第27緑化地区

フリーイラストレーター七片藍のブログ/第27緑化地区

あとは「食べたい時に食べること」

母の買い物に付き合って走り回っておりました。
寒さが深まって着膨れするせいか、衣類の重さで肩がこります。
数年前に弟から貰ったベンチコートが万能すぎて手放せません。

ところで先日のハマスゲ除去で鍬を振り回しすぎたせいか、
どっしりと両肩が重く、つられて瞼も重くなって起きているのが辛いです。
寒さで血行が悪くなるのも原因の一つなのでしょうが、とにかく重い。

時期的に食事は温かいものが欲しくなるわけですが、
食べて体が温まると、よけいに眠くなって作業がおぼつかないのです。

年々、人生最大の贅沢は「眠りたい時に眠ること」であると思えてなりません。

  1. 2017/12/21(木) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハマスゲ根絶作戦

今日は畑を見回るのみ。
ハマスゲについて調べてみたところ除草剤を頼る以外にも手段はあり、
水分の低下あるいは数時間の低温(氷点下)でも枯れるということでした。

ここ数日における地元の最低気温は……1℃。
凍死させるにはギリギリ足りない。

現在、用地の4割には黒マルチを敷いて遮光しています。
これは私がハマスゲの生長を遅らせるために思いついた素人判断でしたが、
再生を止める手段として知られるようで、全くの無意味ではないのだとか。

この4割と、残り6割とで用地を二分し、前者には止むを得ず除草剤を使い、
再び黒マルチを敷くことで除草剤の(雨などによる)飛散・蒸散を防ぎ、
後者6割では水分と気温の低下で戦うのはどうかと考えました。

そうでもしないと進行を止められません。
ハマスゲは、地上では種子を、地下では塊茎によって拡大します。
よって隣の用地を借りている人にも被害が及びかねません。

一方、効果のある除草剤は"非選択性"の薬品であるため、
塗布または散布されると、作物を含めハマスゲ以外も枯らします。
隣の用地にある野菜を守るには、飛散・蒸散を防がねばなりません。

つまりハマスゲと除草剤は、どちらも作物の敵となり得るのです。
この二つを用地内で終了させることが求められます。

四方には菜園仲間の用地があり、より近いのは東西の用地なので、
できれば、その2ヶ所を借りている方にも相談が必要でしょう。
ハマスゲか除草剤か、という選択を迫ることになります。

「家を燃やすか破壊するか」という質問にも聞こえますが、
除草剤は使い方を誤らなければハマスゲだけを根絶できるし、
ハマスゲを根絶できなければ事実上の振り出しに戻るわけですね。

とりあえず、やるべきは凍死作戦。
これが失敗に終わった時のことを考えて除草剤……この順番です。

  1. 2017/12/20(水) 23:59:00|
  2. 菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

沈黙の侵略者

昼過ぎにハマスゲ除去を再開しました……が、予想以上に酷かったです。

この用地は知り合いのお婆さんが借りているものですが、
実はハマスゲが生えたと分かってから、二度の耕運機が入っています。
最初は地主が大型耕運機を、二度目はお婆さんご本人。

ハマスゲが生えた用地に耕運機を入れると、塊根が散ってしまいます。
散った先で版図を拡大させてしまうため、結果的に根絶も難しくなる。
地主が畑の知識に乏しい人だと知ってはいましたが……。

悔いても詮のないことなので再開したものの、塊根の数は増えるばかりで、
根が粘土層に達しているのを見た時は、さすがに気が遠くなりました。

ハマスゲに耕運機が悪手であることは既に書いたとおりですが、
土は耕作しなければ固く締まって耕しづらくなります。

そこに備中鍬を突き立てれば、砕けない土くれがボコッと掘り起こされ、
細い根で数珠繋ぎになった2・3個の土くれに塊根があるわけで、
こいつを砕いて塊根を取り出さないと根絶には至りません。

問題は、土くれの大小を問わないことです。
小さいものでは飴玉くらいの中にも塊根が隠れていますから、
一つでも残せばネズミ算式に殖えて───

「こりゃあ、無理だ……」

───心をへし折るくらいには絶望させられるわけですね。
用地の中心へ近づくにつれ、一度の掘り返しで出てくる塊根の数が増える。
20cm四方から6個の塊根が出てきたし、根絶しないと隣の用地にも被害が出ます。

これは薬剤に頼るしかないかなぁ……避けたかったけど。

  1. 2017/12/19(火) 23:59:00|
  2. 菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

朝まで待てない

今日は誰からも電話が入らなかったので、ゆっくり眠れました。
そうと分かっていても昼間を睡眠時間に当ててしまう生活というものは、
快晴の寒空だろうと畑に居たい私にとって非常に勿体ないです。

ところで畑には特別な50cm立方のボックスがあり、
これは私がボカシを作るために籾殻(もみがら)が入れてあります。

ボカシとは様々な有機物が分解されて作られる肥料のことです。
籾殻や細かくした藁(わら)に糠(ぬか)などを入れて発酵させ、
最終的には分解が進んで粉末になります。

ボカシは微生物の塊で、それ自体に発酵を促す能力があります。
原料さえあれば、さながらヨーグルトの種菌みたいに扱えるわけです。

……が、勉強が足りていないので全く分解が進みません。
分解中は発酵作用で発熱しますが真夏でも常温です。
これは発酵していないことを示します。

放置すると腐敗してしまうので時々混ぜて酸素に触れさせるものの、
かれこれ一年くらい、あれこれやってみても変化がありません。
きれいに籾殻の形が残ったまま腐敗もせず、しっとり冷たい。

改めて調べてみるとボカシ作りも人によって色々でした。
夜中に情報を詰め込むと、今すぐにでも畑へ走りたくなる。

うおお、夜明けよ早く来い。

  1. 2017/12/18(月) 23:59:00|
  2. 菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今期こそ

晴れていれば畑でハマスゲ除去の続きを再開したかったのですが、
晴れてはいたものの、夜中に雨が降ったので今日は諦めました。

この時期に育つ作物は数少なく、どこも似たような作物になり、
そして生長が早いわけでもないため畑の彩りは寂しい限りです。
そんな中、少しずつ白菜の結球が進んでいます。

昨年は一昨年に挑戦して失敗した紫白菜を育てていましたが、
その種から育てた紫白菜も、色は出ないし結球もせずという結果でした。
アブラナ科の交雑しやすい性質により、作物の特性が安定しないのです。

しかし今回は8割の苗がいただきもので、今のところ順調に結球しています。
実を詰まらせていく白菜を一年ぶりに見て嬉しくなりました。

このまま立派に育ってくれ……。

  1. 2017/12/17(日) 23:59:00|
  2. 菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どうせ3割は眠って過ごす

私は夜型生活なので眠るのは大体が正午以降になるのですが、
眠ろうとすると、電話やセールス等が入って起こされるのもしばしばで、
本日は何もなく眠れるかと思ったら、間違い電話で起こされてしまいました。

私は携帯電話のほかに固定電話も契約しています。
現在はネット回線の光通信化に伴って回線を休止してありますが、
独り暮らしを始めた当時('95年)では珍しくもないことでした。

この年くらいから入れ替わるように携帯電話の一般普及が始まっており、
何度となく機種変更を繰り返したものの、固定電話は殆ど変わりません。

設置した当時の電話機が故障した後、同僚に貰った電話機に変わり、
それも故障した後に買ったものは1999年製の電話機です。
パイオニア製TF-V31……検索してもマニュアルが出て来ない。

これは現在に至るまで使い続けています。
携帯電話と違って外部電源なので充電池の消耗といったこともなく、
粗い液晶ではあるものの、しっかりナンバーディスプレイの対応品。

こうして独り暮らし20年間に色々なものが変化する中で、
使い続けているものが十年以上も前のものだったりして、
「そんなに時間が経ったのかなぁ」と我ながら半信半疑ですが───

ボロボロだけど使えるので変えていない洗濯機……これは19年前くらい。
挿絵を担当した書籍や資料が並ぶ書棚……これは22年前。
全ての作業を受け止める机……これも22年前。

───意外と多い。
変わっていないのは私の頭の中くらいなのか。

今年もあと半月を切ったなぁ。

  1. 2017/12/16(土) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

終の棲家

知り合いのお婆さんが地元にご親族を住まわせることになったので、
いくつか条件がある中で、どの不動産屋がいいのかと聞いてきました。

私が現在のアパートを契約したのは、まだインターネットが普及する前で、
不動産情報といえば専門雑誌か看板か、はたまた縁故かといったところ。
しかし現在は携帯端末で物件検索ができる便利な世の中です。

一方で私よりお年を召した方でネットそのものを利用しておらず、
情報を得る手段も電話か足かとなると、この時期はつらい。
私が少し調べてみることになりました。

条件とは「ペット可」という点。
契約するご本人は同じくらい年老いた犬を飼っているそうですが、
今日びの賃貸だと難しいのでは……と思っていると───

「あ、結構あるんだ……」
「そうなの?」

───意外にも市内で幾つかの物件が該当しました。

「**って所、ここは駅から10分ちょっと」
「近いわね!」

賃貸=ペット不可という認識だった私には驚きです。
その意味においては私も古い人間なのだと云えます。

市内には、数分の徒歩で何件かの不動産屋を回ることができる一画があり、
検索結果を持った上で相談してみることを勧めました。

どうか良い物件がありますように。

  1. 2017/12/15(金) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あの味

実家ですき焼きを食べました。
我が家では割下(わりした)の味付けを父が担当していたのですが、
父の亡きあとは、すき焼きそのものを食べる機会が減っています。

理由は私や弟が家を出ているため男衆が居なくなったことでしょうが、
いざ作るとなると、食べ慣れた味わいを再現するのが難しい。

同じく、焼肉のタレについても父が作っていました。
市販のタレを使うこともありましたが、気まぐれに父が作ることもあり、
作りたては舌を刺すようなクセがあるものの、寝かせると非常に美味しい。

この二つについて、いわゆるレシピを知る者が居ません。
とくに後者は色々な材料を使っていたらしく、それが何かも分からない。

ともかく今夜はすき焼きということで母が味付けをしたところ───

「意外といける」
「舌が憶えてるもんだねぇ」

───父の味加減と似ていたので美味しく食べることが出来ました。

しかしタレはどうしようか。
あのゴマをふんだんに使った、寝かせてから初めて美味くなるやつを。

再現に挑戦してみようかな。

  1. 2017/12/14(木) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もののあはれ

山からの吹き降ろしなのか寒風に冷たい欠片が混じりました。
これは地元で雪よりも多く、景色が変わらないのに風だけが冷たい。
そして雪が降っても融けるのが早い……風情がないなぁ。

この季節になると小学生時代に空き地で遊んだ記憶が蘇ります。
テレビゲームなどが流行る前の、子供の遊びが屋外に集中していた頃です。

大抵は草ぼうぼうになった近所の空き地に行って、
捨てられていた竹刀を分解して弓を作ったり(威力が高くて危険)、
動物の骨を見つけて驚いたり、それなりに毎日が色々ありました。

不思議なのは、なぜか夏よりも秋や冬の思い出が多いことです。
真夏に比べれば快適に過ごせる気温であることは分かりますが、
冬は昆虫が少ないし「もののあはれ」を感じるほど大人でもない。

ふと、この「もののあはれ」というものを考える時、
少年時代に見た、遊びの時間が終わって暮れてゆく西の空とか、
不意に誰も居ない空き地で一人になってしまった時のことを思い出します。

これこそ、今になって少年時代の秋を思い出す理由ではないか。
あの頃の景色を見て感じたものは、子供用の引き出しには入っておらず、
いつか思い出して考えるための、大人用の引き出しに入れられたのでは。

少年だった私は、沈む太陽を見送りながら何を考えていたのでしょうか。
親の仕事から云って夕食には早いし、さりとて空は暗くなるばかり。

いや、何も考えてなかったんだろうな……。

  1. 2017/12/13(水) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

甘香

実家にお客さんが来た際、お茶の話になったので茶香炉を焚きました。
茶香炉とは、文字通り茶葉を焚いた時の香りを楽しむものです。

母方の実家は茶園なので年間を通してお茶には不自由しないものの、
きっちり茶葉を使い切るまでにも酸化が進んでしまうため、
少し余った分は茶香炉で炙って楽しむことがあります。

大抵は陶器製の皿に茶葉をのせ、ロウソクなどの弱い火力で炙りますが、
母が専用のロウソクをなくしてしまったので別物で代用しました。
ところが───

「……ダメだ、火勢が凄い」
「ダメ?」
「これ、やっぱり鍋をやる時のやつだよ」

旅館などでも見られる卓上用固形燃料……は、適切ではありません。
電気式のものが安全で良いでしょう。

仕方なく仏壇のロウソクを使うことにしました。

「あぁ本当だ、すごく香りますね!」
「婆ちゃん家の匂いだ」

帰ってないなぁ、九州。
街暮らしの人間が農家に行っても邪魔になるだけですが、
いつか年老いたら引っ越したいとも思っています。

既に人生は折り返し地点か。

  1. 2017/12/12(火) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

七片 藍

Author:七片 藍
フリーイラストレーター

当ブログについて
:本家[ether]
:mixi[499935]

カレンダー

11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリ

絵:執筆情報 (63)
ソーシャルゲーム系 (28)
TCG系 (14)
書籍系 (17)
絵:個人作品 (14)
トップ等 (10)
聖域 (1)
悪魔 (1)
神威 (1)
ほか (1)
日常 (3335)
創作 (85)
DIY (94)
菜園 (581)
疑問 (3)
ゲーム (27)
スポーツ (2)
探しもの (6)
生物 (49)
未分類 (2)
修理 (8)

検索フォーム

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QR