第27緑化地区

フリーイラストレーター七片藍のブログ/第27緑化地区

やっぱり切れてる

友人に手伝ってもらい自家用車の後部ブレーキランプを交換しました。
先日は車幅灯を交換しましたが、もともとはブレーキランプが発端です。
後続車のトラック運転手に「電球が切れてるよ」と知らされたのが最初でした。

ところが交換しようとしたところ、なぜか今度は正常に点灯していたのです。
左右どちらかが分からないまま本日になって友人をともない確認すると、
ようやく右後部のブレーキランプが点灯しないと分かりました。

交換作業そのものは前照灯に比べると簡単です。
固定ボルトは1本で、ちょっと力を入れて引っ張ってやるだけ。
相変わらず内部ファスナーの脱着時に「ベキッ」と嫌な音を立てます。

今回も左右両方を交換して作業完了。
きっちり点灯を確認したので、しばらくは問題ないでしょう。

自分でやり始めると、あちこち点検したくなるなぁ。
  1. 2017/01/21(土) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食べたいけど

仕事に区切りをつけた後、久しぶりに畑へ繰り出しました。
冬場は雑草が少なく、そして植えられるものも少ないので作業が減ります。
出来ることと云えば次の作物に備えて耕しておくくらいです。

そんなわけで本日はイチゴとキャベツのための用地を確保しました。
作業中、通りかかった知り合いに声を掛けられます。

「おはよう、お母さんは元気? 最近は顔を見てなかったから」
「おはようございます、こないだまで入院してたんですよ」
「えっ?!」

実は月曜日まで母が短期入院しておりました。
先週「縮小更新になるかも知れない」と書いたのは、これのことです。

私のブログは家族や親戚、果ては友人や知り合いにまで知られているため、
とくに故郷の祖母に心配させるようなことを書くのは避けておりました。
自宅療養に変わり仕事に復帰したのが昨日のこと。

症状は出ていても痛みや違和感がなく、患部も特定できなかったため、
日常に戻るまでは話題として避けるよう云われておりました。

「───というわけでして」
「それ私の父も罹ったから知ってるわ」
「お粥で月末まで過ごすことになりそうですけど問題があって……」

「どうかしたの?」
「僕らの食事を、すごく恨めしそうに見るんです」
「あっはっは、それは仕方ないわ」

しばらくは畑の作業も一人で消化することになりそうです。
  1. 2017/01/20(金) 23:59:00|
  2. 菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

慣れない作業

色々と用事があったので走り回っておりましたが、
その前に、我が家の自家用車は車幅灯が切れていたので、
買っておいた新しいバルブ(電球)に交換する作業があります。

前照灯そのものを外さないとソケットに手が届かないのですが、
固定用ボルトを外したにも拘らず……なかなか外れない。
調べたところ、ボルト以外にも固定箇所がある様子。

車には、様々な箇所にファスナー(クリップ)と呼ばれるものが使われていて、
これは固定具の一種でボルト類に比べて簡単に取り付けられるのですが、
大抵はプラスチック製なので、下手に工具でいじると破損します。

今回は前照灯の固定に使われているのが2本の金属ボルトのみ。
ほかには何もないはずですが、一ヶ所だけファスナー式の固定部があり、
外すには前照灯を前方向にグッと押し出してやればいい───とのこと。

[ベキッ]

……嫌な音がしたものの、とくに破損は見られませんでした。
私がファスナーで一番の「嫌いな点」を挙げるとすれば、これです。
外す時にヒヤッとするような音がしたり、たまに本当に割れたりすることがある。

ソケットを外し、バルブを交換して点灯を確認し完了。
バルブが切れていたのは片方だけでしたが、照度に偏りがあるといけないので、
前照灯は左右ともに外し、バルブも新しいものに交換しました。

こんな作業できっちり一時間も掛かってしまった。
  1. 2017/01/19(木) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パンダじゃなくても

出先のリサイクルショップで竹竿が大量に売り出されていたので、
母の仕事場にある庭の柵か、あるいは畑で支柱に使えるということで、
割れていないものを選んで数十本を調達してきました。

竹は、そのまま土に挿して使うなどすると分解されて長持ちしません。
これは微生物が竹に含まれる油分や澱粉を栄養素とするためだそうで、
加熱等の処理を施さないとカビが生えたりもします。

昨年の私は畑で使う竹アーチを自作しましたが、その時も熱処理を施し、
さらに防腐剤を塗布するなどしており、そこそこ手間が掛かっています。

今回の竹は加熱してあるようで、処理の一つが省略できそう。
どちらの用途で使うにしろ時間が短縮できます。

う~ん……太さがまちまちだから柵かな。
  1. 2017/01/18(水) 23:59:00|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[ガチン]

明け方に小腹が空いたのでコンビニのホップコーンを買って食べ、
朝を迎え、実家に行くなどしてから帰宅すると正午を過ぎ、
それから眠ろうとして歯を磨くと唇に異物感がありました。

乾いて固まった練り歯磨きかと思ったら、ホップコーンの殻でした。
たまに歯と歯茎の間に刺さったりすることもありますが、
途中で朝食も食べていますし時間も経っています。

大きさは小指の爪の半分くらい。
どこでどんな挟まり方をしてたんだろう……。

ところで、たまにポップコーンには弾けなかったものが入っていて、
私はこれを不発と呼んでいますが、これについて調べていたところ、
ポップコーンは紀元前の遺跡からも発見されたと知って驚きました。

そして私は夏場の畑でトウモロコシを育てるので、
個人が育てたトウモロコシから作れるものなのだろうかと調べると、
品種が異なるため弾けずに焦げるということも分かりました。

色々あるんだなぁ。
  1. 2017/01/17(火) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

凍らなくても硬い脳

昨夜は遅くなってから再び雪が降ったものの、昼の快晴で消滅です。
車のフロントガラスを覆った氷も日光にはなす術もなく、
みるみる融け落ちる様に太陽の力を再認識させられます。

本日も走り回っていたので熟睡を期待したのですが、
急な寒暖差のせいか眠りが浅く、小用に起き出したりもして不足です。
そして眠り足りないと血圧が上がって頭が痛くなる。

とある記事を見て、年齢に90を足した数が平均血圧の目安と知りました。
事実この数値を越えた時は気分が悪くなっています。
眠らないと何もかもが停滞します。

少し仮眠するかな。
  1. 2017/01/16(月) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

股間が冷たい

スノードームのように穏やかな雪が一晩をかけての銀世界でした。
交通量の多い自宅前の路面でタイヤ痕が残らず消えたあたりは、
恐怖の凍結路面に対策のない(私を含めた)車が走行を控えたと分かります。

それも正午を過ぎると送電線から雫が垂れ、路地は黒々と目立ち始め、
夜は凍結した雪が足元でパリパリと砕ける程度に落ち着きました。
いつものことですが地元の雪は短命です。

でも自転車のサドルは凍らせなくていい。
  1. 2017/01/15(日) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

住めば都というけれど

空が白み始める前から雪が降っては止みを繰り返しております。
地元は雪が少なく、ドカ雪などは十年に一度くらいしかありません。
それゆえ冬は、雪が「降ることもある」という認識です。

こうして雪が降ることで地元で起こることと云えば、
せいぜい雪球を投げたり雪ダルマを作る子供が出る程度です。
路面が凍結することも少なく、対策した乗用車を何台か見るだけ。

雪害なしの水害もなしで、つくづく地元は平和だと感じます。
これが嵐の前の静けさなら、私が暮らした数十年は長すぎると思う。

そんな夜、コンビニに缶コーヒーを買いに行った時のこと、
ハッと店先で気づき、思わず腕時計の日付を確認しました。
本日のシフトを最後に就労を辞めると聞いていた青年が居たのです。

彼は大学へ通うため九州から来ていますが、地元に帰るとか。

「今日が最後?」
「はい、今日っす」
「最後の最後に雪とはね、ありゃあ路面も凍結してるよ」
「あははは、本当そうっすよ~」

彼と話すようになったのは、私の勘違いが発端です。
中学生時代の英語教師と同じ姓だったので尋ねたものの無関係で、
それから数ヵ月後、大学のために九州から来ていたと聞いています。

餞別も何もありませんが、彼にとっての短い"地元"として、
この土地は住み良いものだったでしょうか。

「じゃあ、どうか頑張って」
「はい、今までありがとうございます」

まずは帰り道で転ばないことを最初の祈りとしよう。
  1. 2017/01/14(土) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

寒いだけ

雪が降りそうな感じの夜ですが、全くそんなことはない様子。
遠くの山から吹きおろしが来ていて、冷たい風に雨が混じっています。

今日も色々と走り回っておりました。
現状は来週まで続く予定ですが、仕事は仕事で消化せねばならず、
続いて妹が体調を崩してしまったので対応に追われております。

冬は調子が狂いがち……私も油断できないな。
  1. 2017/01/13(金) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

通れます

方々へ走り回っていたので非常に疲れました。
ちょっと椅子に座って数分の居眠りだけで回復する人体は凄い。

実家への道中、狭い通路の入り口を塞ぐように宅食サービスの車が停まっており、
その通路を出ようとする自転車に乗った女性が、車体後部に差しかかりました。
「なんだこの車?」と腹立たしげに見つめるものの、運転手は反対側です。

私も通りたいので近づくと、運転席には若い男性が乗っていました。
軽くドアを叩いき手振りで「前へ」と示すと少々顔が険しくなったものの、
すぐに車を動かそうとしたので、私は再び後部へ移動。

すると、あろうことか先ほどの女性が隙間に自転車を突っ込んでいました。
無茶をすれば通れないことはありませんが、これは危険です。
運転手が一時的に後進させたら挟まれてしまう。

「車、どいてくれますよ」

私が声をかけると、女性は慌てて自転車を引っ込めます。
車は前進だけしてくれたので無事に通路が開通し、私は実家の玄関へ。
すると先ほどの運転手が現われ、近所にも宅配する予定ようでした。

「さっきは失礼しました!」
「え? あ、いえいえ」

狭すぎて通路として使われているとは思わなかったようです。
それにしても見た目より元気な青年だったので、こっちがびっくりしました。

区画整理のシワ寄せで残った通路って多いですよね。
  1. 2017/01/12(木) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

七片 藍

Author:七片 藍
フリーイラストレーター

当ブログについて
:本家[ether]
:mixi[499935]

カレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

絵:執筆情報 (67)
ソーシャルゲーム系 (28)
TCG系 (14)
書籍系 (18)
絵:個人作品 (14)
トップ等 (10)
聖域 (1)
悪魔 (1)
神威 (1)
ほか (1)
日常 (3598)
創作 (85)
DIY (145)
菜園 (612)
疑問 (3)
ゲーム (27)
スポーツ (2)
探しもの (6)
生物 (51)
未分類 (2)
修理 (8)

検索フォーム

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QR