます。
この時期になると水場の近くでは鮮やかな(しかし不気味な)物体があり、
ジャンボタニシ(スクミリンゴガイ)の卵は離れていても目立ちます。

数日前、あぜ道を歩くカラスの姿を見ました。
身を乗り出して、田んぼの中に居る昆虫か魚でも食べているのでしょうが、
彼の足元にはジャンボタニシの卵があり、ちょっと見入りました。

この卵には毒があります。
彼の目に留まるだろうか……と注目すると、無視。
やはり食べ物として認識されていない様子。

ジャンボタニシは日本において侵略的外来種に数えられる生物ですが、
一方でアメリカザリガニも同じく侵略的外来種です。

そんな本日、またカラスを見ました。
田んぼから飛び立ったと思うと、あぜ道に着地し───

「(あ、それは食べるんだ)」

───捕獲したばかりの元気なアメリカザリガニを突付いていました。
同じ外来種であっても、彼は「食べられないもの」を知っています。

たくましいなぁ。

  1. 2019/06/13(木) 23:59:00|
  2. 生物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

豪雨一過

暗渠のそばに落ち葉が掃き寄せられ、昨日の大雨を物語りました。
自転車で5分も走れば大きな用水路があるのですが、
昨日の雨で増水した様子は凄かったことでしょう。

私はずっと仕事をしていたため、外出は食事だけ。
この案件を終わらせないと体調も戻る気がしません。

あと2日か。

  1. 2019/06/12(水) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ザーーーーーー!

仕事が忙しいのでブログが滞りがちです。
夕方頃から激しい雨が降り、まるで一年分の降水量を思わせました。
ここ数年は空梅雨が多いので、その意味では帳尻を合わせるかのようです。

……畑は雑草が凄いことになるんだろうな。
そして、いよいよヤブ蚊に対策しないと酷いことになる。

でもその前に仕事。

  1. 2019/06/11(火) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

早く出たい

思いがけずコンビニで現場リーダーに会いました。
1歳しか違わないので友人感覚ですが、あまり話し慣れないのか、
見た目に反して咄嗟の話題づくりが苦手な人物らしいです。

「ははっ、こんな所で会うとは」
「だって住んでるの向かいのアパート……」
「え? そうなの!?」
「もうすぐ四半世紀になりますよ」
「そんなに?!」

こういう時、私は大抵が自身の環境を話題にします。
弄っても笑い話で済ませると嫌味にならないからです。

「もうすぐ引っ越すけど」
「どこに!」

持ち場の補助役(私)およびリフトマンが減ることを恐れたのか。
引継ぎに困るような専門業務でこそありませんが、
人手不足の現場には地味で大きな一撃です。

「自宅が500メートルくらい遠くなる」
「5……ちょっとズレるだけってこと?」
「実家に帰るの」
「そうかー」

「だって去年アパートにリフォームが入ったけど古参は対象外だから」
「あ~……」
「そんで新入居者より家賃が高いなんてバカバカしくて」
「あるねぇ、俺もそうだった」

身近なところに共感してくれる人が居ました。

「あ、お金を下ろすんだった」
「明日もよろしく」
「うっす」

仕事が忙しくて片づけが止まってますが。

  1. 2019/06/10(月) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

疲労蓄積

ほぼ仕事だけの一日。
途中、小雨の中でジャガイモの収穫をしました。
なかなかの大きさだったので満足です。

ひとまず14日までは本業が忙しいので頑張らなければ。
次の案件は16日開始なので、2日間は休める。

おぉ……畑に行ける。

  1. 2019/06/09(日) 23:59:00|
  2. 菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

七片 藍

Author:七片 藍
フリーイラストレーター

当ブログについて
:本家[ether]
:mixi[499935]

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

絵:執筆情報 (61)
ソーシャルゲーム系 (28)
TCG系 (13)
書籍系 (16)
絵:個人作品 (14)
トップ等 (10)
聖域 (1)
悪魔 (1)
神威 (1)
ほか (1)
日常 (3184)
創作 (77)
DIY (86)
菜園 (557)
疑問 (3)
ゲーム (27)
スポーツ (2)
探しもの (5)
生物 (44)
未分類 (2)
修理 (8)

検索フォーム

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QR