第27緑化地区

フリーイラストレーター七片藍のブログ/第27緑化地区

「まだまだ若いモンにゃ負けん」

仕事の気分転換に畑へ行きました。
四月になり、今回の契約更新で用地を解約したのは3件となり、
一人が1ヶ所、もう一人が2ヶ所、そして我が家が1ヶ所と計4ヶ所です。

解約した用地は会計年度末(3月末)までに収穫や除草作業を終えておき、
そこに地主が耕運機を入れて再作業が可能となることで"更地"となり、
次の契約が決まり次第、改めて誰かが栽培を始めるわけですが───

「うちは、最初に借りたところを解約したんです」
「あそこか」
「でも地主が耕運機が入れてないんですよ、ほかは入ってるのに」
「必要ないからだろよ、あれだけ綺麗にしてありゃあ」

古参利用者と話していたところ、そんな感想でした。
本当は耕運機を入れたほうが良いのでしょうが、もう解約しています。
お節介で我が家の耕運機を入れるにしても、契約者の同意が必要です。

さて一方で、我が家の耕運機なのですが……。

<<ドドドドド……>>
「(えぇと、ギアはニュートラル、テンション解放、ローター回転オン……)」
<<ドドドドド……>>
「(今はハンドルを反転してるから操作が逆になってバックギアで1速……)」
<<ドドドドド……>>
「(よし、テンションを掛けてローター耕作開始、かつ前進!)」

なんとか少しずつ使えるようになっています。
この耕運機と(これまでに経験した)管理機との違いは、
耕運機では耕作ローターが機体後部、管理機では前部という点です。

前部の場合、前進しつつ用地の突き当たりまで耕作できますが、
後部の場合、突き当りまで耕作するなら機体が先に用地を越えます。
よって障害物があると隅々まで耕作することが出来ません。

ただし、この耕運機はハンドルとシフトレバーを逆向きに固定できます。
つまり管理機と同じような使い方ができるわけなのですが、
左右クラッチとシフトレバーの操作が正反対になる。

ハンドルが正位置の場合、機体を右折させるなら右クラッチを握りますし、
シフトレバーは、左から[後進]-[1速前進]-[2速前進]という具合です。
ハンドルを逆向きにすると、これらが正反対になる。

危険なのはクラッチよりもギアの位置です。
後進(バックギア)は前進よりも速度が遅くて助かるのですが、
操作が逆になるので、後進したい時は[1速前進]が後進の扱いとなります。

よって後進させたい場合、もともとの[1速前進]で迫ってくるわけです。
そこにローターの回転が上乗せされるので、1.5倍くらいの速度で後退する。

「(うおおっっと! テンション解放!)」

Vベルトのテンションを解放すれば、ローターが力を失って"上乗せ"消滅。
こうして冷静に操作できるようになったのは本日になってのことです。
ようやく「耕作したい範囲」の全てを終えることができました。

結果───

「すごい、スコップを使って掘り起こしてた深さまでフカフカだ」
「全然ちがうわねぇ」
「こいつは使いこなしたいな」

───既にジャガイモは60株ほど種芋を仕込み終えていますが、
これだけ違うと分かってしまうと、植え直したくなるくらいです。

叔父に発動機の調整方法を聞いてみようかな。

  1. 2019/04/04(木) 23:59:00|
  2. 菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

七片 藍

Author:七片 藍
フリーイラストレーター

当ブログについて
:本家[ether]
:mixi[499935]

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

カテゴリ

絵:執筆情報 (66)
ソーシャルゲーム系 (28)
TCG系 (14)
書籍系 (18)
絵:個人作品 (14)
トップ等 (10)
聖域 (1)
悪魔 (1)
神威 (1)
ほか (1)
日常 (3529)
創作 (85)
DIY (112)
菜園 (609)
疑問 (3)
ゲーム (27)
スポーツ (2)
探しもの (6)
生物 (51)
未分類 (2)
修理 (8)

検索フォーム

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QR