器用貧乏

昨日の間仕切り修理を8割ほど終えました。
ピンを叩き切り、外枠から格子を外せるようにしたことで、
障子紙を楽に貼り直すことができ、時間は掛かりましたが無事に完了。

もともとの不織布から新たに貼り替えた紙は丈夫な紙ですが、
欠点として糊が使えないため、格子には両面テープを用いて貼り付けます。

この作業に手間取りつつ、次なる問題は格子を外枠に戻す行程です。

先に書いたとおり、この間仕切りは全てピンだけで組み付けられています。
よってピンを叩き切ってしまった以上、ほかの方法で組み立てねばなりません。
ほぼ全てのピンを失った外枠は、セロテープで固定したかのような不安定ぶり。

しかし本日の実家には来客があるため、ひとまず作業は終了。

一応の役目を果たせるよう仮組みし、残りは後日としました。
ピンを全て除き、かわりに木ネジで頑丈に組み立てる予定です。
そして接地面にフェルトを貼り付けて床キズ対策も。

こうした修理や畑をやっていると、仕事選びを間違えたかな───と感じます。
プロフィール

七片 藍

Author:七片 藍
フリーイラストレーター

当ブログについて
:本家[ether]
:mixi[499935]

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QR