第27緑化地区

フリーイラストレーター七片藍のブログ/第27緑化地区

千生り

夜が明ける前から雨が降っていたようなので、ヤーコンの仕込みは中止。
雨水を吸うと土が重くなるので、昨日の作業で畝立てしておいて正解でした。
今日は注文しておいた隼人瓜(はやとうり)を買いに行っています。

隼人瓜は寒さに弱く、冬が本番となる前に枯れてしまいます。
株の根元に籾殻などを積んで越冬させることも出来るので、
我が家の隼人瓜は2回ほど越冬に成功していたのですが……。

昔の集団就職で九州から愛知へ移り住んだ人に隼人瓜を見せると、
私の地元では扱っている例が少ないこともあるせいか、
故郷を懐かしんで「一つ欲しい」という人が多いのです。

そうして一昨年の年末から副業が入り、そこで知り合いに会い、
その人が九州の出身であると知り、隼人瓜の話をしたのでした。

「おう、漬物が道の駅で売ってたりしたなぁ」
「じゃあ、今年の収穫で渡しますね」

そう約束していたのに、昨年の正月あたりは非常に寒かったため、
株元に籾殻を積んだにも拘らず越冬させられませんでした。
一つだけ残った種子を仕込んだものの、それも失敗しています。

ギリギリになって苗を入手しようとしたものの、全く販売されていない。
ネットを探しても売り切れ・売り切れ・売り切れ……。
そんなわけで昨年は諦めたのでした。

今度こそ! というわけで種苗店に予約したのが先月の話です。

しかし隼人瓜は一つの株で200個くらいの瓜が収穫できます。
おまけにツルが広範囲に展開するため、それなりに用地が必要です。
できれば1個で発芽し生長してほしいものの、2個は要らない。

「あれは1個で十分ですよねぇ?」
「分かるけど、『1個だけ』と決めるとプロでも自信ないよ」
「2倍になるとなぁ……とんでもない数になる」

種苗店の店主も、絶対とは云い切れないのが困ったところです。

「まぁ、両方とも発芽したら間引くしかないね」
「それしかないか」
「収穫できたら、次からは自分で苗を用意できるし」
「仕方ない、2個お願いします」
「2個ねー」

1年ぶりに入手した隼人瓜。
どちらかが発芽してくれればいい、どちらかが。

2個ともじゃないぞ、どっちかでいいんだ。

  1. 2019/04/10(水) 23:59:00|
  2. 菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

口中を制する香り

半年以上も前から耳掃除のたびにガサゴソと音を立てていた原因が、
ようやく本日の耳掃除で出て来て、スッキリしたような寂しいような。
ちなみに散髪した時に入ったと思われる1cmくらいの短い髪です。

夕方まで仕事を続け、少し気分を変えるため畑へ行きました。
菜園では大抵の利用者が私より(親子ほども)年上ばかりですが、
その中に一人だけ、あまり年齢が離れていない男性利用者が居ます。

寡黙な利用者が多い中、この人も例に漏れないわけですが、
私は老若男女の別なく声を掛けるせいか、よく話すようになり、
この日は私がぼやいた内容に笑っていました。

「畝立てが真っ直ぐにならない!」
「ちゃんと畝立てするだけ偉いよ、俺やってないもん」
「僕のヘソが曲がってるんすかね」
「はっはっは」

その後、野菜の話になります。

「ネギが太くていいなぁ、うちのは細くて」
「いやいや、もうネギ坊主まで出来ちゃってるよ」
「それ食材としては良いらしいですよ、たしかに量産しづらいし」

「そうなんだ? 知らなかった」
「でも天ぷらにして気に入ったのはニンジンの葉っぱかな」
「わかる! あれ美味い!!」

「いけます? セリが大丈夫な人は楽しめるでしょうね」
「同じ仲間の植物だからねぇ」
「それは僕が知らなかった」

身近なところに共感してくれる人が居ました。
調べてみると、セリ科で共通しているのですね。

本日はヤーコン用の畝立てをして完了……明日は隼人瓜を買いに行くぞ。

  1. 2019/04/09(火) 23:59:00|
  2. 菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カタカタカタ……

規約の再校は殆どが終わりました……あと1ページ。
今回の文書を見ていると、あちこち変な表現を使っていたり、
「それ必要?」と思える文言が多く、とても気になります。

国語の成績も(5段階評価で)3が最高だった程度の国語力ですが、
そんな私から見て「おかしい」と思えるのは、本当におかしいのでしょう。

単純に修正箇所のみを直すだけで済まそうと考えていたのに、
どうせならばと細かいところも直しておくことにしました。

・金額の単位があったりなかったりする
・改行位置のせいで非常に読みづらい
・句読点がない
・二重表現

その他色々。
仕事も進めなきゃならないのに、損な性格だと思います。

文書を打つのが嫌いじゃないのは、明らかに日記のせいなんだろうな……。

  1. 2019/04/08(月) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

損な役回り

仕事ばかりしていました。
ここ最近の本業は(一昨年から)仕事が減ったこともあって、
公開許可が不明なままの作品が多いため、7月の掲載も怪しいです。

そんな本日、母から頼まれものがありました。
母が自治会の会計役をしていたのは昨年3月末までのことですが、
自治会の規約を記した文書を再校してほしいとのことです。

もともと数年前から云われていたことらしいのですが、
母が役員だった頃に改めて頼まれ、そのまま忘れられてしまったとか。
その時から数えても一年以上が経過しています。

昨年度の自治会は役立たずばかりでした。
母を含めた2017年度の面子が一生懸命にやった意味もなくなっています。
それこそ暇人ばかりだった昨年の面子が再校しておけば良さそうなものです。

「これ全部を?! いつまでに」
「水曜日には要るって」
「よくそれを頼む気になったな……こっちも働いてんのに」

母の会計文書にケチをつけて来ること数回。
規約にない役員を作って名乗り出したと思ったら、半年後に辞退。
仲良し面子で好き勝手に活動し、その面子からも辞退者を出しています。

母は今年の役員ではないし、あまつさえ私は実家に済んでいません。
よって自治会には無関係で引き受ける義務もない。

さりとて、この四月からは新しい顔ぶれに変わっていますし、
今回の依頼は昨年の自治会ではないので、文句も云いづらい。
必死で尽くした母に嫌がらせをした連中は、本物の役立たずでいてもらおう。

再校した文書を渡す時「2018年度の役員は8割がゴミ」とでも告げようかな。
えぇい、絶対に手間賃を請求してやるぞ。

  1. 2019/04/07(日) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バカの大足用

会社勤め時代からの習慣で、仕事や作業で軍足を履くことが多いのですが、
昨年に購入したものが全て穴明きとなったため、新たに買い求めました。

綿で作られているため吸汗性があり、肉体労働には強い味方。
つま先に手袋のような左右別の"指あり"と、普通の靴下と同じ指なしがあり、
前者は足袋に似た二本指と、五本に分かれたものがあります。

今の私が使っているのは二本指。
左右の違いがあるため、洗濯物を溜めると組み合わせを間違いやすい。

副業と畑作業の両方で使っているため劣化も早いわけですが、
普通の靴下よりも左右の違いがあることを意識するせいか、
劣化の傾向に偏りがあると気づきました。

<<踵(かかと)は左足のほうが早くダメになる>>

おそらく副業でのリフト作業によるものであると考えます。
私は左足に重心を預けたまま運転するため、生地が早く傷むのでしょう。

加えて、畑での作業は長靴の中に土が入り込むことがあり、
夏場は用水路で長靴ごと洗うことが多いものの、冬場は導水が止まるため、
どうしても軍足が汚れやすく、土の汚れは簡単には落ちてくれません。

その程度たるや洗濯前と選択後の違いが分からないくらいに「落ちない」。
ほかの黒い靴下は、よくある紳士用の安物なので作業には向きません。

「(黒い軍足があればいいのに!)」

───ありました。
染色済みのためか通常のものより少し割高ですが、真っ黒です。

ようし、お前これで畑でも現場でもボロになるまで使い倒すからな。

  1. 2019/04/06(土) 00:00:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「いただき!」

副業での作業中、現場仲間の知人から告げられました。

「あんたのお袋さん家、ベランダでハンガーを盗んでる奴が居たぞ」
「えっ?」

この人は、もともと母の仕事で関わっていた人です。
副業の現場で母の知人であると分かり、とても良くしてもらっています。
この人が居なければ、とっくに副業を辞めてしまったかも知れない。

そんな人の云うことだから、それなりに確信があっての発言であるはず。

「昨日くるっと自転車で走ってたら、ちょうど通りかかってよう。
 サーッと入ってくから様子を見てたんだ。
 ハンガーは、ハリガネで出来たやつな」
「ふんふん」

実家は、隣の自治体にいる老婆から長年の嫌がらせを受けています。
真っ先に疑ったものの、これまで人目につく手段で何かされたことはない。
大抵は根も葉もない噂を立てられ、事後に誰かの口から聞くことばかりです。

「で、バサッと逃げた先で器用にハリガネをほどいてやがった」
「……」
「カラスが」
「は?」

逃げた先は近所の美容院で、その屋根でハリガネを弄んでいたようです。
巣作りに利用できそうな形に整形してから山へ飛び去ったとか。
カラスって本当に知能が高い。

思わず現場にて二人で大笑いしてしまい、同じ調子で母に話したところ、
目を丸くしてベランダへ行き、「たしかに減ってる!」と叫びました。

云われてみれば、10年くらい前にも驚いたことがありました。
1メートルほどの枝をくわえ、重そうに低空飛行しながら飛ぶカラス。
枝は接地していたので「くわえて飛ぶ」と云うより引きずる感じ。

ゴミ捨て場で食料を調達し、利用できれば人間すら欺く。
そんな彼らが、私は嫌いになれません。

  1. 2019/04/05(金) 23:59:00|
  2. 生物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「まだまだ若いモンにゃ負けん」

仕事の気分転換に畑へ行きました。
四月になり、今回の契約更新で用地を解約したのは3件となり、
一人が1ヶ所、もう一人が2ヶ所、そして我が家が1ヶ所と計4ヶ所です。

解約した用地は会計年度末(3月末)までに収穫や除草作業を終えておき、
そこに地主が耕運機を入れて再作業が可能となることで"更地"となり、
次の契約が決まり次第、改めて誰かが栽培を始めるわけですが───

「うちは、最初に借りたところを解約したんです」
「あそこか」
「でも地主が耕運機が入れてないんですよ、ほかは入ってるのに」
「必要ないからだろよ、あれだけ綺麗にしてありゃあ」

古参利用者と話していたところ、そんな感想でした。
本当は耕運機を入れたほうが良いのでしょうが、もう解約しています。
お節介で我が家の耕運機を入れるにしても、契約者の同意が必要です。

さて一方で、我が家の耕運機なのですが……。

<<ドドドドド……>>
「(えぇと、ギアはニュートラル、テンション解放、ローター回転オン……)」
<<ドドドドド……>>
「(今はハンドルを反転してるから操作が逆になってバックギアで1速……)」
<<ドドドドド……>>
「(よし、テンションを掛けてローター耕作開始、かつ前進!)」

なんとか少しずつ使えるようになっています。
この耕運機と(これまでに経験した)管理機との違いは、
耕運機では耕作ローターが機体後部、管理機では前部という点です。

前部の場合、前進しつつ用地の突き当たりまで耕作できますが、
後部の場合、突き当りまで耕作するなら機体が先に用地を越えます。
よって障害物があると隅々まで耕作することが出来ません。

ただし、この耕運機はハンドルとシフトレバーを逆向きに固定できます。
つまり管理機と同じような使い方ができるわけなのですが、
左右クラッチとシフトレバーの操作が正反対になる。

ハンドルが正位置の場合、機体を右折させるなら右クラッチを握りますし、
シフトレバーは、左から[後進]-[1速前進]-[2速前進]という具合です。
ハンドルを逆向きにすると、これらが正反対になる。

危険なのはクラッチよりもギアの位置です。
後進(バックギア)は前進よりも速度が遅くて助かるのですが、
操作が逆になるので、後進したい時は[1速前進]が後進の扱いとなります。

よって後進させたい場合、もともとの[1速前進]で迫ってくるわけです。
そこにローターの回転が上乗せされるので、1.5倍くらいの速度で後退する。

「(うおおっっと! テンション解放!)」

Vベルトのテンションを解放すれば、ローターが力を失って"上乗せ"消滅。
こうして冷静に操作できるようになったのは本日になってのことです。
ようやく「耕作したい範囲」の全てを終えることができました。

結果───

「すごい、スコップを使って掘り起こしてた深さまでフカフカだ」
「全然ちがうわねぇ」
「こいつは使いこなしたいな」

───既にジャガイモは60株ほど種芋を仕込み終えていますが、
これだけ違うと分かってしまうと、植え直したくなるくらいです。

叔父に発動機の調整方法を聞いてみようかな。

  1. 2019/04/04(木) 23:59:00|
  2. 菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

20年二昔

ほぼ仕事と自室の片付けだけで一日が終わりました。
後者は引越しのための準備で、おもに書籍類のまとめです。

ガラガラだったアパートが昨年にリフォームと新入居者を迎え、
あっと云う間に満室となった反面、私の部屋に手入れは何もなく、
古い環境のまま家賃は新入居者よりも高いとわかりました。

これは契約更新がないことによるものですが、面白い話でもないし、
2階の住人や周囲の騒音が酷くなってきたので引越しを決め、
少しずつ私物を段ボールに詰めている毎日です。

とりあえず本が多いので取捨選択しつつ詰めておりますが、
さっさと撤収したい気持ちが強いので、あまり時間をかけたくない。

要らない本を処分するのは引っ越した後でも出来ることですし、
まずは物を減らすことから始め、作業空間も確保したいところです。

二十数年も世話になった環境であることには変わりがないので、
個人で可能な範囲のほかは諦めるとしても、きっちり掃除もして、
「お世話になりました」と頭を下げて去りたい。

当時に生まれた子供が成人してしまうほどの期間を過ごし、
このアパートで夜明けを迎えなかった日は一ヶ月分にも満たないほど。
ずいぶん長いこと居たことになります。

去ると決めたら様々なことを思い出す。
父が来てくれたのは1回だけだったかな?
友人や同僚、挙句は弟の彼女さんまでゴロ寝する自由な部屋でした。

人生って色々あるな。

  1. 2019/04/03(水) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

現役

副業の現場にて、一回りほど年下の現場仲間と新元号の話をしたところ、
「俺、ギリギリ昭和生まれっすよ」と、昭和63年生まれだと返されました。
彼が産声を上げた時、自分は中学生だったと思うと奇妙な感じです。

そんな現場にて、ある品物を目にしました。
子供の玩具が入ったパッケージがあるものの、ちょっとボロボロ。

「なんだこりゃ」
「何や、ちょっと前からあったよな」

仲良しである知り合い(65歳)も、頭に「?」を付けています。

貼り紙がしてあり「お客の私物を破損してしまった」という理由で、
事務所が同品を弁償したものの、破損はパッケージだけだった様子。

ついては中身が無事であるため「誰か1500円で買って!」と続いています。

「そういうことか」
「おっほ、じゃあ俺が買うわ」
「へ? お孫さんって男の子でしたっけ?」

「二人とも男ん子じゃ」
「はは、懐かしいなぁこれ」
「帰りに頼めばいいか」

何かと云うと、スターウォーズのグッズです。
子供の頃、郵便局で貯金箱を貰ったことがありました。

思えば長いよなぁスターウォーズ……こっちも昭和・平成・令和を渡ってる。

  1. 2019/04/02(火) 00:00:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

令和

新たな元号は「令和」となり、今日から四月です。
実家に行き、母とともにテレビで発表を待ちました。
当然ながら(この文章を打つ時に)まだ変換できません。

令和かぁ、画数が少ないのは寂しいですが私は好きです。
天気も良かったし、良い方向に向かってくれるといいな。

・5円で色々買えた。
・電話は近所に借りに行っていた。
・よその家に上がらせてもらってテレビを観た。

・あまり車が走っていなかった。
・発動機ひとつで様々な機械を利用できた。
・外国人はテレビの中でしか見たことがなかった。

親から昔の話を聞くにつけ、途方もなく遠い時代に感じましたが、
自分が生まれた昭和が2つ前の元号となった本日を迎えて、
令和となっては何を遠くに思うのか。

さしずめ───

・メールの代わりは手紙だった。
・テレビやモニターはブラウン管だった。
・カメラ、テレビ、演奏プレーヤーは別々の機材だった。

───こんなところでしょうか。
大抵は現在でも残っているのが不思議な感じです。
これから何が「記憶にしか残っていないもの」になるのだろうか。

私にとっては近所の様子かな……子供時代の景色が少ない。
なんとか変わらずに残っているものを撮影して回ろうか。

うむ、ちょっと考えておこう。

  1. 2019/04/01(月) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ

プロフィール

七片 藍

Author:七片 藍
フリーイラストレーター

当ブログについて
:本家[ether]
:mixi[499935]

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

カテゴリ

絵:執筆情報 (63)
ソーシャルゲーム系 (28)
TCG系 (14)
書籍系 (17)
絵:個人作品 (14)
トップ等 (10)
聖域 (1)
悪魔 (1)
神威 (1)
ほか (1)
日常 (3461)
創作 (85)
DIY (101)
菜園 (598)
疑問 (3)
ゲーム (27)
スポーツ (2)
探しもの (6)
生物 (49)
未分類 (2)
修理 (8)

検索フォーム

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QR